こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

いつも、不思議に思うのですが、、

菅原文太さんが亡くなられました。

彼は、俳優を辞めた後、「戦争反対」などの公演も

されてたそうですが、私が、戦争反対と唱える人を見ていて

いつも疑問におもうことがあるのですが、そういう人は、日本国が戦争を仕掛けられても

「抵抗しません」と手を挙げて言うがままになれと言ってるのでしょうか?

妻や子供が襲われても、何も手出しもしないで

なすがままにされてててもいい、、、という考えなのでしょうか?

大東亜戦争も、結局、日本が戦争せざるを得ないように

持って行かれたがための戦争なんですよね?

私は、「戦争反対」と唱えてる人を見ると

家に強盗が入ってきて、妻や娘が犯されても 無抵抗で

眺めてることも良し、、、と考えてる人なのかなぁーと考えてしまいます。

自分の国が、侵されても抵抗もしないような人を私は信用出来ないのですが、、、。

誰だって、戦争は嫌に決まってます。

が、祖国日本が侵略されそうになったら 戦うのが

本当なのでは、、、と思ってますが、、。

菅原文太さんの「戦争反対」の公演を聞いたことないので

どのようなお考えかは分かりませんが、

ヤクザ映画で一世を風靡した人なのに、、

妻子が犯されそうなっても抵抗しないことは

私には考えられません。

だって、「日本国」は、妻子と同じだと思うのですが、、、。


国を失くした民は惨めです。

浮浪の旅、、、の一生なんて切ないです。

帰るべき安住の国が無くなってしまう。

落ち着いた人生を送ることなど出来ませんし、、。

仕掛けられた戦争にも、「戦争反対」を掲げてる人は

それでも、戦争に反対するのでしょうか?

「戦争反対」などと、綺麗事を言う人を信用は出来ません。

誰だって 戦争には反対です。

が、仕掛けられた戦争にまで hold-upと言われて従ったほうが

いい、、、と戦争反対者は言うのでしょうか?

その辺りがよく分かりません。

投稿日時 - 2014-12-02 08:46:23

QNo.8844481

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

「極端」を比較してるだけじゃないですかね?

私も戦争反対で、「日本は絶対に戦争してはいけない」と思っていますが、集団的自衛権の行使は賛成で、これは全く矛盾は無いです。

刑法で考えれば判り易いですが、殺人加害者と殺人被害者の間には、「正当防衛(過剰防衛)」が存在しますから。

平和主義と戦争反対派や、防衛否定論は、たちまちイコールの関係ではありません。

まず平和主義は、非常に「広義」です。
憲法改正を唱えている層でも、「積極的平和主義」を名乗ってますが、これはそもそもアメリカなどが掲げる平和主義で、日本だと過剰防衛になる領域も、正当防衛に含める様な要素も含みますので、ちょっと危険です。

極論すれば、中国やら北朝鮮でさえ、彼らなりの平和主義で、戦争反対では無いだけです。
中国の理屈では、「中国が世界を支配すれば、世界は平和」で、北朝鮮の理屈は、「たとえ核戦争を引き起こしてでも、北朝鮮の平和を守る」です。

一方、戦争反対派は2種類で、自衛権を認める派と、それさえ認めない派に分かれます。
現時点の日本は、自衛権を認める戦争反対主義で、私はそれに賛成しています。

自衛権(正当防衛)には、個別的も集団的もありませんので、憲法解釈の変更も賛成で、憲法改正は、改正案を見ないと何とも言えませんが、必要性は低いと思います。
基本、「戦争はしない」の歯止めは外さず、逆に防衛は、解釈で行ける限界まで行っちゃえば良く、法律を改正するなら、限界部分だけを段階的や一時的に改正すれば良いかと。

