こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

「女性は浮気相手の女の方を憎む」珍説はどこから?

「女性は浮気相手の女の方を憎む」という珍説はどこから出てきたのでしょうか?

たまに、「男性は浮気した女の方を憎む」「女性は浮気相手の女の方を憎む」といった珍説を聞きます。

が、浮気をされた時に男は憎まずに浮気相手の女の方を憎む女性って、そんなに多いのでしょうか?

私(女性)も、私の周りの女性も、ネット上の女性も、
「浮気した男の方を憎む」もしくは「浮気した男と浮気相手の女の両方を憎む」女性がほとんどで、「浮気相手の女の方を憎む」女性なんてほとんど見かけません。

もしそのような女性がいたら、他の女性達から「浮気したのは彼でしょ?」「彼が一番悪い」「怒りの方向間違ってるよ、それを彼に向けようよ」みたいな反応をされます。

浮気相手の女が自分とよほど親しい相手だったとか、よほど酷い女だったとか、状況によっては怒りの気持ちがそちらの方に向く可能性も無きにしもあらずですが、
そういった特殊ケースでない限り、一番悪くて自分を裏切ったのは自分の恋人なのだから、
男女問わず「浮気した恋人の方を憎む」もしくは「浮気した恋人と浮気相手の両方を憎む」人が多いと、私は思うのですが…。

もちろん、色々な人間がいるので、中には本当に「浮気相手の方を憎む」人もいると思います(男女問わず)

が、その程度(中にはそういう女性も一部いる程度)では、「女性は浮気相手の女の方を憎む」という、まるで多くの女性がそれに当てはまっているような言い回しの説?は出てこないと思います。
(実際、当てはまらない女性が多い。)

それなら、「女性は基本的に浮気した男かもしくは両方を恨むが、中には浮気相手の女の方を恨む女性も一部いる」が正解だと思います。
(少なくとも過半数以上の人が該当しないとそれが一般論?にはならないと思う。)

それとも私が知らないだけで、本当に過半数以上の女性が「浮気相手の女の方を憎む」なのでしょうか?
周りやネットを見た限りそうは思えないし、同じ女性として全く理解できないのですが…。


ふと思ったのですが、例えば、
「主人が浮気をしました。浮気相手の女に慰謝料を請求したいです」
と相談している女性をよく見かけますが、そういった女性の事を「旦那より浮気相手の女を憎んでいる」と一部の人が勝手に勘違いして、そういう誤解も、そんな珍説が広まってしまった要因の1つかな、と思ったのですが…。
(実際は単に浮気相手の女にも制裁を加えたくて、それについて相談しているだけであって、旦那を憎んでないとは一言も言っていない。旦那を憎んでいるかいないかと、浮気相手への制裁は別物。)

繰り返しますが一番の疑問は、
「そういう女性も中にはいる(=そうでない女性の方が多い)」「男性と比較したら女性の方が多い?(=あくまで男性と比較したらの話)」というだけなのに、
何故多くの女性がそれに当てはまるような一般論的な感じで言われているのか?という事です。
「私の知り合いの女性に1人いるよ」程度ではもちろん駄目なのです。当てはまらない女性の方が多いわけですから。
「私の周りの女性はほとんどそうだよ」くらいでないと。
やはり実際は「男の方を恨む」か「両方を恨む」女性が多い気がしますので。
勝手なイメージで一部の誰かが広めて、それが間違って一般論化?してしまったのでしょうか…。

別の所でも質問させていただきましたが、
昔は今より男尊女卑で、女性は男性の浮気を許せなくても、地位が低いので男性を責める事が難しかった(我慢するしかなかった)
だから恨むとしたら浮気相手を憎む事しかできなかった。
その間違ったイメージが今でも続いているのでは?
といった回答をいただきましたが、確かに、一理あるかなあと思いました。

(今も性に関してはまだまだ女性が差別されていますが、昔に比べたら女性も自由になれたかと。まだまだですが。
未だに「男の浮気は許される」「女の浮気は罪」とか寝言を言う男性がいますから…。
「性差」と、「男性本位な貞操概念を女性に押し付ける」この2つは全く別物です。
昔は男尊女卑で完全に後者でしたが、誤解している男性がまだまだいますね。)

