こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

黒人の科学者が少ない理由

学会で黒人を見かけたことがほとんどないのですが
黒人の科学者が少ない理由を教えてください。


http://q.hatena.ne.jp/1152982756


このページに回答がありますが
・いまだ黒人差別が残っており、大学入学率が低い
・黒人は白人・黄色人種と比べて筋肉が多い


などの回答があります。


一つ目の回答に対する疑問ですが、
アメリカでの黒人差別があったとしても
試験にさえ受かれば人種に関係なく入学できるのではないでしょうか?
黒人の家庭の所得が低いために、入学させられないということでしょうか?

二つ目の回答に対する疑問ですが、
筋肉が多く、頭を使った仕事より体を使った仕事の方が向いているので
そちらに就職しようとするからなのか、
一般的に女よりも男の方が機械やコンピュータに強く、理系の大学院に多いように
頭の作りも人種によって違うからなのか
どちらでしょうか?


個人的な意見としては
わざわざ高い授業料を払ってまで大学に行かずとも
自分の屈強な肉体で高収入の肉体労働系の仕事に就けるから
というのが理由なのではないかとおもいますが
どうでしょうか?

もっと誰もが納得する回答があれば教えてください。

投稿日時 - 2014-11-19 13:17:05

QNo.8830257

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

単純に、経済的な問題でしょう。

アメリカにおいて、白人と黒人、人種別の収入を比べると白人の方が高く、逆に黒人の貧困率が高い、というデータがあります。勿論、これはアメリカの話ですが、先進国と呼ばれるイギリス、フランス、ドイツ……といった国々でも状況はそれほど変わらないでしょう。

で、日本でも、東大に入学した人の家庭の収入を調べると、全国平均と比べて高い、というデータがあるように、各家庭の経済状態と子供の進学実績などには因果関係が認められます。
すると、貧困家庭などの率が高いアメリカにおいて、そもそも大学などに進学する人は白人が多くなり、黒人が入ること自体が少ない、という状況ができあがると思います。

さらに、ヨーロッパなどでは日本で言う中学くらいからその後の進路を決める選抜試験などが行われ、それに合格しないと大学進学などは出来ない、という国も多くあります。このような国々では、普通の大学受験以上に幼い頃からの教育というのが重要になります(日本で言えば、中学校受験とか、そういうことになるわけですから) すると、よりダイレクトに収入の格差が出ます。
となると、収入の少ない黒人家庭から、その選抜試験に合格するのは至難の業となります。


勿論、その前提には、黒人に対する差別、というものもあります。
というのは、アメリカにおいて、同じ大学を卒業した人の収入を人種別に比較した場合でも、白人は黒人よりも高収入を得ている、という調査結果があるためです。
同じ大学を卒業しているわけですから、能力としてはそれほど変わらないはずです。しかし、それであれば黒人よりも白人を優先的に入社させよう、というようなことがある、というわけです。



そもそも、アメリカでも、ヨーロッパでもそうですが、日本よりはるかに強固な階層社会が出来ています。
日本では、現場で仕事をしてきた人が大きな会社の社長になる、ということがありますが、欧米ではありません。エリートは最初から幹部候補生としてキャリアを積み、一般の社員は一生、平社員です。
肉体労働系の仕事なんて、平社員の代表格です。それにつけるから、進学する能力も、財力もあるのに、わざわざ大学進学をしない、などということは絶対にあり得ません。

投稿日時 - 2014-11-23 21:22:18

このQ&Aは役に立ちましたか?

21人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

黒人が、ではなく、アメリカでは、白人でも、一部の階層の人たちが大学生の多くを占めます。
人種に目を奪われると見誤ります。

日本を含めて多くの先進国では支配側の人たちがいます。アメリカは特にわかりやすいと思います。

投稿日時 - 2014-11-19 19:14:12

ANo.2

あくまでアメリカの大学の話ですが、人種差別があるというより、未だに黒人としてのコミュニティーがあると考えた方が良いように思います。

試験にさえ受かれば人種に関係なく入学できるのは確かですが、白人が大半を占める大学に黒人自体があまり入学したがらないというのが実情です。
つまり、黒人の入学する大学には、未だに偏りがあるってことです。

これは人種差別が問題と言うより、やはり仲間が多いところの方が居心地が良いという理由があると思います。
それが未だにどうしても黒人の進学の選択肢を狭めてしまっているのだと思います。

ご参考まで。

投稿日時 - 2014-11-19 14:00:57

お礼

つまり
理系の大学の女子が少ないのでますます女子が理系に進みにくくなる現象と
と似たようなものでしょうか?

でもそれだと、同じ高校に通っていても白人と黒人で同じ友達グループには属さないということなのでしょうか?
大学進学は大抵友人と同じくらいの偏差値の大学に行ったり
友人が行くというから自分も行こう、という動機の人が多いので
白人の友人が多ければ黒人も進学しようと思うはずなのですが

それとも黒人と白人で別の高校に通う傾向にあるのでしょうか?
映画などを見ているとそれほど白人と黒人が隔離した生活を送っているように見えないのですが

投稿日時 - 2014-11-20 14:01:53

ANo.1

学会に出向かれるほどの立場であれば、教育の機会に関する「affirmative action」についてもお聞きになったり想到するだけの頭をお持ちだと思いますが。

affirmative action - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?q=affirmative+action

学会に出向かれるほどの立場の方がご理解できないようならば、「誰もが納得する回答」などという「反対者が1人もいないような表現」を求めずとも、これで、マイノリティーの進学の困難な理由や奨学金・優先採用枠などがアカデミックポストを含めて必要とされていることが、ご理解いただけるものと思いますが。

アファーマティブ・アクション - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

投稿日時 - 2014-11-19 13:33:35

あなたにオススメの質問