具体的に言えば、現憲法では、日本の防衛上の理由でも、中国や北朝鮮の軍事拠点を先制攻撃することは出来ませんが、現代は、自国に核ミサイルを一発でも落とされたら、ほぼ敗戦と同義なので、緊張が高まれば、そう言う特措法を一時的に法制化しちゃえば良いでしょ?
反対派が裁判したところで、憲法違反なんだろうけど、国家の防衛など、究極的には、司法判断が及ぶところではありませんので、そう言う判決になりますよ。

防衛否定論的な戦争反対派は、正当防衛も否定しているワケで、ほぼ「キ○ガイ」と考えて差し支えありません。
ある意味、「集団的自決権」と同義です。

投稿日時 - 2014-12-02 10:21:01

お礼

回答ありがとうございます。

理解力が弱い?ため、4、5回 ゆっくりと読ませて頂きました。

なるほど、、という 新たな気持ちにさせられました。

私も、集団的自衛権の行使には賛成ですし、憲法改正派ですが、

ここまで深くは考えが至りませんでした。

勉強不足です。

どの様にお礼を書いていいのか言葉が見つかりませんが、、、。

考えさせられました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-12-02 18:06:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

phj

菅原文太さんは1933年生まれです。
終戦が1945年ですから、終戦時は12歳で生まれてからこの年まで戦争一色の中で過ごしてきたと言えます。

実は戦争に関していえば、年齢によっても温度差があります。私(40代)の祖父の代、だいたい戦争に行った上限であり、戦争当時働き盛りだった人たちは、太平洋戦争についてあまり多くを語りたがりませんでした、それは結果として敗戦になったこと、戦争遂行の片棒を国民が担いだことを自覚していたからだと思います。
「戦争はよくない、しかし、国民ひとりひとりの考えだけではどうしようもない。どうしたらよかったんだ?」という苦悩を感じました。

その下の世代、まさに兵隊として徴収されたり、学徒動員されたりした世代は、少年期に戦争の足音を感じながら、上の世代の戦争願望によって、自分の意見を表明する前に戦争に借り出された世代です。彼らにしてみれば「神風特攻ができるなら、国民が団結することによって、戦争を回避する道を探ることも出来ただろう」という意識が垣間見えます。

さらには菅原文太さんや私の父の世代は、少年期に戦争が終わり、1日で180度教えられる内容が変わった世代です。つまり8/15までは、先生に「1億総玉砕」とか「八紘一宇」などと教えられ「大きくなったら兵隊さんになって、お国に尽くす」と教えられていたのに、8/16からは同じ教師が「戦争はいけない。平和が一番」と教えるようになったのです。つまり欺瞞です。

現在の80代、70代の人の言う「戦争反対」と言う言葉には、こういう政治の欺瞞・社会の欺瞞が収拾つかなくなったときに「戦争」と言う形で納めようとするのだ、という為政者の都合よさが隠れています。

ですから「そういう政府を作ってはいけない」「戦争をしない(戦争でごまかさない)国つくりをしなければならない」という意識が隠れています。つまり「主体的にこちらから戦争をしない」ということです。

これには大勢翼賛政治で国民全員が戦争に邁進した時代を、蘇らしてはいけない、というのがこの世代の人々の考え方の基礎になっています。

さて「攻めてこられる戦争」と言う点についていえば、たぶん彼らの世代にはあまりピンと来ていない、というのが大きいのではないでしょうか。

私の世代も今でこそ国防に関心を持つ人が多いものの、若い頃は単純に「戦争反対」と考えている人が多かったのが事実です。

なぜかというと「戦争を仕掛けられる」という意識が無かったからです。
当時は米ソ冷戦の真っ只中で、戦争は仕掛けるものではなく、一歩間違えて核ミサイルが飛んだら、報復合戦になって地球が滅びると、世界中の人々が思っていた時代だったからです。

多少の小競り合いはあっても、戦争は仕掛けるものではなかった(少なくともソ連かアメリカしか仕掛けれられない)ので、「戦争反対」はそのまま「戦争をするな!アメリカもソ連も自重せよ」「日本政府はアメリカに肩入れしすぎるな」という意味だったのです。

