こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

職場の就業規則

職場の就業規則は会社が作成し周知させて効力がある。
では、会社が設立時に会社側に有利な内容で就業規則を作成し、それが労基法に違反しない内容であれば、休憩室に貼るなどして周知させれば効力があるのですか?

投稿日時 - 2014-09-05 00:27:10

QNo.8742749

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

一人も従業員がいない段階で,就業規則が有効かどうか議論しても意味がないのでは?

一人採用された時点で,いつでも見られる状態になっていれば,その人に対して,有効な就業規則とみていいと思いますよ。

投稿日時 - 2014-09-07 12:48:08

ANo.3

設立時の問いかけですよね。まだだれも採用されてない状態では、労働者のだれも行けない休憩室に掲示してあっても周知したことになりません。

そうなると最初に採用する労働契約を結ぶ場で、各員に交付(または提示)しないといけません。

あと、周知要件だけでなく、合理的な労働条件であることも要件なので、労基法に反しないだけではなく、合理性があるかも問われます。


労働契約法

第7条  労働者及び使用者が労働契約を締結する場合において、使用者が合理的な労働条件が定められている就業規則を労働者に周知させていた場合には、労働契約の内容は、その就業規則で定める労働条件によるものとする。ただし、労働契約において、労働者及び使用者が就業規則の内容と異なる労働条件を合意していた部分については、第十二条に該当する場合を除き、この限りでない。

投稿日時 - 2014-09-06 16:22:21

ANo.2

”休憩室に貼るなどして周知させれば効力があるのですか?”
     ↑
周知というのは、判例によれば、事業場の従業員の大多数が
就業規則の内容を現実に知っているか、知りうる状態にあれば足り
る、ということになっています。
就業規則は#1さんが指摘している通り、小冊子に
なっていますので、休憩室に貼る、てのはあまり考え
られませんが、まあそれをやれば、周知した、てこと
になり、効力を有することになるでしょう。

通常は下記のような方法で周知させることになります。

・印刷された書面を各作業場の見やすい場所に備え付ける
・社員一人ひとりに就業規則を配布する
・社員が自由に使えるパソコンにデータを入れておき、いつでも
  確認できるようにしておく


尚、効力ですが、労基法に違反すれば勿論効力はありませんが、
その他の法令に違反しても同じです。
公序良俗違反の規則も勿論効力を持ちません。

投稿日時 - 2014-09-05 05:06:43

ANo.1

就業規則は、常に、提示しておく必要がある。提示さえしておくだけで、必ずしも周知させなくても法的効力があるのだし、また、通常の就業規則は休憩室に貼ることが出来るほどの少ないページ数ではない。たいていは、「小冊子」となっていて、休憩室の隅の方にぶら下げられているというケースもないことは無い。

投稿日時 - 2014-09-05 04:10:43

あなたにオススメの質問