こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

子宮筋腫、全摘悩んでます(長文です)

39歳既婚、子ども小学生ひとりいます。筋腫は以前から指摘されていましたが症状もなくそのままでした。一年半前より生理前の症状緩和を主目的とし低用量ピルを服用開始し、その半年後くらいから消退出血の量が驚くほど増えました。その頃から体がしんどかったのですが「歳のせいかな」と思い仕事も普通にしていました。
先月頚がんの検診で婦人科に行き、採血するとヘモグロビン7.2でした。
手術の出来る病院でMRIを撮り、筋腫は4個でどれも筋層内で大きさ各1~2cm、その内ひとつが粘膜に近いようでした。子宮そのものは9cmほどとのこと。
今後子どもを産む予定を聞かれ「もうない」と答えると膣式での全摘の流れになり3月末に手術予定となりました。生理を止める注射は怖かったのでやめてもらい、それまでにフェジンで貧血を改善させ、ピルは手術1ヶ月前に止めるよう言われました。
悩んでいるのは、確かに貧血という症状はでていますが筋腫そのものは小さく筋層内、取る必要性があるのかということ、しかし後10年は生理が続くとして筋腫がより大きくなってさらに貧血も進み、2~3年後とかにやっぱりしんどいと手術するくらいなら膣式で出来る今してしまったほうが楽だとも思います‥。生理2日目は出血が多すぎて仕事にならないのでピルを調節し休みの日にあたるようにしてきていたので、その生理から解放されるというのも魅力です…。貧血が治ったら今までしんどくてできなかった子どもとボール遊びや縄とびなんかも一緒に出来るようになるかな、と考えたりもします…。
客観的にみてみなさんならどうされますか?
色々な意見を聞かせていただければと思います。

投稿日時 - 2015-01-10 13:48:43

QNo.8886433

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

【客観的にみてみなさんならどうされますか?】
皆さんの一人だとおもって、考えました、ただ、もう、通り過ぎてしまった道(笑)ではあるのですが。

今現在、筋腫そのものが問題ではないわけですよね?
とるなら、今のうちにとったほうが、術式として選択できる術式であるから・・・・という、そんな風にしか
読めませんが。
大きくなる、さらにひどくなる・・・という絶対な保証?もない。
さらに、あなたは、貧血ということに積極的に食生活など取り組んできましたか?
これもまた、いかがですか?

今現在の問題は、’貧血’それも、【一年半前より生理前の症状緩和を主目的とし低用量ピルを服用開始し、その半年後くらいから消退出血の量が驚くほど増えました。】だということなら、
そもそもの、ピルをやめてみて、様子を見るという事だって、ありませんか?
エイジングにより、月経に対する反応もまた、そのころとは違っているかもしれない。
そして、やめたら命に別状がすぐにあるという投薬でもないし。
ただし、更年期はすぐそこにやってきてます、これは誰も同じ。

自分でできることをまずは、試行錯誤して、逃げ切り(閉経)を私なら、待ちます、大体50ぐらいまでです。

そしてね、【生理を止める注射は怖かったのでやめてもらい、】これについては、あなたの選択は大正解です。
それこそ、全国的に実力のアルある武道の’達人’の友人(女性ですもちろん笑)がいます。
私と同じような年ですが、なんと骨量がもう3年前に60%を下回ってるということで
本人も、何かの間違いではないかと、話が飲み会の席でありました。

あれやこれやとさかのぼって話を聞いていると、そう、筋腫による、貧血対策として
40のころに、止めたんですね、都合2回トータルで1年ほど、切るのがいやで。
その結果がわかったのが、60過ぎてから、このままだと骨粗しょう症だと。
それまでは、’この骨太であるはずの私が、骨粗しょう症?あるわけないでしょう’というわけです。

わたしなら、まずは、徹底的に食べることでの貧血対策を日々する。
それから、ピルをやめてみて様子見。
なんだかんだと、5年は逃げてみます。
人間の体に、余分な臓器があるとは思いませんので。
実際、それに近い対策でしのいできました、53まで。

