こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

宗教について

脱会するなら、お前とは縁を切るからな、と言われました。

どんな宗教を信仰すれば、身内が身内にこんなことを言うようになるのでしょうか

両親から、信仰すれば良いことが絶対にあるからと言われ、どういう理屈で? と訊くと、口ごもります

幼い頃から祈りを強制されてきました。

その時間も、無意味で理不尽な拘束としか思えませんでした。

両親や親戚のことは嫌いではありません。

ですが、熱心に祈っているみんなを見ていると、宗教の怖さという言葉や、ニュースで取り上げられる過激な宗教家たちのことが頭をよぎります。

幼い頃から、違和感を抱いてはいましたが、最近、なんだか怖いんです。

ネットの全てをうのみにはしませんが、火のないところに煙も立たないとはおもうんです。

もちろん、ニュースで取り上げられる過激派たちのように、ネットにあげられる事例も、何千万や、十何億人いる信徒のごく一部なのだと言うことはわかっています

芸能人の誰それも、私達と同じ宗教を信仰しているんだよ、と言われても、それが? としか思えません

私の周りにいる、誰も、両親や親戚の進行している宗教を良いものだとは言っても、具体的に何がどういいのかを、説明してくれず、ただ、一心不乱に、良いことが起こるから、絶対ためになるから、としか言わないんです

両親とも、それほど熱心ではないし、私自身、数年前に行われた親族の葬式以来、祈りの言葉を唱えてもいません

祈りの最中における、瞑想のような状態が心に与える効果なら理解出来ますが、彼らのあの、熱心な、猛進ともいえる形容が、どうにも怖くて仕方なく、正直、それほど愛着もないので、抜けようかと思い、脱会しようかな、と会話の間に挟んでいってみました。

すると、顔を真っ赤にして、脱会したら、お前とは縁を切るからな、私達を裏切るのかと言われました。

両親は、二人とも優しくて温厚な人ですし、私を養ってくれ、愛してもくれました。

そんな親から、そんなことを言われ、とても、ショックで、悲しくなりました。

愛情ではなく、家族の一員だからという意識からでもなく、私は家族ではなく、その宗教の一員だったのか、一員として、育てられたのか、などと思い、とても悲しくなりました

両親にそんなことを言わせる宗教が、憎くもなりました

両親には秘密で、その宗教を抜けようかとも思い、手続きなどを調べてもみました。

脱会の際に、なにかされたりするんじゃないか、家族が酷い目にあわされるんじゃないか、どこかから両親に情報が漏れて、一方的に縁を切られるんじゃないか、などと、不安が頭の中を埋め尽くしています

その宗教を熱心に進行している人たちには、大変申し訳ないのですが、幼い頃から、両親に強制されたり、根拠のない論説で頭を混乱させられたりなどと、その宗教には、本当に、良い思い出がないのです

私はまだ、幼いですし、狭い視野でしか物事を判断できません

しばらくはこのことが頭から離れないでしょうし、もしかしたら、今の気持ちが変わることもあるかもしれません



学会の方々には本当に申し訳ないと思います
ですが、回答を得るためにも、名前を出させていただきます

創価学会です

脱会した人たち、その後に家族の皆様との関係がどうなったか、など、教えていただけると幸いです

それ以外のことに対してはお訊ねしません

宗教を否定する人の言葉も、肯定する人の言葉も、怖くて、聞きたくないんです

色々と読みにくい場所や、首を傾げてしまう場所もありましたでしょうが、回答お待ちしております

投稿日時 - 2014-11-01 21:57:55

QNo.8810501

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

人生経験が短い高校生がご回答をしてしまい、おこがましいと思われますがお許し下さい。

わたしはキリスト教を信仰しています。
わたし自身からではなく、母方の祖父母からの信仰だったようなので、わたしは自然に生まれた時からキリスト教を信仰しなさい、といわれていました。
ですが、強制ではなく、神様(イエス・キリスト)を信じられる様になったら信じればいいよ、それまでは神様のお話を聞いてみないかな、という感じでした。

わたしはなかなか信じることが出来ませんでしたが、とあることがきっかけで中学2年生の時に信じようと自ら思いました。

そのきっかけの時に出会った女の子は、家が無宗教でおまけに家にいて家族といたくない、という理由でキリスト教を信仰していたそうです。(教会へは彼女一人でいっているそうです。)

どんな宗教(悪いものは除きますが。)でも、本人が信じていればそれでいいと思います。
ですが、それを信じられなかったり、不安、不満に思うようなら素直に信じなくていいと思います。

質問者様には厳しいかもしれませんが、自分を犠牲にして家族との縁を守るか、自分を守って家族との縁を犠牲にするか。
きっと今の質問者様はこのような状況にいるのだと思います。

わたしは質問者様に自分を大切にしてほしいです。
気付いた時にはもう後戻り出来なった、なんてことは宗教事ならよくあることです。
最悪の場合は自分が泥沼に沈んでいることにさえ気付かないまま沈んで行った、なんてことになるかもしれません。
この様な最悪のケースは自分では分からなくなっており、他人でないと分からないことがほとんどです。
もしも、本当に嫌ならば嫌だ、とはっきりいわないと後々大変なことに巻き込まれることもあるかもしれません。


その宗教を自分がどう思ったか、それを本当に信仰して行くのか、その宗教に一生を捧げられるのか。

これらをまずは考えて見てはどうでしょうか?