あと、男女問わず、浮気した側からしたら「自分より浮気相手を憎む恋人」の方が、当たり前ですが都合が良い訳です。
(普通は自分が恨まれますから。私もそんな都合の良い彼が欲しいです。理想ですね。)
だから、浮気症の男達が、一部しかそういった女性がいないのに、自分に都合がいいからどんどん拡大解釈?していって、いつの間にか多くの女性が浮気相手の方を憎む、みたいな感じで誤認識されてしまったのかな、と思いました。

それにしても、そういった女性が本当に多ければ、(浮気した男と)修羅場になったり、ずっと苦しんだり鬱になったり、生理的に無理になったり、別れ話や離婚になったり、離婚しなくても旦那をATMに切り替えたり、元カレや元旦那を憎んでいたり、男性不信、男性嫌悪になったり…
そういった女性がもっともっと少ないはずなんだから、この一般論は間違っている(しつこいですがあくまで一部そういった女性がいる、男性と比較したら多い?というだけ)のは分かりそうなものなんですが…。
どのアンケート結果を見ても、浮気されたら許せない女性の割合が多いですし(当たり前ですが)
理想の男性に誠実さを求める女性も非常に多いですよね。

長々とすみません。

投稿日時 - 2014-12-05 01:15:57

QNo.8847612

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

男ってのは客観的で理論的だという、これまた通説がありますよね。
まぁ脳科学的にも証明はされていますが。

ですから、男は常に物事を理性的に見ている、物事の本質を見ることが出来る。
これが男性の言い分の大前提です。
それが本当かどうかは別にしてね。

物事の本質を見分けることが出来る男という生き物は、間男を責めるなんて筋違いはしない!というわけです。
嘘付けぇ、ネットなんかでも間男に地獄見せたったとか自慢げに言ってる奴山ほどおるやんけ、と思いますが、そういう言い分なんじゃないかな?

余談ですがちなみに私なら浮気相手の方が憎みやすいかな。
再構築をする場合いつまでも夫の事を憎むのはしんどいし、いつかは赦さないといけませんよね。
まぁ夫婦を続けていく事を自分で選んだなら赦すことも頑張らないと駄目だし。
その分浮気相手は憎むのも楽ですよね。
あのクソアバズレ女って思ってみてもいくら嫌ってももう目の前には現れないわけですから無意味ではあるけど鬱憤ばらしくらいにはなるかな。
本当に糞なのは夫だって頭では理解してるんでしょうけど、許せないなら離婚一択だもんね。
だから苦しみながらも夫に対する恨みみたいなものは誤魔化していくんだろうなと思います。

ですが私はこの考え方の方が自然なんじゃないかな?と思います。
だって一応曲がりなりにも生活を共にして夫婦として過ごした相手とポッと出の浮気相手じゃ自分にとっての大事さが全然違うし。

グダグダと色々言いましたが、結局言いたいのは、男は自分たちがいかに理性的かをアピールするために通説「男は配偶者、女は浮気相手の方を憎む」を言いたいだけであって、実際はそうでもないよ男だって結構浮気相手に報復してるよってことでした。

投稿日時 - 2014-12-09 01:10:21

お礼

ご回答ありがとうございます。

>ですから、男は常に物事を理性的に見ている、物事の本質を見ることが出来る。
>これが男性の言い分の大前提です。
>それが本当かどうかは別にしてね。

ああ…
なんか、こんな風に思い込んでいる男性もいそうですね…。
実際は、全然理性的じゃないんですけどね…。
とりあえず、理性的だと言い張るなら、自分の都合の良い一般論だけを盾にして身勝手な行動をとったり、彼女や奥さんがいるのに風俗や浮気をしたり、暴力や犯罪とかはやめてほしいですね…。
実際は理性のない動物のような男性も沢山いるのに。

物事の本質…。
男性にとっての物事の本質=男性が作り出した、男性にとって都合の良い本質ですね。

>再構築をする場合いつまでも夫の事を憎むのはしんどいし、いつかは赦さないといけませんよね。

再構築を選んだ場合は、分からないでもないですよ!
嫌でもその人と一緒に夫婦や家族を続けていかないといけませんから…。
なら、無理にでも前向きに?考えていこうとする気持ちはわかります。
確かに、浮気相手の女性を恨むのは、気を紛らわす?事にはなるかもしれませんね。

