こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

今日も鳥が飛んでゐる
バサバサと不気味な羽音を立てながら
何羽もの分身とともに

鳥はせせら笑う
常人には理解し得ない
喜びに浸りながら

時には女に妄想を語らせ
馬鹿な男の鼻の下を伸ばさせては笑う

時には紳士面で人生を語り
時には親しく語りかけ
時には下品な毒を吐き
これが鳥の幸福だ

己の末路も知らずに
鳥は今日も飛んでゐる


下手な詩を書きました。
評価お願いします。

投稿日時 - 2014-12-21 11:23:47

QNo.8865507

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

17人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

>>貴方も『鳥』でごさいますよねw

アリストパネスの喜劇『鳥』(ΟΡΝΙΘΕΣ)は、好きです。登場人物に、「三文詩人」もゐます。そのうち、文学カテゴリか外国語カテゴリで、お話しできれば幸ひでございます。

投稿日時 - 2014-12-21 16:59:47

>>この辺で終わりにしたふ存じます。

承知しました。最近少し仕事が忙しくて、Q&Aの投稿量が減つてゐます。これからもこのやうな投稿をしてくだされば助かります。ありがたうございました。

投稿日時 - 2014-12-21 15:14:15

お礼

話の分かるplapotaさん
貴方も『鳥』でごさいますよねw

投稿日時 - 2014-12-21 16:27:15

まことに申し訳ございませんでした。勘違ひでした。

>>どなたかと勘違ひをされておられるようですが感想をありがとうござひます。

「をられる」「やうです」「ありがたう」「ございます」

>> 早速読ませて頂きませふ。

「頂きませう」

今後ともよろしくお願ひいたします。

投稿日時 - 2014-12-21 13:16:05

お礼

まことに申し訳ござひません。本は未だ読んでをりませぬ故、致し方のふござひます。添削は質問の回答にはなりません故この辺で終わりにしたふ存じます。

投稿日時 - 2014-12-21 13:46:33

パロディーの腕にいつも感心してをります。

>>鳥はせせら笑う
>>馬鹿な男の鼻の下を伸ばさせては笑う

「笑ふ」

>>評価お願いします。

「お願ひ」


以前にも書いたのですが、よろしくお願ひいたします。

http://okwave.jp/qa/q8816816/a24508473.html
「かなづかひが私の流儀とはかなり違つてゐたので、あれでは偽者だとすぐにばれてしまひます。私は、
丸谷才一『桜もさよならも日本語』新潮社
に記載されたかなづかひを真似してゐます。私のIDでネット投稿なさる方は、その本をお読みください。 」

投稿日時 - 2014-12-21 12:49:53

お礼

どなたかと勘違ひをされておられるようですが感想をありがとうござひます。
早速読ませて頂きませふ。

投稿日時 - 2014-12-21 13:05:54

ANo.3

暗いです。

鳥とおっしゃっていますが、貴方の心の中を、鳥に置き換えて書かれているように思います。
都会の重荷に、押しつぶされているようです。

投稿日時 - 2014-12-21 11:48:03

お礼

感想をありがとうございます。

投稿日時 - 2014-12-21 12:29:41

ANo.2

「師範代」の称号を差し上げます

投稿日時 - 2014-12-21 11:43:41

補足

一部訂正があります。
×時には女に妄想を語らせ→
〇時に女となり妄想を語り

投稿日時 - 2014-12-21 16:04:55

お礼

高評価ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-12-21 12:24:42

あなたにオススメの質問