こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

パート以外に収入があった場合確定申告はするのか

パートで働いており収入を扶養控除内の103万以下に抑えております

今年コラム書くことになり副収入を得ました
副収入の方は、コラムの原稿料から約10%の源泉徴収額が差し引かれ
更に振り込み手数料も数百円引かれたものが指定口座へ振り込まれました。

この場合、パートと副収入の合計額が103万以下であれば特に何もしなくても良いのでしょうか
それとも確定申告をした方が良い、あるいはしなくてはいけないのでしょうか。

また、両方の合計が103万以上130万以下の場合、確定申告の必要性はどのようになりますか。

確定申告する場合、必要書類は何がありますか。

投稿日時 - 2014-11-29 19:57:00

QNo.8841571

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

確定申告の要否は、
・法律上の要否
・追徴か還付か
の見方があると思います。
後者の場合は、国税庁の確定申告用紙(Web公開の電子版)を利用すれば簡単です。
記入(申告)内容に従って必要書類も明示してくれます。
しかし、確定申告の結果は居住自治体に報告され、よく年の地方税に反映されます。

####
確定申告に依る追徴/還付は確定申告書作成でわかりますが、連動した翌年地方税を示してくれるものは無いのか、と言うのが小生の要望なのですが...

投稿日時 - 2014-12-12 22:49:50

ANo.2

>パートで働いており収入を扶養控除内の…

誰に“扶養”されているのですか。

もし、夫婦間の話なら、税法上、夫婦間に「扶養控除」は適用されませんよ。
扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。

「配偶者控除」は、配偶者の「合計所得金額」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円未満なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>副収入の方は、コラムの原稿料から約10%の…

源泉税や振込料を引かれる前の金額はいくらほどですか。

>パートと副収入の合計額が103万以下であれば…

所得の種類 (区分)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm
が違うものの「収入」同士を足しても何の意味もありません。
それぞれを「所得」に換算してから合計します。

【給与所得】・・・パート
税金や社保などを引かれる前の支給総額 ( = 収入) から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
【事業所得 (or 雑所得)】・・・原稿料
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>特に何もしなくても良いのでしょうか…

・給与所得で年末調整を受ける
・医療費控除その他特段の事由による確定申告の必要性も一切ない
・他の「所得」が 20万以下
のすべてを満たすなら、確定申告の義務はありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

とはいえ、この20万以下申告無用の特例は国税のみの話なので、この要件に合って確定申告をしない場合は、別途、「市県民税の申告」の必要性が浮上してきます。

また、原稿料で前払いさせられた所得税の一部あるいは全部を返してほしかったら、確定申告が必須です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm

>両方の合計が103万以上130万以下の場合、確定申告の…

勤労学生でない限り、税金に 130万という数字は関係ありません。

>確定申告する場合、必要書類は…

・パートは源泉徴収票の添付が必須。
・原稿料は、「支払調書」をもらっているなら添付するのが良い。
もらっていなければなくても申告は可能。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/pdf/23100038-2.pdf

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2014-11-29 21:25:16

お礼

主人が社会保険に加入で
『配偶者控除』が正しい表現でした 失礼いたしました。

原稿料は一ヶ月28000円が源泉徴収額と振り込み手数料を引かれる前の額です
引かれた額で来年1年分を計算すると年間で30万ぐらいになりそうです
パートの方は総支給額から交通費や雇用保険料を差し引いて
年間100万以下を目安に10年近く働いてきました。

専門用語が似ていて何度読んでもちゃんと理解できず
詳しくお答えくださったのに正直混乱しております

勉強して調べなおしてみます
ありがとうございました

投稿日時 - 2014-11-30 02:01:05

103万円というのは、所得38万円を「給与所得のみしか貰っていない場合」に換算した金額です。
給与以外の収入がある場合には、103万円という数字は意味を持ちません。

確定申告の要否:副収入が20万円超だと必要
20万円未満なら必要はないが、源泉徴収が大きく経費なども見ていないので、やった方がお得だとは思います。
必要がないならば、手間と上がりを天秤にかけて、やらないという選択もアリですけどね。

所得税の扶養控除(または配偶者控除)を受ける条件:「所得」が38万円以下であること。


年収130万円の「見込み」は健康保険の扶養の条件なので、税金とはまったく関係ありません。
こちらは税金とは違って1月~12月といった期間は決まっていない、超える見込みならば実際超えないようにしても外さなければならないなど、ルールが税金とは違ってきます。

投稿日時 - 2014-11-29 20:33:54

お礼

返答ありがとうございました

今年は副収入の原稿代が入るのは一か月分のみだったのですが
副収入が来年30万(源泉徴収額と振り込み手数料を引いた額)ほどになりそうなので
パートの収入と合わせると103万(総支給額から雇用保険代などは引いた額)は越え、130万ギリギリになりそうなので
どうしたらいいのかと思い質問させて頂きました。

参考にさせて頂きます
ありがとうございました

投稿日時 - 2014-11-30 01:50:31

あなたにオススメの質問