ううーん、ただ、やっぱりこれだと、本質的にはやはり「女性は夫の方もしくは両方を憎む」のような気が…。
あくまで再構築の為に、そういう考えに切り替えようと努力しているというか…。
こういった女性達(あくまで離婚しない為にっていう女性達)の影響もあって、「女性は浮気相手の方を憎む」といった考えが広まったのかな…とも思います。

投稿日時 - 2014-12-18 05:48:28

ANo.3

何が都合が良いかは当人達次第でしょうから、そこらへんはなんともいえませんが、

「女性は浮気相手の女の方を憎む」というのは確かに珍説の可能性は十分にあります。

個人的には
「女性は浮気相手の女の方を憎む」←んなわけねえだろ、って思います。

もし「どうして珍説だって言えるの?あなたがそう感じただけでしょ?」と言おうものなら、
「どうして"それ"が真実だって言えるの?あなたがそう感じただけでしょ?」とも言えますよね。


尚、男の浮気ですが、許す女性は多くはないと思います。
その通り、あくまで「諦めている・耐えている・開き直っている」方が多いように思います。
それになにより、男の浮気を許せと言ってきてるのは男自身なので。
「男の性欲は特殊だから」「浮気するのはセックスさせてくれないからじゃん。寂しいからじゃん。」とか。
現に、「浮気されました…」と相談しようものなら、「セックスちゃんとしてあげてる?」とか、「男の性欲は、女性には一生分からないでしょう」とかなんとか。

まあ確かに一生分かることはないですね。

回答になってなくて失礼。

投稿日時 - 2014-12-06 15:03:11

お礼

ご回答ありがとうございます。

私も、「女性は浮気した男ではなく浮気相手の女を恨む」という寝ぼけた珍説を聞くたびに、
「んな訳ねえだろ?阿保か(笑)」と思います。

実際、私も、私の周りも、ネット上も、そんな女性滅多にいません。
浮気した男か、両方を恨む女性がほとんどです。(特殊ケースでない限り)
もしそのような女性がいたら、同じ女性から突っ込みが入るし、同情されません。

女性自身がその珍説を唱えるのはまだマシなのですが(全く同情出来ないし、そんな女性一部だけなんだから、そんな事言わないでよ一緒にしないでよ迷惑だよ、と心底思いますが)
男性がそれを唱えているところをたまに見かけるのですが、本当に痛々しいし、なんだか脳みそがお花畑だな、と思います。

男性(女性も)から見たら、自分が浮気した時に、自分を責めずに浮気相手の方を責める恋人(配偶者)は、さぞかし都合が良く、理想の相手でしょう。
だから男性が、そういう男性にとって都合の良い一般論(実際は違う)を信じたい気持ちはよく分かります。が、
「いや、実際は違うから。そんな訳ねえだろ?阿保か?そんな女一部しかいねえよ。」と思います。

本当に、「女は浮気相手の女を憎む傾向がある」と本気で思い込んでいる男性は、試しに浮気をしてみてよ、と思います。是非。
果たして何割の女性が、それに当てはまるのやら…。
本当にそうなら、浮気した彼氏や旦那を責めたり、嫌いになったり、生理的に無理になったり、愛情が冷めてATMに切り替えたり、別れや離婚になったり、男性不信や男性嫌悪になる女性はもっと少ないはずなのに、考えば分かるだろう、と思います。

本当に、そんな人間は男女共に一部だと思うのです。
なのに何故、多くの女性がそれに当てはまるかのような一般論?が出回ってしまったのかが、不思議で仕方がありません。

私が思うに、
・昔は男尊女卑で、男性に浮気をされても女性は文句が言いにくかった。その誤解が現在も根付いている。
・男性にとって非常に都合の良い一般論?なので、男性達が勝手に拡大解釈した。
・ドラマなんかでも、何故か浮気相手の女を恨む女性が出てくる。その影響。
(そういうドラマを見る度に意味不明だと思う。女性向けの恋愛作品は、真逆の現象がよく起きるのに(笑))

浮気は男女共に許せない行為です。
許せないのが人間として正常です。
本当の意味で許せる器の大きな人間は、男女共に少数派だと思います。
実際、どのアンケート結果を見ても、男性の浮気は許せない女性が多いです。

