こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

名義変更おける相続について

現在85歳の母親は健在で元気でいますが、いま元気なうちに土地・家の権利の名義変更を私長男の名前に変更しておきたいと言いますので、生前贈与の手続きの申請をしようとしたところ、課税額110万円以上になりますので贈与税が掛かるものの、2500万円以下なら相続時精算課税を適用すれば、贈与税は払わなくて済むとのことですが、書類に貼る収入印紙代に15万円掛かります。
おまけに土地・家も古いので、昭和57年以前の建物は不動産取得税を払わなくてはいけないようです。これがかなり掛かるようです。(約14万円)
なので、このまま母が亡くなったあとに土地の名義変更をしようと思いますが、課税対象から考えても、来年からは課税対象が3000万円まで引き下げられても、土地・家の評価額からも程遠いのでまず相続税は掛からない計算です。(土地値が上がっていけば別ですが、ほど遠いです。)
この場合、多少お金が掛かっても生前贈与する方が固いか、このまま亡くなった後に権利書の名義変更する方が賢いかどちらが良いでしょうか。あくまで相続税が掛からないというのが前提です。
また亡くなってから名義変更するときに、どのような書類が必要ですか。さらに税金は別として他にどのような問題が絡んできますか。

投稿日時 - 2014-12-18 16:26:15

QNo.8862592

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

再回答です!

お母様が亡くなった場合の今回の法定相続人は

一番目の相続人は配偶者に1/2の財産を相続

二番目に、残りの1/2を子で分配

子が亡くなっている場合は、その子の取分を、その子で分配です。

よって

配偶者がすでに亡くなっておられるので

貴方と、貴方の兄弟で均等割りになります!

貴方のご兄弟が、妹さん一人との事なので、お母様の財産を1/2づづ相続できます!

投稿日時 - 2014-12-18 19:25:36

お礼

何度もご丁寧にありがとうございました。勉強になりました。

投稿日時 - 2014-12-20 13:05:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

>書類に貼る収入印紙代に15万円掛かります。

15万円というのが登記申請の際の登録免許税のことだとすると、土地・建物併せた固定資産評価額が750万円程度なのだと思います。

もし、お母様のお亡くなりになった後に名義変更をすれば、その際の収入印紙代は3万円程度で、かつ、不動産取得税も課税されません。

従って、お母様の相続に関しての相続人があなたお一人であれば、生前贈与せず相続を待った方が、費用面では得だと思います。
また、あなた以外に相続人がいる場合でも、それらの不動産をあなた名義にすることについて、全ての相続人で円満に話がまとまることが予想される場合は、やはり相続を待つ方が良いかもしれません。

一方、相続開始後に相続人間で、それらの不動産をあなた名義にすることについてもめる可能性があり、かつ、それらの不動産をあなた名義にすることについて、あなたとお母様の意向が強いのであれば、多少費用をかけてでも生前に贈与しておくという選択肢もあるかと思います。

相続による名義変更に必要な書類は、
・お母様の出生~死亡までの全ての戸籍/除籍/改製原戸籍の謄本
・相続人の戸籍謄本(または抄本)
・あなたの住民票
・各不動産の固定資産評価証明書
以上に加えて、あなた以外に相続人がいる場合は、
・遺産分割協議書
・相続人全員の印鑑証明書
といったものが必要になります。

投稿日時 - 2014-12-18 16:49:15

補足

>相続開始後に相続人間で、それらの不動産をあなた名義にすることについてもめる可能性があり、か>つ、それらの不動産をあなた名義にすることについて・・
やはりそこに問題が出てきますかね。
でも私の兄弟は妹一人で、すでに嫁いでいますし、また権利は結婚前に放棄していますのでもめることはないと考え、問題が起こるようなことはないと考えます。

相続人はどこまでの血族を考えれば良いのでしょうか。血族全てとなれば戸籍謄本や印鑑証明とるのに大変です。場合によっては実印を作っているか。そうなるとさらなる問題が・・・

投稿日時 - 2014-12-18 19:17:51

お礼

ありがとうございました。
生前贈与が固いのですけどね。家が家なので手続き費用があまりにも掛かり過ぎます。
母親があと何年生きるかわかりませんが、相続しても税金問題に発展するほどの財産ではありません。相続するかどうか、ケースバイケースで考えようと思います。

投稿日時 - 2014-12-20 13:06:19

お父さんはご健在ですか?

ご兄弟はいませんか?

ご兄弟でお亡くなりになれれた方はいませんか?

もしご兄弟でお亡くなりになられた方がいて、その方にお子さんはいませんか?

すべて「いいえ」なら生前贈与ではなくて、相続まで待ってもかまわないかと思います!

生前贈与は、相続時の家族間のトラブルかを回避できるメリットもあります。

上の質問は法定相続人がいるか?いないか?です! 今は法定相続人の方といまくいっていても、人生なにが起こるかわかりませんよ!法定相続人に貴方に譲ると思っていても、既婚されている方がいるなら、話も変わってくるかもしれません。

法定相続人がいたとしても、あなたに相続する旨の文章をかいてもらっておくのもいいですね。。。

投稿日時 - 2014-12-18 16:49:11

補足

ありがとうございます。
>お父さんはご健在ですか?
>ご兄弟はいませんか?
>ご兄弟でお亡くなりになれれた方はいませんか?
このご回答の「いいえ」は非相続人の事でしょうか。それとも私?
親父はすでに亡くなっているので、税金対策で権利は現在母親と分けて持っています。

法定相続人とは。。血族はすべて含まれますよね。
非相続人つまり母親の子(私と妹一人)、私の妹の子(2人)、私の子供(3人)、私の叔父(現在一人)、これくらいかな?

投稿日時 - 2014-12-18 18:42:30

お礼

ありがとうございました。
いろいろと大変ですが、悩みますね。そんな高額な財産でもありませんし、相続しても兄弟ケンカするほどの価値もないし、税金が掛かるにも程遠い財産です。ただ気持ちの問題ですね。

投稿日時 - 2014-12-20 12:56:29

あなたにオススメの質問