こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

《わたし》なる理論は 哲学プロパーではないか?

 次のような理論は 人生哲学であっても 哲学プロパーなる哲学ではない。という見方が 提出されました。

 果たして いかがお考えになりましょう? おしえてください。

         *

 《わたし》なる理論

 1. 《わたし》は 生まれながらにおのが身と心に《アートマン(霊我)もしくはブッダター(仏性)》ないしは《プネウマ(神の霊)》をやどす。《非知》としてのナゾなる神が 霊としてこの世界にあまねく満ちているという想定のもとに。

 2. そのわたしは 物心がついてから 初めてのウソをつきイツハリをおこなったとき ふとわれに還る。ウソをウソだと知ることは たましい(感性)がよこしまを嫌い あたま(理性)がそのマチガイをみづから認めることをとおしてである。しかも われに立ち還ったわれは 感性と理性とを含み包む境地としてのわれである。

 3. われに立ち還るというのは 自己還帰また自己到来と呼ばれるが 立ち還ったわれは 数として《一》なる存在だとすれば: 

  (α) わたしは わたしである。 1=1

 4. そして立ち還るときの姿としては:

  (β) わたしは《わたしがわたしである》わたしに立ち還る。 1x1=1

 5. 人はおのれのついたウソからわれに還り 他人(ひと)のイツハリにあざむかれたと知ってやはりわれに還るとき この(β)の言わば自己のさらに二乗を繰り返し 《わたし》を生きる:

  (γ) 《わたしがわたしである》わたしは わたしする。 
      1x1x1x・・・x1=1 すなわち 1^n=1

 6. ところで 上の(α)の姿は 人間の意志や思考を超えている。超えた部分をも持つ。存在そのものは 思考した結果得るというものではなく 同じく意志によって得たというものでもない。つまり人間なる存在にとって 生来の所与としての人間の条件である。

 6-1. この人間の条件を無条件に受け容れることが 自己の内なるアートマンもしくはブッダターないしルーアハ(神の霊)にめざめることである。

 6-2. そのときわたしは アートマンにつうじているブラフマン神もしくはダルマ・カーヤ(法身)のブッダないし普遍の神に向かうなら それについて きよらかなおそれをいだく。ここでわが心なる《非思考の庭》が成る。

 7.  非思考の庭 これが 《信仰》のことであるが ふつうはそれは (β)および(γ)における意志行為一般に道をゆづって 背後にしりぞいている。

 7-1. 意志行為が 生きることの基本であり 記憶行為や知解行為との連携において中軸を成す。

 7-2. 言いかえると 現実に生きる過程において芽を出し花を咲かせ実が成るという場合 中軸の意志のほかに じつは中核として あまり顔を出さないところの・(α)の《わたしはわたしである》その動態がはたらいている。

 8. あとは 実際問題としてこの世の中には シガラミがすでにあり よく言えばそれは伝統にかかわって飾りや誉れであったりしつつ よくもわるくも自己の心の・正負の充足にかかわる。これは 空(シューニャ)であるが 仮りのものごととして確かに現象している。

 9. 《さとる》とは――つまりすでに生まれつきブッダである者がそのブッダであることを成就するというのは―― シガラミやら栄光の関係やらそれらの縁起(因果関係)から 自由となることである。栄誉からも自由でなくては シューニャター(空性)は捉えられない。

 9-1. 生身のまま完全に自由となることは出来なくとも その視点としては 自由を実現することである。生きる過程の問題であってよい。

 10. 言いかえると この《自由の視点 ないしそれとしての人間の境地》は 人は社会的動物として関係性において生きているからには つねに他者とともにあって 《〈わたし〉たち》が互いにコミュニケーション過程をとおして 実現しようとするものである。

 10-1. ここに(α)の《わたし》にそなわるアートマンは 思考の緑野へと翻訳され 《慈悲――ともだちであること――》もしくは《愛――互いに隣人であること――》という言葉で説明される。

 11. ・・・・・・

投稿日時 - 2014-09-10 22:11:04

QNo.8749829

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

数学に関してあんたに言い分があるとすれば、それは十分読めてな。
定理が出来ないのならば真理は不在ではないか。
西洋は、先進的でありながら、、この点で降参を表している。
あんたはそうでないと言いたい心があるから数字を持ち出したのだろう。
この精神分析は、普遍的人知の恥部だ。
人の弱みだ。
現代はまだそんなだ。
あんたの論理から、遊び心のつもりで数学を排除すると、見違えるほどわかりやすい物になるだろう。
希望を持ちつつ楽しみたまえ。

投稿日時 - 2014-09-13 00:39:11

補足

 おぎない。

 数学や数字は 西欧の専売特許ではないよ。

 日本人にあっても 和算として じゅうぶん発達していたと言います。

投稿日時 - 2014-09-13 05:13:30

お礼

 つづきましてのご回答をありがとうございます。


 たぶん

 ☆☆(趣旨説明欄) ~~~~~~~~~~~
 4. そして立ち還るときの姿としては:

  (β) わたしは《わたしがわたしである》わたしに立ち還る。 1x1=1

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 この姿についての 数字による説明は あんがい大事なのではないだろうか?
 
