こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

金がないから産まないなんて嘘もいい所ですよね?

約16%(6人に1人以上)の子供が貧困世帯です。
まわりを見ても低所得者ほど、子供をボコボコと産んでますよ。
逆に高学歴の女性ほど、まわりは子供なんて作ってません。
あくまでも自分の親戚や地元の友人の話ですけど。

でも現実に16%の子供が年収200万いくかいかないか程度の親の子供です。

1クラス30人制なら1クラスに5人以上も貧困世帯の子供がいます。


世界を見回しても貧乏な国ほど、ボコボコと子供を産みまくってます。
あのアメリカやフランスが出生率が高いのも、現実を見れば黒人系の移民が
押し上げているわけです。

で、結局はお金がない層が子供を産めば産むほど、負担は他の納税者に来るわけで
子供は将来の納税者どころか、他の納税者の負担というのが正論だと思います。

お金持ちがたくさん産むのならよい事ですが、現実は逆ですから。

だからこど、国民は子供手当を反対して廃止になり、1万円程度の児童手当になったのに、
子供を産みたい奴は子供手当をよこせとかという話になるわけで、
お金がない人間が子供増やそうとするから、子供手当だの、学費無料という話になるわけで。

投稿日時 - 2014-12-22 18:56:19

QNo.8867024

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

まあ嘘ですよ。自分が遊ぶ時間を取られるし面倒なので子供はほしくないってのが正解です。よしんば金が無いからというのは、車を買って家を買って海外旅行に行く金が削減されるからでしょう。
つまり言葉通りにとらえるとえらい目にあいます。そもそも今の親連中なんか甘やかされて育ってますから、とりあえず学生気分で目いっぱい遊びたい。子供はファッション程度に1人居ればよい。お金もほどほどに稼いでむしろ仕事命なんか考えられない。ってゆとり的考えで「私たち大変」と言っているのです。戦前生まれの人たちとはこの「大変」の尺度が違います。
まあ貧乏人に子供が多いのは、貧乏人=学歴の無い人=人生設計を考えて計算出来ない=欲望だけでSEXをする。それだけのことだと思いますが。

投稿日時 - 2014-12-23 14:57:58

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-01-03 19:17:38

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

貧乏人がたくさん子供を作って人口が増加するのが国力のアップになるのです
彼らは這い上がろうと頑張ってくれますので、上の層もうかうかしてられないと
頑張るようになるのです。人口こそが国力ですので、2人で3人の子どもづくりを
義務化すべきだと思います。子供を作らないのであれば、子供を作った人に
回す手当を負担してもらいましょう。

投稿日時 - 2014-12-23 13:32:43

ANo.4

「経済的余裕がないから、2人目(あるいは3人目)を産まない」というのは現実としてあると思います。

最貧国で子供がボコボコ生まれるのは「子供の死亡率が高いから」というのもあるのですよ。そういう国は医療が行き渡らないので、特に乳幼児死亡率が高いのです。子供がいつ死ぬか分からないからとりあえず産んでおけってのはあるんですよ。

お金持ちに沢山産んでもらうには、一定以上に資産を持つ人には一夫多妻制を認めることでしょうかね。そうすれば貧乏な家の娘も金持ちの第二夫人、第三夫人になり子供を持つことで「資産の再分配」にもなり、子供の数も増えるって寸法です。

投稿日時 - 2014-12-23 12:50:57

ANo.3

>金がないから産まないなんて嘘もいい所ですよね?

「子育てに最低限の所得は必要だが、子どもの数と所得の関係は不明確」(平成17年版「国民生活白書」)くらいのところでしょう。

引用した同白書のグラフを見ると、所得400万円未満の世帯では子どもの数が0人(20.7%)も、4人以上(3.4%)もそれ以上所得のある世帯より多くなっています。

これを見て、「やはり所得が少ないと子どもが産めないのだ」と考える人もいれば、逆に「4人以上子どもがいる世帯がより所得の多い世帯の2倍から3倍もの割合でいて、昔のことわざ通りだ」と感じる人もいるでしょう。「金がないから産まない(産めない)人」もいれば、「金があろうとなかろうと子どもを産む人」もいるのが世の中の現実ではないでしょうか。

ただ後者のような人が一定の割合で存在することは確かだとしても、「一定の経済力を下回ると子どもを持つ経済的負担感が高まり、子どもを持ちにくくなると考えられる。」という同白書の分析は正しいと回答者は考えます。

ただし1000万円以上の所得がある世帯では、子どもの数0人の割合が所得400万円以上1000万円未満の世帯より高くなっていて、ご質問のご指摘もその意味では正しく、この関係は単純に「所得が多い(少ない)ほど子供の数が多い」というような単純な相関関係が成り立つようなものではないでしょう。

http://www5.cao.go.jp/seikatsu/whitepaper/h17/01_honpen/html/hm02010006.html

投稿日時 - 2014-12-23 11:23:21

ANo.2

>金がないから産まないなんて嘘もいい所ですよね?

まあ、そう言い訳している高所得のひとが実在するのなら、嘘といえば嘘、というより、貴方のおっしゃるとおり、それは筋が通らないはなしだ、ということですね。

彼らのすっきりとした論理で言えば、(育て上げるのに)お金がたんとかかるから産まない、お金は自分たち夫婦だけが楽しむのに使いたい、ということだろうと思います。

>お金持ちがたくさん産むのならよい事ですが、現実は逆ですから。

私見では、誰だって産む権利はあるのです。貧乏なひとたちが私生児であれ産むのを禁止する理由はありません。
問題は、子供を産み育て上げる喜びというものがあることをひとは忘れ始めているのでは、と思えることです。優雅に人生を旅行やら美食などで楽しむのもありかもしれませんが、子供の顔を見て、その成長を楽しむ人間の基本的な喜びを(性教育とともに)もっと義務教育などでPRしなければならないのではありませんか。

金のことにみんなは拘泥しすぎだと思います。

投稿日時 - 2014-12-22 22:22:08

ANo.1

>でも現実に16%の子供が年収200万いくかいかないか程度の親の子供です。

その中のかなりの部分が、後先考えずに子供を作ったが結局夫婦関係が破綻して離婚して
母子家庭、父子家庭になった世帯が含まれている

他も似たり寄ったり

投稿日時 - 2014-12-22 19:47:56

お礼

虐待や赤ちゃんポストにいれられたら子供も災難ですよね。

投稿日時 - 2015-01-03 19:17:10

あなたにオススメの質問