でも、男の浮気は許される。大した事ない。女は許せ。女は男の浮気を許せる…
こう勘違いしている、脳みそに欠陥があるような男性が多い事…。

本当の意味で許している女性は少数派で、
大抵の女性は耐えている、諦めている、開き直っている、すでに愛情がない、ATMに切り替えている、自分も浮気している…
な女性がほとんどだと思います。

あと、経済的な事が本当に大きいと思います。
女性はさまざまな要因があって「外で稼ぐ事」が男性より不利で、だから経済的に弱い立場ですが、残念ながら、生きていく為には、子供を育てる為には、お金が必要で…。
経済的な不安で、離婚が出来ずに耐えている女性は多いと思います。
逆に男性は、自分の事は棚に上げて、「嫁が浮気したら離婚する!」という人が多いですが、それは経済的に自分の方が有利だからであって、男性が女性と同じ立場なら、やはり自立する勇気がなく離婚ができない、奥さんをATMだと割り切る男性が増えると思います。

離婚はしない。でも浮気相手の女性には慰謝料。
結果、こういう女性が多い事も、「浮気相手の女を憎む」と勘違いされてしまう原因の1つなのかな、と思っています。
離婚するしないと、旦那を憎む憎まないは別なんですけどね…。

男性の、男の浮気を正当化する為の言い分も、全然言い訳にすらなってないんですよね。
男性本位な勝手な言い分だったり、なら逆の立場なら同じように奥さんの浮気を許せるの?とか、そんなのばっかりです。

「嫁が自分の浮気で傷付こうが、嫁以外の女を妊娠させようが知らんがな」なら、
「旦那が自分の浮気で傷付こうが、旦那以外の男の子供を妊娠しようが知らんがな」です。
男性が「女心や女の生理や性なんて知らんがな」なら、女性も「男心や男の生理や性なんて知らんがな」です。

長々とすみません。

とりあえず、「女性は浮気相手の女を恨む」は都市伝説だと私は思っています。
あと、その都市伝説を信じている男性達は、本当に頭が弱いと思うし、あと、試しに浮気してみて結果を報告してよ、と思います。
本当に周りの女性達の大半がそうなのだとしたら、その環境は大丈夫か?と思います。
当てはまったとしてもやはり一部だけだと思います。
でも、そういう男性は頭が弱いから、許されたわけではなのに、
離婚されない=許された!やっぱり女は浮気した男は恨まないんだ!と勘違いしそうですね。
将来熟年離婚をされたら、自分のやってきた事は棚に上げて、奥さんに文句を言いそうです。

投稿日時 - 2014-12-07 04:28:34

ANo.2

 こんにちは。60代男です。
 貴女のようなご意見を伺い心底嬉しくなりました。
 「男は浮気した妻を憎み女は夫の浮気相手の女を憎む」というのは俗論
だったのですね。僕も以前からこの言葉には嫌な気持ちを持ち続けてきま
した。これでは女は馬鹿だと言っているようなものですから。

 ご質問はこの説はどこから・何を根拠に言われるのかという疑問ですよね。
3つほど浮かびます。
(1) 仰る通り男尊女卑の気風が強い時代には女は我慢を強いられて男に不満を
 もてないで自分の生活権を脅かす浮気相手を憎むということはあったと思い
ます。ただ戦前の封建的・家父長的制度が濃厚な時代は富裕層にとって正妻と
妾(愛人)をもつことが当然視されていたので妻は愛人宅に通う夫を気持ち良く
送り出すことが当然と気持ちまで強いられていたのでこの件では無関心を装う
か「理解」を示さねば生きて行けませんでした。この男性に都合良い考えは
戦後の現代になっても繰り返し見聞します。(腹立たしい)

(2) このサイトでも繰り返し女性の側からも「男は皆浮気するのだから怒らな
 い」と諭す意見を散見します。要は間違った考えが女性まで巻き込み信じさ
せる男社会を守るために流布されているのだと思います。なお、現実の既婚男
は半分程度が浮気・不倫・女遊びをし残り半分程度はしないようです。