今のように中国などが尖閣諸島などの領土主張をするようになってきたのは、冷戦が終わり、中国自体が経済力をつけた最近のことなのです。

ですから、今「戦争反対」と叫ぶことは確かにご質問のような誤解を招きかねません。しかし、本来は「政府が率先して戦争を起こすようではいけない」「国民が率先して政府をそそのかすようではいけない」という意味です。

戦争反対論者の中には9条を持ち出して「軍備が無ければ、米軍が居なければ、戦争は起きない」という主張をする人もいますが、彼らにとって日本の軍備も米軍も共産化を妨げるものだからいらない、という共産革命思想が入っている場合があります。または社会主義的に「戦争になれば労働者が真っ先に徴兵されるから軍備をしていなければそれが起こらない」という、やや御伽噺的な論法であったりもします。

今現在は近隣国の脅威が現実になってきているわけですので、闇雲に戦争反対と叫ぶ人はずいぶん少なくなりました。今、「戦争反対」とだけ言って「自衛」に言及しないのは無責任であることはまちがいないでしょう。

でもそれと「政府をきちんと監視して無謀な戦争をしないようする」という意味の戦争反対は今でも十分に意味があるといえます。

太平洋戦争のときは東京裁判で「日本国民は軍部にだまされて、戦争に巻き込まれた被害者」ということになっていますが、今度日本から戦争を起こせばそれは「国民が望んで行った戦争」であり、敗戦してもそれを受け入れる必要があります。

戦争を仕掛けられたら国を守るのは当然ですが、同時に無駄な戦争はしない、回避できるものは回避する、のも当然のことです。それが菅原文太サンたちの世代の「戦争反対」の基礎であるといえます。

投稿日時 - 2014-12-02 15:39:56

お礼

回答ありがとうございます。

時代背景による影響は大きいでしょうね。

映画やテレビで観たのですが、天皇を崇拝するような教科書とか墨で塗りつぶしてましたからね。

私の周囲の若い人は「国は、自分達で守らないと。やられないように、自衛しておかなくちゃ」

と考える人が多いです。

政府だって「戦争したがる人」はいないでしょう。

どちらにしても 意味のない戦争反対者は少なくなってきたのでしょうね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-12-02 19:03:23

ANo.9

>戦争反対者は言うのでしょうか?
>その辺りがよく分かりません。

「日本が軍事的抑止力を、強化すればするほど侵略されるリスクは減る。」
これは、歴史的事実であり、安全保障の常識ですが、彼らは違います。

彼らは、「日本が軍事的に優位に立ったら必ず暴走して、アジア諸国に侵略を行う。」

このように思っています。


もっと具体的に言うと「日本人の本性は野蛮である。だから、日本人の選んだ政治家も野蛮なので、軍事的優位が得られたら、アジア各国に侵略を行う。それは絶対阻止しなければならない。野蛮な日本人及び日本国は、その野蛮さを身をもって知っている中・韓が諸外国と連携して、管理しなければならない。」と言う思想を彼らは持っています。

朝日新聞は特にそれが顕著で、最近は従軍慰安婦の捏造が露呈しましたが、嘘でもなんでもでっち上げて、日本人自体が日本国を嫌いになってもらう。中・韓の贖罪の意識を、嘘でも何でもでっち上げて植え込む。それによって、「日本人が眠っている、野蛮な侵略願望」を目覚めさせる事を阻止しようと言う使命感が彼らにはあります。


彼ら朝日新聞やTBS・NHKの記者などのマスコミ、社民党や民主党には潜在的にこのような思想があります。(共産党はちょっと違うが、結局彼らに加担している・・・。)


しかし、彼らは本性を隠します。嘘の事実を伝え自分たちの正当性を主張します。
「軍事力を強化しているのは、戦争するためである」と言う嘘を流布します。

彼らに賛同する多くの人は、騙されています。

投稿日時 - 2014-12-02 11:02:37

お礼

回答ありがとうございました。

侵略、、ですか?

