こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

化学:酸化と還元について

化学の問題が解けなくて困っています。

(1)(1)H2SのSの酸化数(2)PO43-のPの酸化数
(2)次の各反応の酸化剤、還元剤のそれぞれの化学式
(1)SO2+H2O2→H2SO4
(2)MnO2+4HCl→MnOCl2+Cl2+2H2O
(3)適する語句または数値を入れよ。(orはどちらかを選択します。)
Zn+H2SO4→ZnSO4+H2の反応で、Znの酸化数は((1))から((2))に((3)増加or減少)している。
つまり、Znは((4)酸化or還元)され、他の物質を((5)酸化or還元)していたので、Znは((6)酸化剤or還元剤)として働いている。
H2SO4の中のHの酸化数は((7))から((8))に((9)増加or減少)しているので、H2SO4は((10)酸化or還元)され、((11)酸化剤or還元剤)として働いている。

化学式の数字が小文字に出来ず、大変見づらくて申し訳ありません。
どうぞ宜しくお願いします。

投稿日時 - 2014-10-31 16:11:00

QNo.8809004

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

以下の基本的なところが押さえられていないと思います。
1)いくつかの元素のとりうる酸化数を覚える。
これは必須です。
今回の問題の場合、水素、酸素が単体および化合物中でとりうる酸化数を覚えていれば、回答可能です。
化学が暗記に思えてくるのは高校化学の良くないところですが、そうは言っても最低限の知識は覚えざるを得ません。
2)反応式の矢印の前後で、酸化数が上がったor下がったということは何を意味するのか?
3)(1)、(2)、(3)の反応で、酸化と還元に対応する半反応式を書くことができるか?
4)”酸化剤”と”還元剤”という言葉の意味。
前者は反応相手を酸化するもの、すなわち自分は還元されます。還元剤はその逆。

なお、(10),(11)についてですが、反応の前後で”H2SO4"分子の中で酸化数が変化したものがいるので、この分子は酸化剤or還元剤として作用していると言えます。

投稿日時 - 2014-11-01 00:49:23

ANo.2

なかなか厳しいお答です、#1の回答者様は「プロ」なのでどうしても厳しくなるのでしょうが、私には厳しすぎる気がする、そもそもご質問者は「高校生なのか?」

(1)の(2)はP-O単結合なのだろうか、するとP=Oが生じPの酸化数は5になるが、それを許すのか、同じ事だがO←PあるいはO^--P^+を採るのか?
(3)
の話しは、何が何だか分けが分らない、亜鉛も水素も良いだろう、だが硫酸と硫酸イオンの硫黄の酸化数が変化していると云うのは明らかに「詭弁だ」

投稿日時 - 2014-10-31 20:26:03

補足

私は高校生です。

投稿日時 - 2014-11-10 22:58:52

ANo.1

価数は^()を使えばよい。ここはUTF-8なのでそれを使っても良い。入力はIMEの文字一覧で、マイ辞書に登録しておけば良いです。「さんじょう」→「³」

(1)
 (1)H₂SのSの酸化数
 (2)PO₄³⁻のPの酸化数
(2)次の各反応の酸化剤、還元剤のそれぞれの化学式
 (1)SO₂ + H₂O₂ → H₂SO₄
 (2)MnO₂ + 4HCl → MnOCl₂ + Cl₂ + 2H₂O
(3)適する語句または数値を入れよ。(orはどちらかを選択します。)
 Zn + H₂SO₄ → ZnSO₄ + H₂
  の反応で、Znの酸化数は( )から( )に(増加|減少)している。
  つまり、Znは(酸化|還元)され、他の物質を(酸化|還元)していたので、
  Znは(酸化剤|還元剤)として働いている。
 H₂SO₄の中のHの酸化数は( )から( )に( )(増加|減少)しているので、
 H₂SO₄は(酸化|還元)され、(酸化剤|還元剤)として働いている。

 いずれも、酸化還元反応の基礎ですので、回答を貰うより、どう考えるかを教えてもらったほうが良いでしょう。
★酸化とは、
 1) 酸素と結びつくこと
 2) 水素を失うこと
 3) 電子を失うこと
  と拡張されてきた。

(1) 酸化数の求め方は
  ⇒酸化数 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E6%95%B0#.E7.AE.97.E5.87.BA )

(2) 酸化と還元は常に平行して起きること
  相手を酸化させる時は酸化剤であり、自身は還元される
  相手を還元するときは還元剤であり、自身は酸化される。

(3)(1)と同様、酸化数を求めて(2)をつかって空白を生める。

 この段階は、絶対に答えを貰ったのではダメです。まず自身で解いてみる。分からなければ、教科書のその部分を読み返してみる。酸化還元の意味を知れば小学校低学年でも解ける問題。

(例)
 Hの皿はあと1個コインを与えることができる。Oの皿は2個のコインを奪う。
 そしてこれらは優先される。
 Hの皿が二枚、Sの皿が一枚のときSの皿には何個コインが余分に乗っているか?
 Pの皿が1個、Oの皿が4個で、トータルして3個コインが追加されているとき、Pの皿のコインの数の過不足は?

 
 

投稿日時 - 2014-10-31 17:44:07

あなたにオススメの質問