(3) これは「反論」になるかもしれませんが、僕の見聞で現実に中年女性の
 グループが笑いながら夫の浮気話を披露し合っていました。勿論、彼女たち
の心中はわかりませんが少なくとも男達は自分の妻の浮気を笑い話にはできま
せん。そんなことをすれば男は自分の魅力の無さ能力の無さを吐露するような
もので馬鹿にされますので。

※ 僕自身はもっともっと男女が対等に生きる世の中を切望しますが
現実の世の男女は本当に貴女や僕が望む気持ちで
いるでしょうか?男は自分の面子と都合のために
女を支配したがり女は保護を求めて男の地位収入
に拘っているのが実際のところ大半のように感じ
ます。

 なお、「女は男の浮気相手を憎む」件ですが、
テレビドラマのストーリー展開はそれ以外を
知りません。これも男社会のなせる技でしょうか?

投稿日時 - 2014-12-05 02:35:41

お礼

ご回答ありがとうございます。

>僕も以前からこの言葉には嫌な気持ちを持ち続けてきました。
これでは女は馬鹿だと言っているようなものですから。

男性の方でも、この珍説に嫌悪感を持っている方がいたのですね。
はい、仰る通りです。
私も、浮気相手の方を憎む人は、男女問わず馬鹿だと思います。
人によって価値観が違いますので、馬鹿といったら悪いですが、しかしそれが本音です。
だって、浮気をした恋人が一番悪いに決まっていますから。
なので、当然多くの女性は浮気した男性もしくは両方を恨みます。
浮気相手の女性の方を恨んでいる女性がいたら、同性からは理解を得られません。

しかし、やはり色々な人間がいますので、理解はできませんが、でも中にはそういう人もいるんだな、と思います。

が、あくまでそういった女性は一部でしかないのに、何故「女性は浮気相手の女の方を憎む」などと、まるで多くの女性が当てはまるかのような一般論?が流れてしまったのか?
が一番の疑問です。

(1)について

やはり、これが大きいのでは、と思いました。
女性はもちろん男性の浮気を許せませんが(人間として当たり前の感情です)
しかし、今ほど文句を言えず、離婚もできなくて、ひたすら耐えるしかなかったんだろうな…と。
しかし憎いものは憎い。人間は恋愛に限らず憎むべき対象を憎めない場合、その矛先を違うものに向けてしまう場合がありますので…。
今も、まだまだ性に関しては男尊女卑(「性差」ではなく、あくまで「男性本位な貞操理論」)なのが残念ですが、しかし昔ほどではないので、女性も文句や、離婚をしやすくなりました。

一夫多妻制って、女性側が人間というより物扱い、という印象を受けます。
本当に、男性本位で女性の意思はなく…。人間扱いされていないから、意思も無視されて当然なわけですが…。
当時の女性の辛さを、想像する事しかできませんが、非常に辛い気持ちになります。
まともな人間なら、自分の愛する妻や夫を、他の異性の元に送り出す事なんて、できませんから。

(2)について

女性で、「男性の浮気は仕方ない」と心から思っている女性は少ないと思うのですが、
(いたとしても、あくまで諦め、耐えている。子供の為、生活の為。ひたすら自分の感情を殺し、耐えている。
もしくは、旦那さんの事はもう何とも思っていないか。)
こういう女性が一部いる事も、問題なんですよね。
こういった女性も、浮気が許せない女性からしたら理解できないし、ある意味「敵」でもあります。
男性本位な考えに洗脳されていますし、こういった女性の存在で、さらに男性の浮気が容認されてしまう…。

(3)について

同じく、そういう彼氏や旦那さんの浮気を笑い話にできる女性は、浮気を許せない女性から見て理解できません。
というか、そんな女性がやはりいるんですね。引きます。
開き直っているのか?諦めているのか?旦那さんの事は何とも思っていないのか…。
偏見ですが、そういった女性は若い子より比較的年配の方に多いように思います。
やはり、もう旦那さんの事は何とも思ってないのか、諦めか、泥沼な結婚生活の中で何か悟りを開いたのか…。
本心は本人でないと分かりませんが…。

ただ、男性が女性に比べて(あくまで比べたら、の話ですが)奥さんの浮気を笑い話にできないのは、分かる気がします。
男性はよく「男は浮気をする生き物」と言い、「浮気は男の甲斐性」などという迷言もあります。
どれだけ奥さんが魅力的でも男性は浮気をし、旦那さんに不満があれば女性は浮気をする。
だから、「男性に浮気をされた女性」より「女性に浮気をされた男性」の方が、惨めと言いますか、不甲斐なくて他の男に寝取られたんだな、という印象がどうしてもあるし、仕方がないのかもしれません。
実際は、女性も惨めなんですけどね…。