 一に一を掛けるのであって 何かよさそうな絆創膏や薬を―― 一のほかに――あてがうものではないということ。


 ゆえに まだあなたの意見には同意できない。

投稿日時 - 2014-09-13 05:11:41

ANo.6

親切で言っておく。
論理から数学を排斥すると、あなたの意見は普遍性を持つだろう。
これは観念世界たる神の世の達人からの助言だよ。
それがあなたにとって眉唾でも別にいいんだがな。
大学などで教える、日本の哲学は、明治の貿易商の様な感じがいまだにするよ。
あんたは頑張ろうと思えば、そこに切り込めるぐらいに知識が成熟している。
これは私には持ち合わせていないあなたの特技だ。
私の弟子になるつもりはあなたには無いだろう。
その位の反逆者精神を見込んでいるよ。
だからこそ励みたまえ。
期待を込めているよ。

投稿日時 - 2014-09-13 00:21:08

補足

 あんたを BA にすると 出来レースになっちゃうと思うので BA は無し。

投稿日時 - 2014-09-20 11:10:43

お礼

 ご回答をありがとうございます。


 ううーん。やっぱりまだ 前回と同じように 賛否相い半ばするのではないかと思う。


 

 《わたしはわたしである》。――この命題は(つまり 自分の考えを述べた文章表現を 命題と言うことをも あらたに日本語として必要だと思うから 使っている) さらにバタ臭い表現で言いかえることも やはり必要だと考えられます。

 自同律(同一原理)・自己同一性(アイデンティティー)。あるいは 同語反復(トートロジー)。

 そして これを 《 A は A である》と言うだけではなく 《わたし》にかかわっているので――つまりは わたしがどこまで行っても 元の(自然本性としての)わたしであると言いたいわけなので―― 数字の一を用いる。

 ぎゃくに言えば カザリでもありうるシガラミを自分の内に取り込むことは 無いということが示される。

  1 ⇒ 1 + α 

 というふうには 《わたし》は拡大することは ほんとうには無い。地位や栄誉を得てクリスマスツリーのごとく膨らむことは ほんとうには無い。あったとしても錯覚である。さらに言えば

  1 ⇒ 1 x n = n

 といったふうに膨張することも無い。(*)このことは 《 A は A である》だけでは 表わしにくい。(表わすことは出来るが 効果がうすい)。


 と考えられます。



  * 膨張することはない。:あんたも ブッダは人間であると言っているではないか。つまり 神ではなく 神格化されることは無いと。 n がさらに無限大へと膨らむことは マチガイであると。

投稿日時 - 2014-09-13 05:06:19

ANo.5

論理の構成に助言しとくがね。
数学を差し込んだ点がアウトだ。
数学は神に到達しないと言う西洋の定義が、観念において(迷信と化し)あなたの心がけを柔らかく伝えるアマテラスの愛の代弁となっていない。
西洋かぶれが博識だったのは日本国内でも時代遅れだが、あんたはそんな古い学問を大切にしている。
イエスがあんたの信仰の教科書であったりする点はとやかく言う必要はない。
個人の問題だ。
西洋かぶれの汚名は君自身で挽回したまえ。
要素は多岐にわたるだろうが、むしろ西洋に愛を示しつつ穏便な批判をするのがあなただろうな。

投稿日時 - 2014-09-12 23:25:22

お礼

 ご回答をありがとうございます。



 ★ 要素は多岐にわたるだろうが、むしろ西洋に愛を示しつつ穏便な批判をするのがあなただろうな。
 ☆ ここは なかなか複雑な作業をぜんぶまとめて一気に言ってしまっているみたい。


 ううーんとですね。

 わたしの場合は 西洋・東洋という区別は ないですね。なくなりました。

 それはたぶん 途中から 考えるのは日本文として・日本語の世界においてだというふうに決めてやって来たからだと思う。

 つまり 外国のものごとや思想などなどもみな 日本語をつうじて基本的にとらえるといった作業をおこなって来た。

 これは どういうことかと言うと 外国の文章もそれらはみな 日本語に翻訳した訳者の考えとして捉えるという体裁になったということではないかと思う。

 ということは わたしの考えは それがやって来た元はと尋ねたときに 外国の思想も入っている。ということになる。


 さらに言い換えると この翻訳の日本文で これこれのくだりは どうも日本人であるわたしにとっては おかしい。そぐわない。と思ったときには それでもその日本文に対して 反応し批判をしたりもする。というかたちだと思う。