私は、二十世紀前半までの世界は、白人の有識人種支配の世界でこの支配が容易に覆るものではない、、

と思われていたのを日本が極東に勃興したおかげで、世界の有識人種は、独立と自由を手に入れた、、と

習ったのですが?

どうして、侵略、、になってしまうのでしょうね?

日本が進撃した地域は、英領、米領、欄領、仏領であって、すでに白人諸国によって

侵略され尽くした植民地ばかりであり、日本が一時占領したのは、すでに白人が侵略した

領土そのものであり、侵略地を解放のために進撃した、、、と習ったのですけどね。

そのため、中国、韓国以外の国は日本に感謝している、、と習いましたが、、。

この事実に朝日新聞は目をつむり朝日の「嘘」で国民を目晦ますのですね。

朝日は、嘘をつくのが上手です。

随分前に、嘘を付くことを 朝日をもじって「アサヒる」という言葉が

ネット上て大流行しましたね。

かれらの、日本国を貶めた罪は、大きいですね。

話がちょっと逸れてしまいました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-12-02 18:46:49

ANo.8

■菅原文太 戦争反対スピーチ
https://www.youtube.com/watch?v=K_6Kby-Dobo

これのことですかね?

菅原文太・談 戦争反対理由
「親族が徴兵されたから」
父⇒徴兵されて6年後に帰還。
父の兄⇒父より1年先に徴兵。帰還するもマラリアに悩まされて死亡。
父の弟⇒父の後に徴兵。フィリピン派遣後に行方不明。
父の弟⇒肺病で徴兵免除。その後早世。

帰還兵の多くが重度の精神疾患(鬱病)に悩まされていますが、文太の父もその一人だったのでしょう。
廃人のような余生を過ごされたようです。

つまり、文太の親族としては、比較的幸せな部類の方ですね。
マラリアも鬱病も、その後の社会保障の問題ですから。
行方不明も、どこかで現地に留まったのかも知れません。

で、スピーチでは、父やその兄が、戦地でどれだけの蛮行をしてきたかは一切語られていません。
あくまでも被害者談です。
あれれ?って感じですね。

当時の国民の風潮では、戦地に徴兵されることは、大いに誇り高い名誉なことでした。
なので、行けなかった肺病の弟さんは、さぞ非国民扱いされたでしょう。
戦地へ行けない女は、銃後の守りとして、工場で働きました。

で、結局・・・文太は戦争経験していません。
8歳~14歳の中学2年までですね。
ま~仙台空襲などの経験はあるでしょうから、心は”被害者”なのでしょう。

多分ですが・・・
攻めたら攻められる

のこれしか頭にないんだと思います。

きっと長男が泥酔で電車にひかれてから、おかしくなったのでしょう。

投稿日時 - 2014-12-02 10:27:10

お礼

回答ありがとうございます。

戦争反対スピーチは、知らなかったです。

私の周囲には、戦争の後遺症、、という方はおりません。

まぁ、年齢的なものもあるでしょうが、、。

菅原文太さん、親族に戦争後遺症の方が多かったのですね。

それだったら、「攻めたら攻められる」という気持ちになり、「戦争反対」を

唱えたくなるでしょうね。

そういう事情があるのなら理解できますね。

漫画家 小林よしのり氏の伯父(叔父)さんは、戦地から帰還したとき

丸々太っていて 戦地では、地元の人によくしてもらい とても、楽しかった、、

という話をよしのり氏にされてたそうです。

戦争経験も様々なんですね。



長男さん、電車で轢かれて亡くなられたのですか?

