こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自己破産・時効・個人情報の開示について(長文です)

私の父なのですが、10年位前に借りた借金が、返済できずに800万ほど残っています。自営業をしていてその運転資金だったのですが、今は仕事もなく全く返済できていません。歳は61歳です。土地も家もなくアパート住まいです。主だった資産は何もありません。最近は返済の請求もきていないようです。保証人がついてる債権は一件だけで残り170万くらいです。これについては私の主人の実家が近所で義実家に迷惑をかけているので私が少しずつ返す予定です。ほかの債権は信用協会が保証しているようです。税金関係も滞納があります。
そこで質問なのですが、自己破産をしようと思い先日弁護士に相談に行ったところ、主だった資産もないし取立てもきていないのなら今すぐ自己破産はしなくても良いと言われました。又、自己破産しても税金の滞納は消えないので自己破産することさえあまり有効ではないと言われました。この考えは良いのでしょうか? また、自己破産する為の資料に債権者一覧表というのが必要だと思うのですが、いつ借りたのか、あといくら残っているのか解らないと言うので個人情報の開示によって調べようと思っています。このときもし時効が成立する寸前とかの場合個人情報の開示をしたことによって債権者にそのことが知れて再びとりたてがくるのでしょうか?あと時効は金融機関の場合5年と聞きましたが内容証明郵便が来ていたらその時点から5年ですよね?この内容証明郵便も失くしてしまいいつ来たのか解らない場合調べる方法はあるのでしょうか?自己破産しないのなら個人情報の開示をしても無意味でしょうか?
解りにくい文章で申し訳ありませんが解答お願いします。

投稿日時 - 2004-06-02 20:42:28

QNo.878929

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

まず自己破産しても税金は免責されません。或る意味サラ金より厳しいです。

>今すぐ自己破産はしなくても良いと言われました。
でも結局しなくてはいけないのでは?

個人情報の開示から債権者に知れることはないです。また時効成立に関しても弁護士によく聞いた方がいいですね。
ここで質問するよりネット上で調べて弁護士サイトに質問してみたほうが確実です。30分5000円の相談の前に無料で答えてくれるところは有難いですね。

ベル法律事務所
http://www.bell-law.jp/i/seiri17.html
いちご綜合法律事務所
http://www.ichigo-law.com/top.html

投稿日時 - 2004-06-02 20:55:58

お礼

早速のご回答ありがとうございました。自己破産に関しては取り立てて資産がないのだし、今のところ取立ても来ていないのだから今更この歳で自己破産しても・・・というのが父の考えのようです。個人情報の開示についても自己破産しないのなら今すぐにしなければならないことはないのですが、やはり時効の事等も含めいずれはしたいと思っています。本当のところ個人情報の開示を債権者にしられてしまうことはあるのでしょうか?  私なりにもう少ししらべてみたいとおもいます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-06-03 14:46:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

自己破産については、mominokiさんの判断にお任せするとして、時効について申し上げます。金融機関の場合、「争いがなければ」5年が時効というのは正しいです。ただし、内容証明が届いてから5年は違うと思います。時効の中断は内容証明をだしただけでは成立しないはずです。その後、支払命令などの債務名義をとって、はじめて時効が中断するのだと思います。(争いがあることになりますね)
法律の専門家の方がごらんになっていたら、補足をお願いします。また、時効は自然に成立するのではありません。時効の援用といって、債務者から「なにも争いがなく5年過ぎたから時効ですよ~」と申し立ててはじめて成立します。この間に、たとえ千円でも支払っていたら、そこから5年間になるのは言うまでもありません。ご参考まで。

投稿日時 - 2004-06-03 23:58:58

お礼

ご回答いただきありがとうございます。時効について私なりにいろいろ調べてはみたのですが・・・どうも内容証明で何か送られてきていたのは確からしいのですがその郵便を無くしてしまったこと、またいつどのような内容のものがどこから送られてきたのかが解らなくなってしまったようです。なので時効になっているのかさえも良く解らないじょうたいなのです。明らかに時効になっていそうなのは売り掛けで買った商品の代金くらいです。(これは2年経過で時効ですよね?)  もう少し時間をかけて検討していきます。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2004-06-04 12:21:50

ANo.2

弁護士が しなくて良いと言うのなら それで いいのでは、ないでしょうか?
個人情報の開示を したら 必ず 取立ては 来ます。
住所変更を しただけで すぐに 来ましたよ。

今いる住所に もう 住んでいないと 思われているから 取立てが ないだけです。
いろいろ 動けば 取立てが 始まりますよ。

自己破産を なぜ するのですか?
自己破産は これからの人生を もう一度 チャンスを 与えるためです。(金銭的に)
お父様が 自己破産を されてから 7年は ローンを 組めません。
68歳にして やっと 事故情報が 消えます。
70歳近い人には、多分誰も お金を 貸さないと 思います。(借りる気は ないでしょうが・・・)

それ以外は 自己破産を しようがしまいが 同じことです。
それなら 今までどおりで よろしいのでは ないでしょうか? 

投稿日時 - 2004-06-02 21:05:50

お礼

早速のご回答ありがとうございます。父がアパート暮らしになったのは昨年末からなのです。それまでは持ち家(築年数が100年位昔のものなので価値はなかったようです)に住んでいましたが、地代滞納につき地主に明け渡しを要求され立ち退いた次第です。持ち家に住んでいた間も取り立ては来ていませんでした。 
やはり取り立てて財産もないのだから今更自己破産しても・・・と言うのが父の考えのようです。自己破産についてはもう少し考えて見ます。個人情報の開示に関してももう少し考えて見ます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-06-03 14:38:26

あなたにオススメの質問