長々と長文、また勝手な見解を失礼致しました。
質問者様にとってよい方向に進みますことを祈っております。

投稿日時 - 2014-11-01 23:53:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

ご存知ですか?

歴史的に見て、世界で起こってきた戦争は全て宗教戦争だということを。

人の心とは脆く怖いものです。

投稿日時 - 2014-11-03 11:50:25

日蓮正宗、創価学会、顕正会は、いつもお互いに捏造合戦してるからなあ・・・。
つまらない物騒なことばっかりして・・・。
もっと他にやるべきことがあるだろうに。

実際に親子の縁を切った人たちの回答を読んでみたいな・・・。

投稿日時 - 2014-11-03 08:01:39

ANo.6

未活動の学会二世です。

子供の頃から、学会に接してきて…

【宗教洗脳ほど、恐ろしいものはない。この世から、洗脳の二文字を無くしたい。】

という結論に達しました。


簡単に言うなら…

創価学会は、「人殺しをしないオウム真理教」です。

【自分たちだけが正しい】と、心弱き人々を洗脳し、反逆者や反対者に対して、悪口雑言の限りをつくす【心の戦争】をしている危険思想集団です。

悲しいことですが…、

宗教洗脳者は、他人の意見を聞く耳を持ちません。

教祖を崇拝し、彼の言うことだけが正しいと刷り込まれた頭脳は…

もはや、人間らしさを失っていると言わざるをえません。


幸いなことに、私のまわり(家族)には、完璧に洗脳されし者がおりませんでしたので、よかったですが…


完璧に洗脳された親なら、縁切りくらいしますよ。

あと、脱会は簡単なので…
自分の信じる道を行かれることをオススメします。

もし、悪いことが起きても、【絶対に脱会したバチではありません】ので、脱会されたら学会のことは一切お忘れください。

【やめたら、悪いことが起きる】とか【祈れば叶う】というのは、古典的洗脳手法ですからね。


どうか、ご自分を信じて、まわりにまどわされずに、真っすぐにお歩きください。

私も、同居している妻の母親(中途半端に洗脳されてます)が亡くなったら、夫婦で脱会いたします。

投稿日時 - 2014-11-02 19:01:34

ANo.5

だったら、カルト宗教の本を読んでどういうのがカルトでどのような手管を使うのかよく研究し、
自分は絶対にそうならないと確たる自信をつけた上で
その宗教の行事には最低限度顔を出し、形だけやっていればいいです。

投稿日時 - 2014-11-02 00:44:53

ANo.4

創価学会を脱会しようがしまいが何も変わりません

何故なら そんな力が創価学会には無いから・・世の中も変わらないし 個人にも 損得がある訳でも無い

それだけの事

投稿日時 - 2014-11-02 00:33:41

まず 家族が非常に信仰してるなら ホントに縁を切る覚悟が必要だと思います。
そして 年齢はわからないんですが 学生とのことなんで とりあえず 社会人になるまでは 信仰してなくても良いんで入っていてはいかがでしょうか?
ただ名前があるだけの状態です。幽霊部員と一緒です。

投稿日時 - 2014-11-01 22:41:47

ANo.1

脱会などの直接言葉を言わずに、少し、御両親の宗教との距離をおけばいいだけです。どんな宗教でもかたくなに信じている人に真正面から質問しても、回答などありえないことです。

世の中いきていくのに、たとえ他の宗教に乗り換えても、今の宗教の脱会手続きをする必要もなし、ましてや、選挙で宗教団体が推薦する候補者に投票する必要もなしです。

家の中がお祈りでかなりうるさくとも、24時間ではないので、我慢すればいいだけです。歴史でも、宗教上の意見対立で親が我が子を殺したなど、数え切れないくらいあります。

創価学会、エホバの証人、イスラム教、モルモン教、オルトドクソなどは狂信的信者が多いですの、賛同できなければ、宗教の話しになれば、距離を置くだけです。

人間など一人で生きていけない動物なので、いかに他人に迷惑をかけないようにと心がけ。神様はどこにいても私たちを、温かく見守っています。もし、何かの誤りをしたと気づいたときに、その場で神様に許しを乞い、同じ過ちをしないように心がけることです。お祈りは、自分のためでなく、他人のためにするものです。

宗教について、親から聞かれれば、のらりくらいの返答だけで、自分からは口出さないように。長い間の時間が解決してくれます。

投稿日時 - 2014-11-01 22:35:18

あなたにオススメの質問