 その結果として この部分はヨーロッパ人から来ているとか ここは 日本人の発想であるとか そういったかたちが出来上がっているのではないだろうか。


 アウグスティヌスの考えを取り上げてさらに説明するならば それをわたしは――むろん外国の人間であると知っているのだけれど―― アウグスティヌスという日本人からすると変わった名前の人間の思想なのだと捉えるわけです。同じ地続きのどこかに住んでいる(いた)一人の人間であると。


 ですから もしそれも言うなら せいぜい《地球かぶれ》ではないかな。




 ★ 数学を差し込んだ点がアウトだ。
 ☆ 日本人も 数学好きはいるようです。これは 数学嫌いの人とで 二分されるのかも知れません。アウトとセーフとが半々かも知れないぢゃん。

投稿日時 - 2014-09-12 23:52:36

ANo.4

B様。


>「☆ 《想定》というのは 作業仮説のようなものです。

 仮説として立てて 理論を形成し そこから広く議論をして行きます。
 つまりこの議論の結果で 初めの想定が よかったかよくなかったかを判定します。よ。


 ということは 幅広い・むしろ理論の外からの批判を受けて そこでの対話でよいかわるいかを決めます。」

「~国」には、ならないようにね

投稿日時 - 2014-09-11 18:32:53

お礼

 ふざけるなかれ。




 それでも ご回答をありがとうございます。

投稿日時 - 2014-09-11 21:22:25

ANo.3

bragelonne様、こんにちは。


>「1. 《わたし》は 生まれながらにおのが身と心に《アートマン(霊我)もしくはブッダター(仏性)》ないしは《プネウマ(神の霊)》をやどす。《非知》としてのナゾなる神が 霊としてこの世界にあまねく満ちているという想定のもとに。」

この「想定」と言われるものが、多分、ネックかと。


>「9-1. 生身のまま完全に自由となることは出来なくとも その視点としては 自由を実現することである。生きる過程の問題であってよい。」

「1」すら、無ければ、ということであります。
(「6」も、かな)

投稿日時 - 2014-09-11 17:42:47

お礼

 こんばんは。ご回答をありがとうございます。



 ★ この「想定」と言われるものが、多分、ネックかと。
 ☆ 《想定》というのは 作業仮説のようなものです。

 仮説として立てて 理論を形成し そこから広く議論をして行きます。
 つまりこの議論の結果で 初めの想定が よかったかよくなかったかを判定します。よ。


 ということは 幅広い・むしろ理論の外からの批判を受けて そこでの対話でよいかわるいかを決めます。

投稿日時 - 2014-09-11 18:21:49

ANo.2

あんたに論議を吹っ掛けたクレーマーはたかが知れてるね。
それは見ていないのだが、人生の目標や意義を論じたのではなく、人生の経験を年寄り臭い言葉で述べたのを、すなわち年寄りの自慢話こそ人生論だと考えているのだろう。
一般的に人生論とはそうだと考えられている。
人生の過程で得たものが悟りだとかそんな論理の根柢があるのだろう。
むしろその点のなって無さを掘り返して君流に批判するのがよかろう。
繰り返すが、人生を語ると言うなら、論理的で十分哲学だよ。

投稿日時 - 2014-09-10 23:17:15

お礼

 いやいや あまりほめられても・・・。

 
 ご回答をありがとうございます。


 たぶん・おそらくその人の見方では 人生をどう生きるかという問いのひとつ前の段階で もし人生のことを扱うとしても その要素や要因など 部分を成す個々のものごとをしっかりと主題として立てそれらを――生きる指針を考える手前で―― 概念として整理する。といったことを 哲学だと捉えているのでしょう。

 そのような基礎事項を全体としても 整理しさらに秩序づけて世界観へと理論化し体系化する。といった作業だと考えられているのでしょう。

 かんたんに言うと 哲学は 具体的な答えを出してはいけない。といったような。



 まぁ そのあたりを課題としてかかげておいて もう少しいろんな意見を聞くことにしましょう。


 ありがとう。

投稿日時 - 2014-09-11 00:20:05

ANo.1

くわしく説明してあるね。
専門的言い回しが理解を阻んでいるが、日本人に判りやすい仏教文化から自己を確立する過程として、整った美しい論理だ。
作文として二重丸を付けてやろう。
回答だが。
あんたに間違いはない。

投稿日時 - 2014-09-10 22:55:08

お礼

 これはこれは。まづは ご回答をありがとうございます。


 そこまでほめられると どう言ってよいやら。

 それが これでは 単なる人生を生きるときの指針であって 哲学を成すとは言えない。哲学の伝統としての行き方から言えば 派生的なおまけの領域でしかない。のだとか。


 この問題提起をめぐって 判定していただきたい。という問いになっています。


 

 ★ 専門的言い回しが理解を阻んでいるが、
 ☆ まだ こなれていない。のですね。分かりました。さらに考えてまいります。

投稿日時 - 2014-09-10 23:07:27

あなたにオススメの質問