こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「あほ」と「かしこ」

頭の良い「かしこ」は、自分と頭の悪い「あほ」の差が良くわかるが
「あほ」には自分と「かしこ」との差が分からないと言います。
また、仕事でも本当に良く仕事のできる人は「できる人」と
「できない人」との差が分かるが、「できない人」からは自分と
「できる人」との差が分からないと言います。
上司は出来る人であった場合、当然できる人の評価を高くし
出来ない人の評価を低くするのですが、出来ない人は自分と出来る人
との差が分からないので上司の依怙贔屓だとか不満を貯めます。

「あほ」とか「できない人」に差を分からせるには筆記テスト以外
ないのでしょうか?

投稿日時 - 2014-12-23 09:47:22

QNo.8867588

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

たしかに言われるとおりだと思います。

しかし、世の中はなにをもって「賢い」「愚鈍」かは識別はできないのではないのでしょうか。

そもそも、その判断基準はどこからきているのでしょうか。

たとえば、英語で満点の成績をとれ、シェークスピアが原文で読める人が、英語の日常会話ができるわけではありません。 (注) シェークスピアは、中世英語で書かているので、ネイティヴでも簡単に読めるものではないです。 簡単な例として、日本で高度に有名な書籍に「吾輩は猫である」がありますが、かなり教養のある日本人でないと読めないです。 それは風刺していることが明治時代のもので、現在では存在しない死語となったものや概念がそうとうあるからです。

では、その英語で日常会話ができない人は、いくらシェークスピアが原文で読めても、一般の英国人や米国人に劣るのでしょうか? そうではないはずです。

ものごとの価値観というのは、なにをもって基準にするかにより、でた結果が変わります。 知能テストにしたところで、それが正確に知能の良しあしが判断できるものではありません。

そういう意味では、一概に「賢い」「愚鈍」ということは断定できないのではないかと思います。 また、世の中には、天才肌が見えると損をすることから、バカのふりをしている人も現実います。 こういう人はけっこう多いです。

ではそういうふりをしている人が、実は愚鈍とはいえないですよね。 愚鈍のふりをしているだけですから、だれもが優秀と思って位人よりも、賢い可能性は高いです。

投稿日時 - 2014-12-23 15:10:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

アホなら、自分より優れた人の能力を完全には
理解できないでしょう。

でも自分より少し上とか、はるかに優れているとかの
大ざっぱな違いはわかるはずです。

自分への評価が低いことを納得するには、それで十分では
ないでしょうか。

投稿日時 - 2014-12-23 11:37:02

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-12-23 13:00:10

ANo.1

筆記テストでわかる問題ではありません。

「会社は社長の器以上には大きくならない」
というのは、有名な言葉ですが、
能力の最高をレベル100、最低のレベル1とします。
レベル100の人は、90と80の違い、50と40の違いが
わかります。
でも、レベル50の人は、50と40の違いはわかっても、
90と80の違いは、「想像」するだけで、
実際には、わからないのですよ。
自分の判定能力を超えているので、判定不能なのです。
しかし、レベル50以上だということはわかります。

もしも、上司がレベル50で、自分がレベル80だった場合、
この上司にどのように当たれば良いのか?
というのは、社会生活で良く直面する壁です。
こんなとき、壁をぶち破ろうとして、跳ね返されて、
不満を持つようになる人が決して少なくありません。
ところが、その上司に可愛がられて、追い抜いて、上に行く者も
いるわけです。
この違いは何か、ということです。
これは、人間力の違いですよ。

会社は組織で成り立っています。
それを無視するものは、許されないのですよ。
これが、基本ルールです。
ならば、上司のために働けばよいのです。
上司がアホであろうが、無能であろうが、関係ない。
それがルールなのです。
そのルールが嫌ならば、会社を辞めれば良い。
人間力のある者は、そんな細かいことは気にしません。
自分が全力を出して、上司のために仕事する、
つまり、組織のために仕事をするのです。
周りの人間は、必ず、見ています。
「A課長の評価が良いのは、部下のBが優秀だからだ」
つまり、この時点で、部下Bは、A課長よりも優秀だと周りに
認めさせたことになります。
しかも、部下Bは、アホなA課長と無用な争いをしない。
器が違う、ということになります。

つまり、差をわからせようと努力するのは、無駄です。
そんな暇があるならば、別にすることがあるはずです。

投稿日時 - 2014-12-23 10:41:28

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-12-23 12:59:49

あなたにオススメの質問