辛い経験をされてたのですね。

ご冥福をお祈りします。

「戦争反対」に関する質問でしたが、、。

関係ない話になってしまいました。済みません。

それでも、国を守るためには、自衛しないとここぞ!!とばかりやられてしまいますね。

回答ありがとうございました。。

投稿日時 - 2014-12-02 18:27:54

ANo.6

全く違うと思いますよ。
あまりに極論に飛びすぎです。
戦争反対したら、攻撃されたら死ななければならないって・・・

間がいくつか抜けています。

単純に「人が大量死するのが嫌な人が、戦争反対」といっているだけでは?
「攻めてこられた場合にどうするかを言っている人」っていうのは、私ほとんど見たことがないので・・・

「戦争反対」=「???」=「攻めてこられたら無抵抗」

ロジックが足りない・・・

聞くなら「戦争反対で、なおかつ攻めてこられた場合に無抵抗な人は、どうするつもりですか」と聞くべきです。

こういう勝手に「戦争反対する人は無抵抗に死ぬ人ですが、その人はどういう人ですか?」なんてロジックを自分勝手な論理で組んで質問するような手法は「印象操作」「ミスリードさせる」という忌むべき手法ですよ。


戦争反対、良いですけどね。
あまり何も考えずに戦争反対なんて言っている人もいるとは思いますが、良い傾向です。
国家的に戦争状態に突入するのは、出費がえらい嵩んで、あまり良いことがありません。
戦争突入を是とするような、国家が破壊されるような左翼的思想を手放しで叫んでいる人が多いより、よっぽど良いですよね?
政治家は、戦争反対する有権者が多ければ、戦争を回避する方向性で政治をしなければならなくなりますから。

戦争回避出来れば、余計な出費で途上国転落などという悪夢的な政治からは遠のきます。

投稿日時 - 2014-12-02 10:15:16

お礼

回答ありがとうございます。

なるほど、、、。


あまり、難しくは考えないで質問してしまいました。

失礼しました。

「印象操作」ですか? いゃあー、まったく気がつきませんでした。

勉強になりました。

で、戦争をしかけられたら、「戦争反対者」であっても、勿論、抗戦しますよね?

私、まだ良くわかってないのかな?

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-12-02 17:50:58

ANo.5

はじめまして。

確かにそうですね。「戦争反対」なんて皆思っていますよね。

質問者様のお気持ちは理解できますが、少し論点がずれてるかな?とも思います。

まず、

(1) もし、他国が日本に先制攻撃をしてきたら、自衛隊は当然防衛しますよね?
  
  決して、平和主義国家でもミサイル飛んで来れば、迎撃はしますから、

  決して家族を「他国の攻撃を指をくわえて見てる事にはならないですよね?」

(2) もし、最初のミサイルが、あなたの家族に直撃し、妻子だけ死ぬと、あなたも

  武器を持って(自衛隊増員)で闘いに行くでしょうね。優しい方だからこそ・・・

  そして、敵の民間人を誤射し、5人殺したとしましょう。ここで5家族を不幸にします。

  そして、その5家族のつながりから、あなたを狙いに来ますよね?

ここで、冷静に考えて頂きたいのは、「戦争反対」とは、戦争が起こって無い時の言葉ですよね?

今、空に戦闘機が飛んでる最中に「戦争反対」とは言いませんよね?

主観的な結論で申し訳ありませんが、「戦争反対」とは、「戦争開始に反対」と解釈しております。

「戦争開始」になる前に、言葉で解決出来れば最高の平和ですよね?

犠牲者が0人である事・・・これが「戦争反対」と言ってる人の心境ではないでしょうか?

あなたも、犠牲者0人なら、家族を守れたわけですから・・・・戦争開始は反対ですね。 

投稿日時 - 2014-12-02 09:45:02

お礼

回答ありがとうございます。


なるほど!!

「戦争開始」に反対 なんですね。

ん? では、相手から攻められたら当然抗戦するということですよね?


