こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

憲法改正

衆院選 中国外務省、安倍政権の憲法改正加速を牽制
産経新聞 12月15日(月)21時10分配信

【北京=川越一】中国外務省の秦剛報道官は15日の定例記者会見で、衆院選での与党勝利を受けて憲法改正が取り沙汰されていることに関し、「日本の軍事安全領域での動向は、日本の国家発展の向かう方向や、地区の安全環境に関わることで、アジアの隣国や国際社会から高い関心を呼んでいた」と述べ、安倍晋三首相を牽制(けんせい)した。
 秦報道官はさらに、「日本は歴史の教訓を深刻にくみ取り、ウィンウィンの潮流に順応してほしい。アジア地域の国家の合理的な安全への配慮を尊重し、地域の平和と安定、発展のために、建設的な作用を発揮してもらいたい」とし、日中関係改善に向けて、暗に譲歩を求めた。


トリガーにいつでも指を掛けるこの出来る中国様が、
『ウィンウィンの潮流に順応してほしい。
アジア地域の国家の合理的な安全への配慮を尊重し、
地域の平和と安定、発展のために』
と、よく言えたものだと、チャンチャラ笑える。

先日、朝鮮日報が安倍総理の事を
>大統領級の総理
と言い表せていたが、上手い事をいう!

憲法改正、アメリカの影響力も強いとは思うが、
民主オバマ大統領の任期は2017年1月までで、
クリントン嫁は親日家との呼び声もあるものの
次の米大統領が共和党出身か?民主党出身か?でも
影響力は違ってくるのだろうか?

改憲に乗り出すのは、次回参院選挙後(‘16年7月)とは
思うが、それまでに危機感のない国民が憲法改憲に
興味を示す・示させることが出来るのだろうか?

この大統領級の総理で憲法改正が成せ無かったら、
日本は今後、永久に憲法改正が出来ないのだろうか?

投稿日時 - 2014-12-16 00:41:32

QNo.8859802

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

中国が年々経済的にも軍事的にも強くなり存在感が増せば、尖閣諸島や小笠原諸島でわが国領土に対する脅威が増します。これに対して自然な形で防衛という意見が強くなってきます。その結果、自然な形で憲法改正の必要性が叫ばれるようになると思います。自然の流れが最もいいと思いますし、そのような流れになると思います。

政治家が強引に引っ張って憲法改正を叫ぶよりも、中国・韓国の反日の力を利用すればいいように思います。中国はわが国に対する内政干渉を強めていますが、中国国内の権力闘争が収まるのか否か今後、予測がつきません。最終的には分裂国家になるのか知れませんが、それまでは中国の近隣諸国は迷惑をこうむるでしょう。毅然と立ち向かう姿勢を示し、着実に海上保安庁や自衛隊の装備を増強・改善していけばいいのではないでしょうか。侵略されてからでは遅いので、侵略されないように万全な準備をしておくことが必要です。

憲法改正、10年前には口に出せなかったように思います。しかし近年、中国・北朝鮮のおかげで堂々と意見を野寝ることができるように成りました。民主党政権時代の尖閣諸島でも漁船事故も、中国が日本国民の目を覚ませてくれました。中国が騒げば騒ぐだけ、憲法改正が早まるような期待をしております。

憲法を改正して自主独立国家になることがベストですね。

投稿日時 - 2014-12-16 09:56:01

お礼

>中国が騒げば騒ぐだけ、憲法改正が早まるような期待をしております。
を察知してか!?会見録もトーンDUしてるな・・・

ありがとう

投稿日時 - 2014-12-16 22:13:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

> よく言えたものだと、チャンチャラ笑える。

もっと笑えるのは、その中国こそが、憲法改正や安倍政権にとって、最高の「応援団長」になっているってことですよ。

もし中国が親日路線に変更してりゃ、国民も安定政権とか強いリーダーを求める必要性が低下するので、長期政権を目指した今回の解散総選挙も、打って出るのは難しかったのでは?と思います。

