こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

建築材料

鋼材で「コールテン鋼」とはどのような物質で出来ているのでしょうか。またどのような使用方法があるのでしょうか?

投稿日時 - 2004-06-03 00:16:07

QNo.879213

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

普通、鉄は酸化して錆びてしまい耐候性に劣ります。
これを防ぐために塗料などの皮膜を作ることが多いのですが、コールテン鋼材は、自身から発生する錆び自体が皮膜となります。
コールテン鋼は、腐食量が普通鋼より小さい性質のため、塗装しなくてもある程度の錆び層を形成してからは酸化が進行しなくなる、というものです。
表面処理を施して、さらに普通鋼材よりも何倍も耐候性を増す方法もあります。
屋外彫刻や線路のレールにも使われています。

当然、概観は赤さび色になりますが、その廃墟チックな風合いを生かした建築で有名なのが手塚さんの森の学校キョロロです。
http://www1.linkclub.or.jp/~ida-10/niigata4.html

珍しいのはコールテン鋼の超高層ビル。
http://homepage2.nifty.com/y-structure/sub-photo45.html

ここを見たら材料の性質や成分値がよくわかります。
http://www.yawata.nsc.co.jp/product/seihin/cor_ten/default.htm

ところで、「コールテン鋼」で検索してもあまりヒットしません。
コールテン鋼が「COR-TEN」であることにたどり着ければ、GOOGLEで解決します。

参考URL:http://www.yawata.nsc.co.jp/product/seihin/cor_ten/default.htm

投稿日時 - 2004-06-03 09:55:32

お礼

たいへん参考になりました。
「コールテン鋼」で検索してもヒットしないので困っていました。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2004-06-03 18:24:56

あなたにオススメの質問