こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

和訳お願いします。

But after a while I begin to take brief glimpses,and at length I watch again
with thirsty interest, like a child who tries to maintain his sulk when he is offered the bribe of candy. My parents are now having their picture taken in a photographer's booth along the boardwalk. The place is shadowed in the mauve light which is apparently necessary. The camera is set to the side on its tripod and looks like a Martian man. The photographer is instructing my parents in how to pose. My father has his arm over my mother's shoulder and both of them smile emphatically. The photographer brings my mother a bouquet of flowers to hold in her hand, but she holds it at the wrong angle. Then the photographer covers himself with the black cloth which drapes the camera and all that one sees of him is one protruding arm and his hand with which he holds tightly to the rubber ball which he squeezes when the picture is taken. But he is not satisfied with their appearance. He feels that sonehow there is something wrong in their pose. Again and again he comes out from his hiding place with new directions. Each suggestion merely makes matters worse. My father is becoming impatient.They try a seated pose.The photographer explains that he has his pride, he wants to make beautiful pictures, he is not merely interested in all of this for the money. My father says: "Hurry up, will you? We haven't got all night." But the photographer only scurries about apologetically, issuing new directions. The photographer charms me, and I approve of him with all my heart, for I know exactly how he feels, and as he criticizes each revised pose according to some obscure idea of rightness, I become quite hopeful. But then my father says angrily: "Come on, you've had enough time, we're not going to wait any longer." And the photographer, sighing unhappily, goes back into the black covering, and holds
out his hand, saying: "One, two, three, Now!," and the picture is taken, with my father's smile turned to a grimace and my mother's bright and false. It takes a few minutes for the picture to be developed and as my parents sit in the curious light they become depressed.

投稿日時 - 2014-12-19 23:19:15

QNo.8864088

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

しかし、しばらくして私はちょっとばかり目を凝らしにとりかかる。そうするとついには、キャンディーに釣られた子供がすねて欲しがり続けるように、興味への渇きを感じながら観察することになる。私の両親は今、板張り遊歩道に沿った写真家のブースで写真を撮ってもらっている。その場所は撮影に必要なものと見える、ふじ色の光の影で覆われている。カメラはそのライト用三脚台の横にセットされているのだが、それが火星人のように見える。写真家は、私の両親にどんなポーズをとるかの指示をしている。
父が母の肩に腕をかけて、二人とも微笑みの表情を強調している。写真家が母に花束を持って来て手に持つようにと言うけれども、その持ち方のアングルがまずいのだ。さて、ようやく写真家は、黒い布地で自分自身を覆い、それをカメラにかけると、彼の周りに見えるのは1つの突出物と彼の手だけである。彼はその手で、写真を撮る時に圧搾するゴム製のボールをしっかり握っている。
しかし、彼は両親の外観に満足しない。彼は、両親のポーズに具合の悪いところがあると感じる。何度も何度も、改めて指示をしては彼の隠れる場所から出る。各々の提案は、問題をより悪くするだけである。父が、イライラしてくる。彼らは座ってポーズをとってみる。写真家は、自分には自分なりのプライドがあって、こういうことの全ては、ただお金に関心があるからというのではなく、美しい写真を撮りたいからなのだと説明する。
「急いでくれますかね。私達は一晩中時間があるわけじゃありませんから」と父が言う。しかし写真家は、謝りながらちょこちょこ走り回るだけで、新しい指示をし続ける。私は、この写真家に魅了された。心の底から彼に賛同する。というのも、彼が、適切さというものに寄せる漠然とした概念にしたがって、仕切り直した個々のポーズを批判する都度、彼がどう感じているかが私にはよく分かるのだ。私は、実に希望的な気分になる。ところが、父は怒って、「いい加減にしてくれたまえ。あなたは十分な時間を使いましたよ。私達はもうこれ以上待てません」と言うのである。
すると写真家は、辛そうにため息をつき、黒い覆いの中に戻り、手をさし出して言う。「1、2、3、はい!」。写真を撮り終わると、父の笑顔はしかめ面に変わり、母の明るい作り笑顔もそうなる。写真が現像されるのに数分がかかる。そうして、好奇な光の中に座って待つ両親は、やがてがっかりすることになるのだ。

投稿日時 - 2014-12-20 11:59:24