私なら・・・ということでの、’お話’です。

投稿日時 - 2015-01-10 14:18:36

お礼

回答ありがとうございます。
そうですね、自分の体なのだから食事等、まず自分でできることをしっかりしてから手術は考えていきたいと思います。
ピルは婦人科の医師3名と話す機会がありましたが、どの医師にも「飲んでいてその出血量(止めると増える)」という意味合いの事を言われました。でも思い切って止める選択もありだと思いました。
参考になりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-01-13 18:18:32

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

色々な意見をということですので投稿します。

子宮筋腫も腫瘍です。増殖する遺伝子を持つ細胞の増殖です。
私は、協力医と定例会を設け、ハスミワクチンという癌ワクチンの内容や効果の説明をしている者です。

腫瘍は増殖するために血液を必要とします。2センチ程度のものであっても数個あるとすれば総量はある程度有ることから貧血が起きるのではないでしょうか?

ハスミワクチンというものは癌に限らず良性の腫瘍にも有効な免疫療法です。
子宮筋腫にも多くの症例が有りましょう。
それほど大きくありませんから、なさったらまず症状の改善を実感し、消失する可能性が高いと思います。
一応受診窓口などを記しますので問い合わせされたらよろしいかと思います。

ハスミワクチンはBSL48クリニックが受診窓口です。
http://bsl-48.com/hasumi.html

以下の協力医からもBSLに手続きができます。
1週間ほどでご自宅にワクチンが届きます。
ワクチンに対して先生方の利益はありませんので失礼のないよう望みます。

大阪の協力医は田中クリニック
http://www.tanaka-cl.com/vaccine_02-2.html
広島の協力医は永山医院。すぎな会という患者会もお持ちです。
http://www.nagayama-cl.com/original4.html#ank02
http://www.nagayama-cl.com/original7.html
徳島はホームページはお持ちではありませんが天羽(あもう)クリニックです。
定例会にもご協力頂いています。
http://byoinnavi.jp/clinic/95393

私の妻の例を付け加えますが、巨大子宮筋腫で子供の頭ほどもありました。
ハスミワクチンをしましたが、改善はするものの貧血が余りにもひどく、結局は全摘しました。
あまり大きすぎるとなかなか困難です。
妻の場合は、ワクチンを始めると、ザクロの実のような透明感のあるゼリー状のものがボトボトと降りだしたとのことです。

協力医の中で永山先生は、長い経験を持ち、患者会もお持ちの女医さんです。
お電話でもお手すきでしたらお話できるかと思います。

投稿日時 - 2015-01-15 12:24:22

お礼

ありがとうございます。
そのようなワクチンがあるんですね。
新しい情報を知ることができました。

まだしばらく色々検討する時間があるので後悔のない選択をしたいと思います。
皆様ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-01-18 01:54:26

私は40代ですが、子宮全摘を進められました。
私も数個ある筋腫の内ひとつが粘膜に近く嚢胞(粘膜の塊?)もありました。

切ろうと言われたのは嚢胞が1.5cm→2.2→4cm→3.6cm→3.1cmと変動したためです。
というわけで、全摘をお勧めされたのですが、毎年行ってる会社の健康診断の病院でセカンドオピニオンでみてもらうと、年齢を考えると閉経まで逃げ切りましょうという結果になりそのまま切らずにいます。

逃げ切る理由として腫瘍マーカーなどの数字が問題ないこと、セカンドオピニオンの病院で3か月間、筋腫の大きさに変化がないことをあげていました。
今もそのままにして4カ月に1度診てもらっています。

不安ならぜひともセカンドオピニオンを。
まだお若いから逃げ切りは難しいと判断されると手術をするみたいですが、納得いかないままの手術はよくないと思います。

お大事に。

投稿日時 - 2015-01-10 15:50:56

お礼

回答ありがとうございます。
セカンドオピニオンが受けられそうな病院をさがしてみます。手術せずに後10年逃げられればいいのですが…
命には関わらないよくある疾患とはいえ、日常生活に支障の出るこの病気はほんと面倒ですね…

投稿日時 - 2015-01-13 18:46:34

あなたにオススメの質問