こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳お願いします。

I think it is the year 1909. I feel as if I were in a moving-picture theatre, the long arm of light crossing the darkness and spinning, my eyes fixed upon the screen. It is a silent plcture, as if an old Biograph one, in which the actors are dressed in ridiculously old-fashioned clothes, and one flash succeeds another with sudden jumps, and the actors, too, seem to jump about, walking too fast. The shots are full of rays and dots, as if it had been raining when the picture was photographed. The light is bad.
It is Sunday afternoon, June 12th, 1909, and my father is walking down the quiet streets of Brooklyn on his way to visit my mother. His clothes are newly pressed, and his tie is too tight in his high collar. He jingles the coins in his pocket, thinking of the witty things he will say. I feel as if I had by now relaxed entirely in the soft darkness of the theatre; the organist peals out the obvious approximate emotions on which the audience rocks unknowingly. I am anonymous. I have forgotten myself: it is always so when one goes to a movie; it is, as they say, a drug.

投稿日時 - 2014-12-13 13:51:13

QNo.8856880

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

年は1909年だと思う。自分が映画の中にいて、奥から差し込んでくるライトが暗闇を縫ってきて、回転していて、自分の目はスクリーンに釘付けになっているかのように感じる。無声映画で、古い伝記のごときもので、役者たちはばからしいほど古くさい服を着ていて、瞬間場面が飛び飛びで連続し、役者も、飛び回ったり、おそろしく速く歩きすぎているようである。映像は筋やゴミが入っていて、撮影時に雨でも降っていたかのごとくであった。照明はひどい。

1909年の6月12日の日曜日の午後、父は母を訪ねる途中、ブルックリンの静かな通りを歩いている。その服は、アイロンをかけたばかりで、ネクタイは高さのある襟にきつく巻かれている。ポケットにはちりんちりんとコインの音がし、これから何か機知に富んだことを言う台詞を考えている。私は劇場のやわらかな暗がりの中で今、ずっとリラックスしてるかのごとくだ。オルガニストは、聴衆が知らないうちに居眠りをするような、はっきりわかるおおざっぱな感情をとどろかせる。自分が誰だかわからない。自分を忘れてしまった。映画に行くといつもそうなんだ。映画というのは、曰く、ドラッグ(麻薬)なんだと。

投稿日時 - 2014-12-13 19:17:01

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-12-15 01:37:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)