こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

葬儀・初七日法要の際の香典について

(1)実家の祖父の葬儀に参列しますがお香典はいくら位が相場なのでしょうか?
(2)それから葬儀・お骨拾いの後、初七日法要もやるようなのですが その場合の金封袋はどのような物でいくら位 用意したら良いですか?
(3)以前、他の親類の葬儀では 身内が何人か連名で お花や果物の盛りかごを用意した記憶があるのですが 今回の場合も私の兄弟一同として用意した方が良いのでしょうか?
その金額も わかればお願いします。

40代 関西在住です。

投稿日時 - 2004-05-29 00:57:03

QNo.873967

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(1) 親族との付き合いが濃厚であるか稀薄であるかによって異なると存じます。さらに自分の父母が健在であるかどうかも考え合わせることになります。自分の両親が健在で,実の祖父母の葬儀ということであれば,「家」を代表して参列する訳ではないでしょうから,香典は1万円程度が相場かと存じます。

(2) 少し前のしきたりですと,火葬場から遺骨が帰って来たら,「還骨法要」を致しましたが,近年は遠くから来られた親族のために,還骨法要と同時に繰り上げ初七日の法要をすることが多くなっています。
 葬儀と初七日は別の法要ですから,還骨法要を兼ねた繰り上げ初七日の法要がなされる場合は,葬式の香典とは別に「御霊前(浄土真宗系の宗派では御仏前」を供えます。
 繰り上げ初七日法要の歳,施主(喪主)は食事と粗供養を用意されるでしょうから,施主に負担を掛けないように食事代相当額(おおむね1万円)を弔事用金封に包みます。

(3) 兄弟一同でなさるか,孫一同でなさるかは親族協議の上で,決められれば良いかと存じます。
 私の祖母が亡くなった時,祖母が小金を残して逝ったものですから,孫一同の名の元に,祖母が残した財産で供花・お供え物の盛籠を致しました。
 
 あっ,私も関西在住の40歳代です。
 

投稿日時 - 2004-05-29 01:33:50

補足

実家の父母は健在で、父は今回、無くなった祖父の長男として喪主を勤めます。
私は、結婚するまでの20年間同居していました。
現在、結婚して他家に入っておりますが
祖父にはとてもお世話になっています。
私は20人近い孫の中で 一番年上なので
私のお香典を参考にする従兄弟たちも多いので
とても悩んでいました。

投稿日時 - 2004-05-29 07:16:09

お礼

長文にもかかわらず、とても分りやすく親切丁寧に回答いただきまして、とても参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-05-29 07:24:43

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

42人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

関連する親戚等一同の方と相談されるのが一番かと思われます

投稿日時 - 2004-05-29 11:18:57

ANo.2

昨年、関西地方に住む兄嫁と姉婿、2度葬儀に参列しました。
#1さんへの補足とお礼を拝見した上で、一言申し上げます。

(1) 喪主の長子、実の孫で最年長であることから考えて、葬儀後に精進あげの席と引き出物が用意されていると思います。
質問者さんお 1人の出席として、最低 2万円の出費は覚悟するべきでしょう。「香典 1万円+御見舞などの名目で 1万円」とか、「香典 1万円+供物か供花 1万円」といった感じです。
もし、配偶者の方もいっしょに、あるいは子どもさんもいっしょにということなら、その分上乗せして考えてください。

(2) 「還骨法要」や「初七日法要」は、喪主がまとめて僧侶に渡します。「永代経」などに較べるとわずかな金額ですから、参列者が個々に包むとしても、千円とか 2千円とかにしかなりません。そんな金額は要らないと喪主さんが言われるかも知れませんし、裸の現金で徴収されるかも知れません。
要は、喪主であるお父様のご指示に従ってください。

(3) 孫の中でも少し疎遠な人、あるいはまだ独身の人などは、「孫一同」として、供花や供物を出すこともあります。
しかし、前述のとおり、質問者さんのお立場を考えると、単独に出されるのがよいと思います。
昨年の大阪市内の例ですが、供花、供物ともに 10,500円からでした。

もう少しお節介を焼かせていただきますと、金額の多少もさることながら、弔問客としてでなく、喪主の補佐として、主催者の一員として臨まれることをお勧めします。

投稿日時 - 2004-05-29 08:26:05

あなたにオススメの質問