こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

東京電力社員の福島原発事故時の職場放棄について

朝日新聞社の木村伊量社長は、11日夜、記者会見し、東京電力福島第一原子力発電所の元所長のいわゆる「吉田調書」を巡る記事について、「間違った記事だ」として取り消したうえで、みずからの進退について、「経営トップとしての責任も逃れられない」として「抜本改革の道筋をつけたうえで速やかに決断したい」と述べました。・・・との報道です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140911/k10014539401000.html
しかし私は全く納得出来ません。
福島第一原子力発電所の事故の際東京電力社員は100%死ぬと分かっていても職場放棄すべきでは有りません。所長が逃げろと命令したなら所長は大馬鹿です。所長の命令無くして社員が逃げたら社員は大馬鹿です。東京電力の本店や政府が何もしてしてくれなかったという所長の証言に至っては反吐が出ます。(お前は原発のことを何も知らずにメンテしてたのか?)皆様はどう思われますか?

投稿日時 - 2014-09-12 22:35:09

QNo.8752229

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 今回の吉田調書にある「撤退」の経緯とは、
(1)吉田所長は、喫緊の作業に携わっている者以外、福島第一内の「安全」な場所に退避するよう指示した。
(2)これを聞いた所員は、それまで福島第二に退避する話が俎上に上っていたのでそのことだと誤解した。
(3)しかし、この所員たちの対応を聞いた吉田所長はその判断のほうが的確だと考えを改めた。
 ということです。

 吉田所長の指示に反して所員が勝手に「撤退」したと報じた朝日の記事、ことに見出しは予断をもって事実関係をゆがめたものですから、批判されるのは当然でしょう。しかし、これ、そんなに大さわぎするほど違ってますかね。誤報は誤報なのですから訂正も批判も当然ですが、少なくとも実際に原発事故を起こした連中よりはるかに罪は軽いでしょう。

 それはさておき、今回報道されている吉田調書、わたしにはよほど問題だろうと思う部分が含まれていました。
 吉田所長が当事者として必死に事故対応にあたったことは疑いませんし、所員の努力が真剣なものだったことも疑いません。しかし、
・非常用復水器に対する知識が十分でなく操作を誤るなど、原発の操業にたずさわる者としての能力に大きな疑問がもたれる。これは吉田所長と当時の所員のみならず、原子力安全委員会、保安院、経済産業省、東京電力など、原発にかかわる者すべてに共通することです。
・すみやかにベント弁の開放ができないなど、事前の事故対応の備えがまるで現実的ではなかった。ベント弁とは危急存亡の瀬戸際で実施するものであるにもかかわらず、いざ必要なときに右往左往するなど、本気で事故対応を考えて備えていたのか疑問です。
・官邸・東電本社に現状の報告が適宜なされず、官邸・東電本社は状況がなかなか把握できなかった。一個人の問題ではなく、そのような仕組みがなかったことが大問題です。
・事故前に吉田氏を責任者として下された、新たな津波対策の拒否(あるいは懈怠)という判断について、あくまでも「想定外」のことと正当化している。現実に起きたことを思えば、彼らの想定が現実離れしていたことは明白です。

 どれも個人としては理解できますし、先に書いたとおり本人は真摯にできる限りのことをしたとも思っています。しかし、これらの問題点から改めて浮かび上がるのは、吉田氏をふくめてわが国の原発行政にたずさわる人たちは残らず原発をあつかう資格、もしくはその能力のない人たちだった、ということです。
 朝日の誤報などより、よほど深刻です。そして、吉田氏は亡くなりましたが、このたわけた原発行政を主導してきた人たちが口先だけの「反省」をいいわけに、再び原発を稼働させようとしていることに危機感を覚えます。鬼の首を取ったように朝日を批判する与党政治家たちは自分の行ないを省みるだけの誠実さがないのでしょうか。
 まことにこの点について、わたしも「反吐が出ます」。

投稿日時 - 2014-09-13 03:12:39

お礼

回答有難うございます。

投稿日時 - 2014-09-25 06:52:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

>皆様はどう思われますか?

他の回答者と同じく、もう少し落ち着いて新聞を読んだりニュースを見たりしてください、と思います。

投稿日時 - 2014-09-13 10:20:22

お礼

回答有難うございます。

投稿日時 - 2014-09-25 06:51:17

ANo.7

所長が逃げろと命じた→これは誤報だったと朝日は認めました

所長の命令なしに社員は逃げてませんが…

デング熱で頭おかしくなったかな?

投稿日時 - 2014-09-13 06:56:59

お礼

回答有難うございます。

投稿日時 - 2014-09-25 06:51:41

ANo.5

>皆様はどう思われますか?
質問文をよめばあなたが大○○であることは明々白々確実です。
当時の首相でも直ちに理解できるでしょう。

投稿日時 - 2014-09-13 02:39:29

お礼

回答有難うございます。

投稿日時 - 2014-09-25 06:52:24

ANo.4

>皆様はどう思われますか?

皆様は、あなたの頭がおかしいと思われておいでです

投稿日時 - 2014-09-13 01:08:21

お礼

回答有難うございます。

投稿日時 - 2014-09-25 06:52:44

 朝日新聞以下だな、なんで新聞読まないのか?


職場放棄したか?

投稿日時 - 2014-09-13 00:23:26

お礼

回答有難うございます。

投稿日時 - 2014-09-25 06:53:03

ANo.2

あなたがおっしゃっていることは朝日の誤報と同じですね。いやそれより悪い。もう少しちゃんと吉田調書をお読み下さい。そんなこと一つも言っていないでしょう。

投稿日時 - 2014-09-12 23:40:08

お礼

回答有難うございます。

投稿日時 - 2014-09-25 06:53:24

ANo.1

>>皆様はどう思われますか?

質問者さんは、今回の朝日の問題となった点とは別の観点を気にされているようですね。

今回の問題は、「朝日新聞の誤報と、それをきちんと認めようとしないこと。さらに従軍慰安婦の「誤報」というよりも捏造記事と、それが問題にされても訂正しなかったこと。また、訂正したとみえて、実際には、そうじゃあない発表をしていること」が「マスコミとしてどうなの?」と問題視されているんです。

政府、東電や吉田所長や社員たちの言動がどうだったか?ではなく、朝日の報道が問題になっているわけです。

質問者さんが、吉田氏の言動に対して、よく理解せずに反吐が出ると思うのは勝手ですが、それは朝日の「吉田調書報道」とは関係ない話だと思います。

なお、私は、東電の吉田氏や東電の社員の方たちに対しては、「良くやった、勇気ある行動だった。彼らは英雄である。」と思います。

投稿日時 - 2014-09-12 23:38:02

お礼

回答有難うございます。

投稿日時 - 2014-09-25 06:53:48

あなたにオススメの質問