こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Media Player の更新催促

最近、パソコンでインターネットに接続していると、勝手に Microsoft Internet Explorer が起動して、怪しげな Web Page が開きます。
URL のドメイン部分は adsservinguncle.xyz で、Whois情報を調べてみると、国がバハマということだけ判明しました。
その Web Page においては、「警告! Media Player を早急に更新する必要があります」と日本語で書かれた小窓が開き、プログラムのインストールを要求します。
もちろん、プログラムはインストールせずに、すぐにそのブラウザを閉じています。
私が使っている Windows Media Player は最新バージョンで、適用可能な更新プログラムはありません。
カスペルスキー・インターネットセキュリティー2012を使って何度もパソコンをスキャンしていますが、脅威も脆弱性も毎回「なし」です。
同じような現象を味わっている方は、いるでしょうか。
また、この問題を解決する方法をご存知の方がいたら、教えていただけないでしょうか。
どうか、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2014-11-30 16:25:22

QNo.8842530

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

以前から同様なメッセージを表示する事例があるようですね。
(「偽 Media Player 」更新詐欺サイト発見してしまいました。)
http://ameblo.jp/pcroom123/entry-11906472647.html

広告だけでしたら、Adblock Plusでブロックできるかも知れませんが、何らかの悪意のあるマルウェアが入っていたらやばいですね・・。
上のページにあるようなPUP系プログラムは入っていないですね?

また、次のような対処を含む、本症状について説明しているサイトがありますので貼っておきます。
(「Media Playerを早急に更新する必要があります」という警告画面が表示され、Media Playerのフィッシングサイトにリダイレクトされる症状について)
http://www.japan-secure.com/entry/blog-entry-451.html#section3

投稿日時 - 2014-11-30 18:18:02

補足

丁寧で親切な回答、ありがとうございます。
貼ってくださった2つのサイトを中心に、いろいろ情報を入手できました。
気になったのは、Microsoft Internet Explorer と Google Chrome で、「Hao 123 - ビデオ」というサイトをブックマークしており、そのサイトで動画を何回か再生して視聴したことです。
ですが、「Hao123.com」というプログラムは、少なくとも現在は残っていません。
最近インストールしたプログラムとして、「RealPlayer Cloud」と「VideoPad」がありますが、その2つは信頼していいと思っています。
また、名前はよく覚えていませんが、1ヶ月ほど前に、YouTube の動画を簡単にダウンロードできるブラウザをインストールしました(その後、アンインストールして、現在は存在しません。名前の一部に Craving という単語が使われていたような気がします)。
本日の午前中に、ドメイン部分の「adsservinguncle.xyz」の前に「http://」を入力してアクセスしたところ、外国語で書かれた通販サイトのようなところへ飛ばされたので、少し心配になって質問した次第です。
さらにいろいろ調べてみて、後日正式にお礼のコメントを書かせていただきます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-11-30 20:29:15

お礼

何とか自力で解決できました。
ありがとうございまいた。

投稿日時 - 2014-12-16 17:51:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

17人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

方法1
対応してるか分かりませんが
Kasperskyのサポートセンターに電話して聞いてみる


方法2
悪代官さんという専門家の方に相談する
動画ダウンロードソフトやP2Pソフトは削除の対象となります
http://akumaden.web.fc2.com/

方法3
残すデータを記録メディアに保存してリカバリ


方法4
何とか自力でやってみる

PUP(迷惑ソフト)の場合は(今回の事例が当てはまるかは分かりませんが)Kasperskyを始めとするAnti Malware Softでも検出しないことが多いですので注意が必要です

投稿日時 - 2014-12-02 19:08:57

お礼

アドバイス、ありがとうございます。
こういう現象がずっと続き、自力での解決がどうしても無理な場合は、セキュリティーソフトのサポートに相談することも検討するつもりです。
リカバリーは、現段階では考えておりませんが、パソコンから個人情報流出の危険があると判断した場合は、リカバリーもやむを得ないと思っています。

投稿日時 - 2014-12-02 20:17:14

ANo.3

A.No2です。

>「Hao123.com」というプログラムは、少なくとも現在は残っていません。
>「RealPlayer Cloud」と「VideoPad」がありますが、その2つは信頼していいと思っています。

最近、詐欺広告を出してくるようなソフトがインストールされる手段として、信頼しているものをダウンロードしようとすると、そのインストール手順の初めの段階で、目的のソフト以外に、同時にインストールする仕掛け(インストールのチェックが入った状態で、ユーザーが了解したことになる)があります。

それに気がつかないまま、「次へ」と進んでしまってそのままインストールする羽目になった方が多いです。

これにより、目的のソフトや信頼ソフト以外のプログラムやアドオンが入って、悪さをするという例がほとんどです。
AdobeのFlashなども、同じように、Google ChromeやMcAfeeのスキャンソフトを同時にインストールする仕掛けがあったりします。

>Craving という単語が使われていたような気がします

たぶん、Craving Explorerだと思いますが、これ自体は問題ないと思います。

投稿日時 - 2014-12-01 12:54:56

お礼

再度の回答、ありがとうございます。
OS は Windows 7 を使っておりますが、コントロールパネルでは怪しげなプログラムは見つかりません。
ブラウザで履歴を全削除して、アドオンについても調べてみました。
これ以上は自力では無理という程度まで対処しましたが、おかしなサイトに誘導される現象は続いています。
ただ、ここ二日ほどは Media Player の更新ではなく、すべてが英語で記述されたサイトが開き、何かのプログラムをインストールするよう要求してきます。
すぐにブラウザを閉じており、当該サイトにて危ないプログラムが自動的にインストールされてしまうわけではないので、実害は無いようなのですが。
また、知らないアドレスから、8億円送金されたとか、3億円の受取準備ができたという、本気で詐欺を狙っていないと思われるメールが何通も届くのですが、今回の件とは関係ないと思っています。
もう少し、様子を見ようと考えています。

投稿日時 - 2014-12-02 20:08:00

ANo.1

「カスペルスキー・インターネットセキュリティー2012を使って何度もパソコンを・・・」

最新版は2015ですね。最新版でスキャンしましょう。

投稿日時 - 2014-11-30 16:37:02

補足

アップデートを行って常に最新の状態を保っているので、2012でも問題ないはずです。
今回のトラブルは、カスペルスキーに原因がある訳ではありません。
2015でスキャンしたとしても、結果は同じでしょう。

投稿日時 - 2014-11-30 16:57:12

あなたにオススメの質問