なんとなく分かりました。

投稿日時 - 2014-12-02 17:44:02

ANo.4

”大東亜戦争も、結局、日本が戦争せざるを得ないように
 持って行かれたがための戦争なんですよね?”
    ↑
ワタシはそう理解しています。

米国歴史学の権威チャールズ・A・ビーアド元コロンビア大教授は
公文書を調べて、ルーズベルトが巧妙に日本を戦争に引きづり込んだ
過程を明らかにした本を出版しましたが、これは事実上の発禁処分
にされてしまいました。

31代米国大統領のフーバーが、ルーズベルトを、日本を無理矢理戦争に
引きづり込んだ狂気の男、と評した書見を残しています。
彼は、ルーズベルトは真珠湾を知っていた、とも書き残しています。

マッカーサーは戦後、あの戦争は日本の自衛戦争であったと
米国議会で証言しています。

ハルノートのハルは、真珠湾攻撃を耳にして躍り上がって
喜んだ、という側近の証言が残っています。
「これで戦争ができる」
また、パル判事は、あのような要求を突きつけられたら
モナコのような小国でも銃を持って立ち上がっただろう
と述べています。



”仕掛けられた戦争にまで hold-upと言われて従ったほうが
 いい、、、と戦争反対者は言うのでしょうか?”
     ↑
戦争反対の論理にはいろいろあります。

・話し合いで解決できるはずだ、とするのがあります。
 本当にそんなことができるのであれば、それが理想
 ですが、そう主張する人が話し合いで解決したのを
 見たことがありません。
 一度でもいいから実際に見せてくれたらいいのですけ
 どね。

・戦争で人を殺すぐらいなら、黙って殺される方が
 ましだ、という人もいます。
 そういうひとは、独りで静かに勝手に死んでいけば
 よいのです。
 他の人間まで巻き込むな、といいたいです。

・世界、人類が平和になれば日本など犠牲にしても
 かまわない、と公言する人もおります。
 こういうのは、国家を害悪視し、否定する
 マルキストに多いですね。

・憲法にそう規定してあるのだから仕方がない、と
 考える人もいます。
 仕方がない、じゃないでしょう。 
 憲法は日本国、日本人の為に存在するのであって
 憲法のために日本が存在するのではありません。
 憲法守って国滅ぶじゃ意味がないのです。

投稿日時 - 2014-12-02 09:33:47

お礼

回答ありがとうございます。

全文納得のいく回答です。

要するに英、米、欄、仏に したたかに嵌められた、、のですね。

日清日露戦争で大勝利したので、大いなる勘違いをしてしまった、、

のでしょうかね。

「勝てる!」と。 神国日本が負けるはずかない、、と。

でも、あの戦争で白人による植民地、白人侵略国はその殆どを

日本が戦ったので全てを失いました。

日本が、勃興しなければ、世界の有色人種の独立と自由はあり得なかった訳ですから。

「戦争反対者」は、そこの処をどの様に考てるのでしょうかね?


ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-12-02 17:40:03

ANo.3

人それぞれです。同じ政党に属している政治家でも全く同じ考えの人と言うのはまずいません。だからこそ似たような考えの人が集まって会派(政党により呼び方は違います)を作るのですが、ある分野では似通っていてもそれ以外では違うこともあるでしょうし、全く同じ考えの人と言うのはいません。


完全に「戦争反対」と言う人の中には、「自分が殺されたとしても戦闘行為は絶対にしない」と言う考えの人もいるかもしれませんが、そういう人は少数派でしょうね。

投稿日時 - 2014-12-02 09:32:20

お礼

回答ありがとうございます。

確かに、百人百様ですね。

「自分が殺されたとしても戦闘行為は絶対にしない、、、。

こういう考えの人は、仕掛ける方からしたらやり甲斐(殺し甲斐)がありますね?

