こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

喪中が重なった場合について

今年2月に父方の祖母が亡くなり、父自身がいつも年賀状を頂く父の関係者(友人・親戚など)に対して喪中ハガキを11月に送付しておりました。ところがその父が12月の末に亡くなりました。
父が亡くなったことを普段年賀状を送って頂いている関係者の方々(通夜・葬儀に参列して頂いた方以外)にお知らせしたいと思います。
そこで寒中見舞いとしてハガキを出すことを考えたのですが、一般的な寒中見舞いの文面を見ていますと賀状を頂いた人に対するお礼という文章が多いような気がします。
今回の場合、すでに祖母の喪中ハガキを送っているために年明けには年賀状はほとんど来ないものと思われます。
年末の喪中ハガキに続いて、年明けに父の死を知らせる文面の寒中見舞いを送ってもよいものでしょうか? それとも寒中見舞いではなく死亡報告とした方がよろしいでしょうか?  その場合、ハガキよりも手紙にするべきでしょうか? アドバイス、宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2014-12-29 16:32:55

QNo.8873962

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

現在では寒中見舞いは葬祭の一つとして使われていますが、元々は
豪雪地域の方々や寒冷地域の方々に見舞いの言葉を告げるために用
いられたのが始まりとされています。それが今では葬祭で使うのが
当然のようになっています。

葬祭での事で書かせて頂きますが、喪中で年賀状が出せない時は、
年明けの寒の入り(今年は1月6日から)から立春の前日(2月3
日)までに寒中見舞いとして出します。
文面にお父さんの死去の事を書くのはタブーですが、今回は12月
末に他界されましたので、例外として簡素に書かれて構いません。

「寒中お見舞い申し上げます。実は昨年の12月○日に父○○が他
界いたし、初春の御挨拶が出来ませんでした。折角ご挨拶頂きまし
たが、ご挨拶出来なかった事をお詫びいたします。皆様におかれま
しても、良き一年になりますよう父に代わりましてお祈りいたしま
ます。」

これは一例で内容的には間違いかも知れませんが、こんな内容でも
構わないと思います。
ただしこれは例外中の例外です。基本的に寒中見舞いを死亡連絡と
して使うのはタブーです。でも年末に他界され既に相手が年賀状を
投函されていますので、今回だけは仕方がないと思います。

基本的にはハガキを用います。封書だと内容が長くなってしまいま
す。出来るだけ簡素にまとめて、相手に直ぐに理解出来る文面が良
いでしょう。

差出人は喪主の方の名にします。あなたの関係する人には喪主の方
の左に添書きで書かれると良いでしょう。

投稿日時 - 2014-12-29 22:04:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

通夜・葬儀の参列者以外ということは
正式にはどうなのか、わかりませんが
私の場合、電話での連絡・11月の喪中はがきの時期に
昨年亡くなりましたとの連絡をいただきました。

投稿日時 - 2014-12-29 19:18:24

ANo.2

送った喪中欠礼はがきは、仏の名前、戒名まで明記して出したんですか?
喪に服しますと言う挨拶状ですから、出した人が亡くなっても、喪中で有ることに変わりないですので、二通は要りません。

質問主様家族が喪に服しますと言うことを表明したのですから、それで十分です。
1番さんが言うように、香典の催促と取られる場合がありますので、行き過ぎた通知は不要です。

投稿日時 - 2014-12-29 17:16:48

ANo.1

>一般的な寒中見舞いの文面を見ていますと賀状を頂いた人に対するお礼…

現実問題としてはそうなんでしょうけど、大きな勘違いです。
寒中見舞は死亡通知でも年賀状の代用品でもありません。
暑中見舞と同じ季節の挨拶状です。
寒い時期だから身体をいたわってくださいという意味で出すものであり、ふだん暑中見舞など書いたことのない人が寒中見舞を書くのもおかしな話なのです。

>それとも寒中見舞いではなく死亡報告とした方が…

死亡報告って、通夜葬儀にお参りいただいた人の他に、広く知らせなければいけないほど父は著名人だったのですか。
それならはがきうんぬんなどと言っていないで、新聞に黒枠で囲った「死亡広告」を載せてもらえば良かったのです。

しかも、はがきであろうが手紙であろうが、わざわざ個別に郵便が送られてきたら、香典の督促と受け取られますよ。
大変失礼ながら、父もあなたも一介の市民に過ぎないのなら、通夜葬儀にお参りいただけなかった人までは、風の便りに任せるだけにしておくべきですよ。

>父自身がいつも年賀状を頂く父の関係者(友人・親戚など)に対して喪中ハガキを11月に送付…

それは、父自身の年賀欠礼あいさつでしょう。
父が出した範囲とは別に、あなたのおつきあい範囲に出したいのなら、それはそれであなたの名前で年賀欠礼はがきを出せば良いのです。
今からパソコンで作れば大晦日までの消印はじゅうぶん付きますよ。

年賀状を出してしまっているのなら、お金はかかりますが取り戻し請求という道もあります。
まあ、こちらはあと 2日で間に合うかどうかは分かりませんけど。

投稿日時 - 2014-12-29 17:03:23

あなたにオススメの質問