こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳お願いします

You have already heard how from time to time he himself stupid each operation in the making of his lamp,and how thoroughly he worked out the process of carbonization.First he formed his filament from the raw material and then he carbonized them.Those that worked on the problem before Edison,took carbon already made from which to shape their light-giving elements.Some had their carbons made by Carre of Paris,an electric arc light carbon manufacturer;and these were in the shape of rods.
Thus we see distinctive methods of operation,with Edison following a different course from all the others in procuring and making his carbon filament.
When at last he had concluded his investigations into carbon-making and began to make lamps in quantities,he assigned Lawson,Van Cleve and others to the job, instructing them in all the details.From that time forth it was more of a routine process than an experimental one.Likewise the newcomers whom the new-found light and dynamo lured to Menlo Park,Clarke,Howell,Hammer,Acheson,Holzer and others,were assigned places in this new activity.And each of the so-colled 'departments'was given its own routine.

投稿日時 - 2014-11-15 01:38:33

QNo.8825462

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ランプを作る中で、彼自身が個別の工程でいかに間違いを犯したか、また、いかにとことん、炭素方法に取り組んだかについてはすでに皆さん耳にしている。まず彼は原料からフィラメントをつくり、それから炭素化した。エジソン以前にこの問題に取り組んだ人達は、光をもたらす要素(※1)を仕上げる為のものから作られた炭素を使った。何人かはパリのアーク灯炭素メーカー、カレによって作られた炭素を用い、これらは棒状のものだった。
よってエジソンの炭素フィラメントの調達および作成における他のすべての事から違う道筋をたどることによって、彼とともに独特の作業方法がわかる。
ついに炭素作成の追及を終え、大量にランプを作り始めた時、彼は詳細をすべて教えながらその仕事をローソン、ヴァン・クレーブ他に割り振った。その時以降ランプ作成は、実験的な事よりもより、日常的な行為であった。同様に、新発見の灯りとメンロパーク(※2)に魅了された、クラーク、ハウエル、ハンマー、アチソン、ホルザーその他、新しく加わった者達が、この新規活動の場に割り降られた。そして「部門」と呼ばれたもののひとつひとつに、独自の工程が与えられた。

※1:light giving elements
要素とは、「伝導体」ではないかと考えます。
※2:Menlo Park
メンロパーク・エジソン研究所のことです。

投稿日時 - 2014-11-16 13:04:33

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2014-11-19 01:29:07

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)