でも、その人の親は切ないでしょうね。

折角、育てたのに、、、。

せめて戦いを押し付けられたら抗戦してほしいですよね。

親の心子知らず、、ですかね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-12-02 17:23:16

ANo.2

私もNo1さんと同意見ですよ。

諍いなんて、仕掛けたくもないし仕掛けられたくもない、当事者になるのはもちろんいやだけど、隣国辺りで揉めてるのもいやだし、どっちの助っ人もしたくない。

そういうことと関わらずにいるためには、こっちが凛として自立していることが大事。
そのためには、国防力、警察力、外交力、経済力、食料自給力、そして、文化さえも「武器」なんだと思ってます。

求められれば助けをすることはあってもいいと思うけど、それは諍いの補助ではなくて、その諍いによって傷ついた国民や国土を癒やす役目であってほしい、そうありたい、と思います。

アフガニスタンだったかな、あの紛争の地で唯一信頼されている外国人が日本(人)だというのは、現地に赴いた日本が非武装であったから、とかそういうことをNGOのお医者さんがおっしゃってたのを聞いたことがあります。これが本当の「反戦の姿勢」だと。

そして、今の時代、戦争反対と言葉に出して言うには、あまりにも現実が複雑じゃないかと思うのですよ。
太平洋戦争の時代を経験した世代、当時何歳ぐらいでどういう立場だったのか、そういうことでも感じ方、考え方は結構違うのではないかと思うのです。

戦争なんか仕掛けてきたって相手にしないわよ、ほらこっちには、これだけの「武器」があるのよ、というのが実は「戦争反対」の実体だと思うのです。
その実体が脆弱になってくると、爪や牙を外に向かってふるうようになるのではないかと、安倍や朴の言動などを見ているとすごく思います。

投稿日時 - 2014-12-02 09:32:13

お礼

回答ありがとうございます。

今、確かに現実は、世界は複雑になってきてますよね。

これだけ複雑になってきてると、単なる「戦争は嫌!」だけでは、

通用しなくなってきますし、自分の身も守れませんよね。

菅原文太さんは、どういう「戦争反対者」だったのでしょう?

戦後70年、なんとか国内では、戦争をしなくて良かったのですが、、。

これからは、中国の動きが、今まで以上に怪しいし、気掛かりですね。

中国では、日本の憲法を徹底して勉強してるでしょうから、

「憲法9条」で身動き出来ない日本の足元を狙ってくるでしょうね。

なにかと縛りのある自衛隊でなく、早く自衛隊を格上げして軍隊に

しないと、日本民族の滅亡も近いでしょうね。

毅然とした自立、、、本当にそのように思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-12-02 17:13:03

ANo.1

おじさんです。
まったくその通りでしょうね。
戦争は誰でも反対ですよね。当然です。
戦争反対を強く叫ぶ人は、いろんな考えに分かれます。
一つは、先の戦争で肉親や大切な人を失った場合です。
あの時代は政治家、軍人そして国民も不勉強だったのでしょうね。
戦争を避けるための外交などの経験が不十分だったのでしょう。
あのような戦争に巻き込まれるのが反対なのだと思います。
別な言い方をすると、ご質問に書かれているようなことを考えていないと思いますよ。
もう一つは、イデオロギーで反対ということです。旧社会党の非武装中立がいい例でしょう。
私はいつも投稿しているのですが、軍隊が不要なら警察も不要ということです。
強盗に入られても誰も助けてくれないということになります。
外国からの侵略も強盗と同じです。
つまり、国民を守る軍隊も警察も必要ということでしょうね。
民主党支持者の私ですが、いつもそう考えています。

投稿日時 - 2014-12-02 09:10:46

お礼

早速の回答ありがとうございます。

戦争で肉親をなくした方、、、というのは、

戦争への考え方も確かに違うのでしょうね。

また、イデオロギーで反対!! これなら納得ですね。

日武装中立、、、といっても、スイスなど しっかり軍隊がありますからね。

他国から、付け込まれないようにするには、

戦争を仕掛けられないようにするには、こちらも、しっかりと、武装しておかないと

丸腰、、では、付け込まれてしまいますよね。

自衛隊では、縛りがあって、なかなか動けないでしょうから

一日も早く「戦争を防止」するためにも、自衛隊を軍隊に格上げしないと

国は守れませんよね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-12-02 17:00:49

あなたにオススメの質問