こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

EPSについて

すこし前のことですがTVで
日本投資家と違い、米国投資家の多くは株式売買の際にEPSに着目すると紹介されていました。

なぜ米国投資家がEPSに重点をおくか、その理由を教えてください。
(TVでも説明があったとは思いますが、パッとしなかったのか忘れてしまいました)
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2014-08-28 00:44:09

QNo.8733117

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちわ。

EPSとは、Earning Per Share(一株利益)の事ですか?そう思ってお答えします。

会社が儲けた利益は株主のモノです。会社が10,000円稼いで、株式数が200枚だとすると、一株当たり50円(=10,000/200)の利益です。貴方がこの株を5枚持っていたら、250円(=50*5)が貴方のモノです。

EPSが増えている会社というのは、利益が増えている会社ですので、成長している会社です。衰退している会社の株より、成長している会社の株の方が、上がる可能生が高い。

ちなみにEPSが50円の会社の株価が500円だとすると、500円払って株を買うと、50円の一株利益が手に入ることになります。銀行に500円預けて、50円の利子が貰えるのと同じことです。銀行では50/500=10%と計算しますが、株の場合は500/50=10倍と計算します。株価÷一株利益=株価収益倍率(Price Earning Ratio)と言います。略してPER。

PERが高い株は危険ですので、相当の自信が無い限り手を出さない方が投資家人生が長く続きます。

投資家は、通常は企業の利益と株価の両方を見て、投資判断をします。ですので、EPSを見るのは「アメリカ人だから」ではなく、それが普通だからです。買い物をする時に値札を見るのと同じ感覚です。

テレビで「日本の投資家はEPSを気にしない」とか言ってたんですか?もし本当にEPSを気にしないなら、その人たちは一体何を基準に株を売買しているのでしょう。不思議を通り越して呆れますね。金融リテラシーが低すぎる国です。SP500なんて1970年~2013年の43年間に年10.40%上昇して、投資額が70倍(=1.104の43乗)になっているのに、「株は危ない」とか言いながら全財産を銀行預金で放置して、インフレにヤラれている人たち(しかもヤラれている事に気が付いてすらいない)ですので、「EPSを気にしない」とか本当っぽいです。

健闘を祈ります。

投稿日時 - 2014-08-28 01:48:53

お礼

回答ありがとうございます。

街頭インタビューで「株を購入する際に一番注目する指標は何ですか?」という質問で、
米国投資家は足並みそろえたかのようにEPSと答えていました。
しかし日本投資家は配当、優待の有無や過去データ、などとにかく回答がバラバラだったので
どうしてだろうと疑問をもったので質問しました。

もしかしたらTVの編集でそう感じたのかもしれません^^;

丁寧な説明をありがとうございました。

投稿日時 - 2014-08-29 13:28:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問