すみません、私も、男女平等…がよいとは思うのですが、やはり男女には性差があるので、完全に対等は難しいかな、という印象です。

例えば、男性は子供が産めない。育児も母親レベルではこなせない。
その分女性は男性に経済的(子供を育てる費用)を求める。
自分の面子と都合のために女を支配…確かにそういう男性も多そう…。
しかし、男性の方が社会的な責任や重役を負わされ、女性は擁護される事も多く、その分男性は女性にあれこれと求め…

すみません、自分が何を言いたいのか分からなくなってきました。

とりあえず、男女共に性差や役割がありますので、ある程度は仕方がないと思いますが、しかし身勝手すぎる言動はお互いに駄目ですね。

例えば今回の浮気の話なら、女性は妊娠する立場だから、女性の方が貞操を大事にしなければならない⇒これは「性差」
しかし、だからといって男性が何をしても許される。女性が何でも耐えなければならない。というのではない⇒これは「男性本位な理論」

って話がそれていきました…。

>なお、「女は男の浮気相手を憎む」件ですが、テレビドラマのストーリー展開はそれ以外を知りません。これも男社会のなせる技でしょうか?

そうなのですか?現実では浮気した男性か、両方を憎むのに…。
しかし、確かにそういう不思議なドラマをたまに見かけますね。
全く理解も共感もできないし、気分が悪くなるのでチャンネルを変えます。
そういうドラマを見かけるたびに、ありえないだろ!(笑)って思います。

ただ…。
実は、女性向けの恋愛作品(漫画やゲームなど)は、それとは逆の現象が起きるのですよ。
つまり男性が、浮気した女性を憎むのではなく、浮気相手の男性の方を憎むという展開が、お決まりのように起きるのです。

例えばヒロインの女の子が、彼氏がいるのに他の男性と良い関係になってしまったとします。
そうすると、彼氏は相手の男性に「俺の女に手を出すな!」と怒り、ボコボコにします。
そして、ヒロインの事は割とあっさり許すか、もしくは嫉妬して、他の男性に目が向かないようにお仕置きして、更に激しく愛す。
結果、絶対に別れない。
勿論彼氏は浮気をせず、ヒロイン一途です。

このような展開が、女性向けの恋愛作品では当たり前のように起きます。まさに定番の展開です。

男性向けの恋愛作品(漫画やゲームなど)でも、男女逆で同じような事が、起きます。
ヒーローが他の女の子にフラフラしちゃっても、彼女は相手の女性の方に敵意を向けたり、嫉妬はするが愛したままで別れない。ヒーローに一途。

つまり、そういう事なんだと思います。

こういった質問をしておていて何ですが、
実は私は幼少の頃、少女漫画を読みながら「男の子って、彼女に浮気されても浮気相手の方を怒って、彼女の方は許しちゃうんだ。もしくは愛のあるお仕置きしてくれるんだ」って本気で思い込んでいました。
本当にそういう作品が当たり前のようにあるので。
あくまで幼少の頃で、冷静に考えればありえないって分かるんですけどね。
自分が浮気されたらそうは思えないんだから。

もしかして、そういうドラマ(女性は浮気相手の女性の方を何故か憎む内容)が多いから、それも誤解を生む原因なのかも…と思います。
十分ありえます。

長々とすみません。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-12-05 05:23:03

ANo.1

1.こいつさえいなければ男は私だけを見ていたのに
そう思っているので女が憎い。
自分が至らないから男が浮気したなんて認めたくありません。
また男を好きだから男を悪くも言いたくないのです。
許す私はいい女。浮気したのは浮気女が悪いからと思いたいのです。

2.根本的な問題で女はその男を手に入れたいのです。
ですから男を攻撃して(たとえば殺害)しまっては元も子もないのです。
男が自分の元にいて慈しみ金を稼ぎ自分と一緒に生きて行ってほしいのですから
男に慰謝料を払わせても少々の慰めにしかならないし
もともと私とのためのお金と見ていますから得にもなりません。
男を責めて逃げられては困るのです。

かと言って悔しい気持ちは治まりません。
したがって俄然攻撃するのは浮気女となります。

私は思いのほか女ってのは自己中で感情的で自分を顧みず我儘なものだと思っています。
友人が浮気されたとか他人がされた時は冷静ですけど自分がされたらそんなことはないと思いますよ。
男はもちろん許せませんが相手をした女がどこまで知っていたかによっては憎むと思います。
彼女や妻がいると知ったうえで男を誘いにかけたなら許せるものじゃないでしょう?