具体的にも、APECの日中首脳会談が大チャンスで、習近平が安倍首相に、笑顔でハグでもしてりゃ、解散したかどうか判らないトコでしたが・・。
実際には「仏頂面で無視」でしたから、安倍首相は帰国後、安心して解散に踏み切ったと言う流れでしょうね。

まあ、これが決定打と言うワケでもないですが、中国側としては失策で、安倍首相のポイントです。
中国って、そう言うレベルでの外交術も長けていると思ってましたけど、最近は質が下がってます。
習近平体制も、党内運営などでは、かなり苦労しているのか、さもなきゃ歴代主席に比べると、力量が劣るのかも知れません。

安倍政権で憲法改正に至るか?も含め、今後のことは判りませんが・・。
今回の総選挙が、安倍首相は憲法改正を視野に入れた、長期政権化であることだけは確かでしょう。

第一次安倍政権で掲げた「戦後レジュームからの脱却」を、第二次安倍政権では、「戦後レジュームの構築」と言う発展的なモノに変更しつつ、今回はそれを掲げてませんからね。
また、安倍首相自身は、「アベノミクス」と言う言葉は、余り使用しませんでしたが、今回の選挙では、それを争点に押し出してます。
こう言うのは、腹に一物を秘めた人間のやり方でしょ?

特定秘密保護法,集団的自衛権の行使容認,積極的平和主義・・・。
この延長戦上には、憲法改正くらいしか残ってませんし。
TPPも、規制緩和や農政改革とのセットですから、安倍政権の間かその後で、日本はかなり変わりそうです。

今のところ、余り見えて来ないのは社会保障改革ですが、年金制度や生活保護などもぶっ壊して、再構築するんじゃないですかね?
それと安倍首相は、教育改革などにも関心が高いですが、さすがにそこまでは、手が回らないかも知れません。

もう一つ、安倍首相のライフワーク的な取り組みが拉致問題で、もしこの問題を解決すりゃ国民的支持も得て、その勢いで、一気に憲法改正に突き進むのではないか?などとも予想します。

これだけ課題を解決しようとしていますので、長期政権化したい理由も判ります。
「維新」と言う名称の政党もありますが、安倍首相の方が、遥かにダイナミックと感じます。

成功か失敗か判りませんし、将来は安倍首相が天使か悪魔のいずれかと呼ばれますが、このままダラダラやってても、日本はダメですから、ダメ元でも何でも良いから、何でもやっちゃえばいいですね。

投稿日時 - 2014-12-16 12:19:03

お礼

ありがとう

別件だが、回答者は質問者の質問内容に無い事を
一切触れて居ない事を さも主張しているかの
様に(あっちで消されたからここでいう)膨らませ
妄想し回答に繁栄させるのはあなた的には有りなのか?

投稿日時 - 2014-12-16 22:11:16

ANo.1

現在よりも近い将来の方が改憲出来る可能性は高くなると考えます。特亜3国の内の1国、上朝鮮は既に終ってる国家だし下朝鮮も近々終了予定。んで残りのもう1国は?ごちゃごちゃ内政干渉言ってくる力も無くなるでしょうね、国内が分裂するかも知れないですから。

それに戦後教育に洗脳された年寄り達があの世へと旅立ち、ネット世代が政治や経済の中心を担って行くようになれば自ずと改憲支持者が多数を占めるようになると思いませんか?

投稿日時 - 2014-12-16 05:29:34

お礼

実際、自虐史観にドップリ浸かってるの
棺桶に片足突っ込んでる奴ばかりでは
無いと思うよ・・・

テレビでも学校でも言わないじゃん!
先の大戦に踏み切った踏切負えなかった
日本の本当の事情を意味を・・・
唯一、正論吐いて居てた政治結社も
空前の灯・・・あれには相当ガックリしたわ


ありがとう

投稿日時 - 2014-12-16 22:19:09

あなたにオススメの質問