こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

社長個人クレジットカード使用時の会計処理

同族会社の建設会社の経理担当です。社長が現場の部材を社長個人のクレジットで購入しました。
その場合,会計処理はどうすればいいのでしょうか?「諸経費/借入金」でいいのでしょうか?現金勘定を通していないので・・・・

投稿日時 - 2014-12-23 14:55:56

QNo.8867873

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

諸経費/役員借入金 でしょう。

買い先への支払いは済んでいますし社長から買った訳でもないので買掛金とするのは不合理でしょう。

投稿日時 - 2014-12-23 16:54:28

お礼

ありがとうございます。他社でも社長のクレジットカード決済ってありますか?精算の都合もあってあまり煩雑な処理は行いたく無いんですが・・・

投稿日時 - 2014-12-23 16:59:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

貸方「借入金」でも差し支えありませんが、「未払金」(ないし「役員未払金」「社長未払金」など)で差し支えありません。

社長であっても、従業員と同様、一時的に立て替えてもらったものはあえて借入金とせず未払金として差し支えありません。むしろ、金融機関に試算表を提出することなどを考えると、借入金にするまでもない負債を借入金計上するのはあまり好ましくないともいえます。

なお、借方はふだん部材を購入するときに使っている勘定科目で差し支えありません。ただ、ふだん使っている科目に計上することで、実は原価なのに売上原価に含まれていない、実は棚卸対象なのに期間原価にしているなど、原価計算に影響している場合には、ふだんの科目から見直すほうがいいと思います。

また、貸方「現金」は、社長に立て替えてもらった分を現金で精算したときに「未払金/現金」などのかたちで計上することになります。個人のクレジットカードで立て替えてもらった場合、これは現金でも現金と同等のものでもありませんから、現金が動いていないのに貸方「現金」計上するのは不適切な処理です。(資格保有と思しき人の見解のようですが、このような見解を見ると、資格保有者でも定期的に試験を受けさせるべきという意見に肯首できます。)

投稿日時 - 2014-12-24 02:29:56

ANo.3

現金勘定を通していないと言うことですが、今からでも現金で生産をしてはいかがでしょうか。
つまり
 材料仕入れ 1000/ 現金  1080
 仮払消費税  80

という感じの仕訳です。
あるいはとりあえず現金を未払金で仕訳をしておいて精算時に
 未払金  1080/ 現金  1080
でも良いと思いますが、あえて未経過勘定を通すこともないと思います。

クレジット払いは現金払いと実質的に同じですから、なるべく早く本人に返金すると言うことで問題はないと思いますよ。

投稿日時 - 2014-12-23 20:20:19

ANo.1

◎月△日、社長が現場の部材☆☆☆☆☆円(税込)を社長個人のクレジットカードで購入した。

◎月△日の会社の仕訳は:
〔借方〕材料仕入高 ☆☆☆☆☆/〔貸方〕買掛金 ☆☆☆☆☆
※税込経理方式

「借入金」は良くないです。社長に利息を払う約束ではないでしょうから。

投稿日時 - 2014-12-23 15:19:16

あなたにオススメの質問