男の場合はどうなんでしょうね?間男を憎みますね?
でも妻を彼女をどの程度憎むでしょうかね?

投稿日時 - 2014-12-05 02:33:50

お礼

ご回答ありがとうございます。

ううーん、やっぱり、浮気相手の方を恨む人間は、男女問わず理解できないですね…。
不思議な思考回路です。

ちなみに2は、男性の事を便利なATMだと思っているという事でしょうか。
違ったらすみません。
(おそらく違う意味で書いているのだとは思いますが)ただ、それなら浮気した男性の事はあまり恨まないのは分かります。
お金を入れてくれたら、他はどうぞご自由に、という考えなら確かに恨まないと思います。
そこまであっさり割り切れる女性はあまりいないかもしれませんが…。

ただ、浮気をされた事が許せなくて、愛情がなくなり、しかし離婚してシングルでやっていく勇気や経済力もなく。
結果、旦那さんをATMに切り替える女性は多いと思います。

私は、男性の方がよほど自己中で我儘だと思っています。
(女性が男性並みなら、例えば子育てとか、「母親の自覚がまだないんだもん!」とか言って、ホストクラブとか女性用風俗とか浮気とかしちゃっても、容認されるのかな…。)
あと、男性が理論的なのは、あくまで自分が被害にあっていない時だけ。
自分が深く傷付いたり被害にあった場合は、途端に感情的になります(←タチが悪い)
実際、浮気された男性とかって、感情論ばっかりなんですよね。
風俗や浮気をした自分の事は棚に上げて。
女性は、自立できるか…とか子供にとって父親は必要…とか色々考えますが。

でも、男性に比べたらマシなだけで、女性も自己中で我儘で感情的です。
ただ…

>友人が浮気されたとか他人がされた時は冷静ですけど自分がされたらそんなことはないと思いますよ。

そうなんでしょうか?
女性は、別の女性(特に親しい女性)が男性に浮気されたり風俗に行かれたり…
そういう女性に同情や共感したり、その女性を擁護したり、裏切った男性を批判したり、よくすると思うのですが…。
ネット上でもよくあります。顔も知らない他人のはずなのに。
(違う意味で言っているのならすみません。)
自分が裏切られた場合は勿論です。

> 彼女や妻がいると知ったうえで男を誘いにかけたなら許せるものじゃないでしょう?

勿論許せません。
なので、女性は「浮気した男を恨む」か「両方を恨む」です。
「両方恨むが、浮気した男が一番悪い」な女性が多いかな?という印象です。

男性も同じような感じかなあ、と思うのですが…。

とりあえず今回の疑問は、
「浮気相手の女を恨む」女性は一部だけなのに、何故多くの女性がそれに当てはまるかのような一般論?が出回ってしまったのか?という事なのです。

男性がこの珍説を言っているのをたまに見かけますが、本当に痛々しいし、試しに浮気してみて結果を教えてよ、是非!と思います。
何割の男性の彼女や奥さんが、男を恨まず浮気相手の女の方を恨むのか…。
ああでも、こういう男性は頭が弱いので、離婚されない=許された!やっぱり女は浮気した男は恨まない!と都合よく勘違いしそうですね…。
経済的な理由とかで、必死に耐えたり、愛情がなくなってATMに切り替えてるだけだって…。
一生許してない、一生覚えている、一生信用していない女性は多いのに。
男性に都合の良い一般論?を信じたい気持ちは分からなくもありませんが、逆の立場になれば分かると思うのですが…。

浮気相手の方を憎む人間も分かりませんが、自分が浮気されても許される!許された!と思っている人間もよく分かりません。

投稿日時 - 2014-12-07 05:12:55

あなたにオススメの質問