こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

脅迫罪、強要罪における「畏怖」とは?

脅迫罪、強要罪における「畏怖」という概念が今一分かりません。
脅迫罪、強要罪において「畏怖する」というのはどのような心情あるいは意味になるんでしょうか?

投稿日時 - 2014-11-13 21:55:35

QNo.8824143

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

脅迫罪の保護法益は、単なる意思の平穏ではなく
意思の自由です。
この点から畏怖も解釈されます。


社会通念上、一般人なら畏怖するだろうという
のが畏怖です。

被害者が剛胆で全く畏怖しなくても、一般人なら
畏怖するようなことをやれば、やはり畏怖になり
犯罪となります。

逆に、被害者が小心者で、一般人なら畏怖しない
のに畏怖してしまった場合には犯罪になりません。

一般人なら畏怖するかどうかは、四囲の状況から
社会常識的に判断されます。


学説判例で脅迫罪における畏怖行為とされて
いるものは次のようなものです。

吉凶禍福を告げた場合はどうか。
保護法益が意思の平穏だとすれば、脅迫に
なりますが、意思の自由とする現代では
問題があります。

そんなことをしていると、大地震が来るぞ
というのは脅迫にはなりません。
俺に逆らうと、大地震が来るぞ、というのは
脅迫になるとする説とならないという説に
分かれます。

しかし、俺に逆らうと暴力団の○組がくるぞ
というのは、脅迫になります。
微妙ですが、そんなことをしていると
暴力団○組がくるぞ、というのは脅迫に
なりません。
つまり、脅迫者との関連を表示して初めて
脅迫罪になるということです。

火事でも無いのに、対立候補に火事見舞いを出す
のは脅迫になる、というのが判例です。

旧い判例ですが、提訴の意思が無いのに、提訴するぞ
と告げるのは脅迫になるとしたものがあります。
学者の多くは反対です。

村八分は脅迫になります。

投稿日時 - 2014-11-14 06:20:19

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

14人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

やられた方が「怖いと思うこと」をする事です。

投稿日時 - 2014-11-13 22:59:02

あなたにオススメの質問