こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

建設業経理士検定問題(貸倒引当金・貸倒損失)

貸倒引当金が使えるのは前期に貸倒れが発生した場合で、
当期に発生した場合は貸倒損失で処理という風に学んだのですが、
過去問をやっていて不思議な問題を見つけてしまいました。

建設業経理士検定2級試験 第12回 第1問
(4) 前期末において滞留債権(完成工事未収入金)¥1,000,000に対し50%の引当金を
計上していた。この債権については、当期において¥100,000は回収し処理したが、
残りについては当期末に貸倒れが確定した。当期末の仕訳をしなさい。

こういう問題なんです。答えは

貸倒引当金  500,000   完成工事未収入金  900,000
貸倒損失    400,000

こういう風になってまして、私は前期に貸倒れが発生していないので
貸倒損失900,000  完成工事未収入金900,000
だと思っていたので、解答を見てびっくりしました。
貸倒れたのが当期なら全額貸倒損失だとテキスト(TAC出版のスッキリわかる
というシリーズで勉強させてもらっています)で覚えていたので、何故こうなったのか
わからないです。

長期滞留債権という言葉は初めて出てきたのでネットで検索してみました。

>売掛金が約束通り支払期日に返済されず、未入金のままで残っているものが、
>滞留債権と言われております。この滞留債権をほおっておき早期回収につとめていかないと、
>後で債権企業にとって大変こまる不良債権につながり、最悪の場合、相手企業が倒産して、
>回収不能、入金しても、ほんのわずか数%の配当しか受け取れなかったりすることになります。

こういう風に説明されていたものがありました。完全に支払い能力がないとか
回収できないということではなく、その期日に支払えないだけで貸倒れてはいない
状態ということですよね。
その滞留債権に貸倒引当金をつけて、貸倒れに備えたのが前期で、
その債権が当期に貸倒れたということですよね?

貸倒れたのが前期なら貸倒引当金を使い、足りない分は貸倒損失で処理し、
貸倒れたのが当期では全額貸倒損失とテキストに書いているので
なぜ当期に貸倒れたのにもかかわらず貸倒引当金を使えるのか全くわかりません。



お手数おかけしますが、どなたかわかりやすく説明して頂けないでしょうか。よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2014-09-02 14:44:27

QNo.8739624

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

基本的な前提の部分で誤解されているようです。

『貸倒引当金が使えるのは前期に貸倒れが発生した場合で、当期に発生した場合は貸倒損失で処理・・』

これは、前期に貸倒れが発生した場合ではなく、その完成工事未収入金の発生が前期(以前)の場合ということです。

つまり、その完成工事未収入金は前期の売上によって発生したものだから、その予想される毀損については貸倒引当金を設定して前期の売上に負担させるということです。
そして、当期に貸倒れが現実となった時はまず貸倒引当金を充当し、貸倒引当金が不足する場合は、その不足分については貸倒損失で処理することになります

一方、当期の売上による完成工事未収入金が当期に貸倒れとなった場合は、前期から繰り越された貸倒引当金との対応がないので、貸倒引当金ではなく貸倒損失で処理することになります。

なお、この貸倒損失、貸倒引当金の処理は建設業経理士検定に固有のものではなく、他の資格試験など会計処理全般に共通のものです。

投稿日時 - 2014-09-02 21:44:08

お礼

回答ありがとうございます。
おかげさまで理解することができました!
対応の説明がとてもわかりやすかったです。
不思議だった貸倒引当金の仕組みがわかって助かりました。

つまり、貸倒引当金を設定していない前期の
完成工事未収入金の場合は貸倒引当金が使えないって
ことですね!

ようやく理解できました。

前期
A←貸倒引当金を設定している(貸倒れが予想できた)
B←貸倒引当金を設定してない(貸倒れが予想できない)

当期
Aが貸倒れた場合→前期の貸倒引当金を使う
Bが貸倒れた場合→前期の貸倒引当金との対応がないので
            貸倒損失として扱う。

今まで前期か当期かで考えてましたが、前期に貸倒引当金を
設定していたものが対象だったんですね。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2014-09-03 13:00:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問