こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Windows10無償配布?!

ニュースで出てますが、これって、いまWin7とかWin8を使用している者には無償で配布されるということですが、これは...

現行のWin7とかWin8はそのままで、新たにWin10がもらえるということでしょうか。それとも、現行のWindowsに変えてWin10をインストールし直すということでしょうか。

どなたかそのへんの情報、お分かりの方おられましたら、ご教授お願いしたいのですが。

よろしく。

投稿日時 - 2015-01-23 10:49:15

QNo.8901105

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

マイクロソフトも商売をする企業ですからね。

Q/現行のWin7とかWin8はそのままで、新たにWin10がもらえるということでしょうか。

A/貰えるわけではありません。Windows7と8.1ユーザー(カンファ内容では8.1と明確に述べているため、8→8.1は無償でできますが、予め8.1にアップグレードしておく必要があるかもしれません)に対して、販売開始から1年間限定でアップグレードを行う権利を無償化するというものです。期間は1年であり、アップグレード用のディスクを要求する場合は、ディスク代が実費で掛かるでしょう。

通常はインターネットからのISOファイル(ライブディスク)のダウンロードになると思われます。もし比較的簡単に、可能であれば8.1に関してはSTOREアプリからの入手や8.1への機能の追加(コントロールパネル)での入手が可能かも知れません。たぶん、Technical Previewの現実を見ると出来るかどうか微妙ですけど。

尚、指定する1年が経過してから、アップグレードの申請をするとお金が掛かります。(現時点では1年経過後の価格は未定)ただし、それまでに申請した人は、ライセンスキーが発光されるはずですから、それさえあればアップグレードはいつでも可能になるはずです。

Q/現行のWindowsに変えてWin10をインストールし直すということでしょうか。

A/現在インストールされているWindows環境を削除してインストールすることになります。ただし、アップグレードインストールの場合は、作成データの移行は最低限可能になるはずです。それ以外の設定データなどは、Windows7からはまず不可能(8.1でもできませんので)と思われます。

尚、アップグレード版では共存インストール(Dual Boot)は許諾されないはずです。

この情報は一部これまでのマイクロソフトの配布方法に基づく、推測を含んでおり、詳細は追ってマイクロソフトから発表されます。

まあ、今年はマ社が行うイベントは毎月のように結構ありますので、今全ての情報を探さなくとも、時期が近づけば出てきますよ。
ちなみに、その時期は、最短で8月(RTM)、9月~10月までに製品化されるでしょう。早ければ、3月のMobile World Congress 2015か、4月の終わりから5月1日にあるBuild 2015でもう少し詳しい情報がでるかもしれませんし・・・。まあ、あまり焦って調べないことです。下手をすると、十分な根拠のない情報に騙される恐れもありますから。

投稿日時 - 2015-01-23 11:21:30

補足

ありがとうございます。

>それまでに申請した人は、ライセンスキーが発光されるはずですから、それさえあればアップグレードはいつでも可能になるはずです。

なるほど。

Win7は2020年初頭まで使えるからそういうことでしょうね。

詳細な説明ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-01-23 15:29:23

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

windows 7 自作マシーンでWindows 10をダウンロードしました。
ダウンロードしたファイルはisoイメージでDVDに書き込みました。
このDVDから起動するとWindows 10をインストール出来ます。
OS起動時Windows7を選ぶことも出来ます。今まで使っていた7がそのままつかえます。
プロダクトIDの要求はありませんでした。
英語版なので英語に弱い私は苦戦してます。
ダウンロードサイトは覚えてません。マクロソフトには見つかりませんでした。
日本語サイトもパッチも見つかりません。
以上幼稚な経験談ご参考に。

投稿日時 - 2015-01-23 13:08:51

補足

ありがとうございます。

ほぅ、そうですか。
そういうこともあるんですね。

私のも自作なのである程度は融通が利くと思うのですが。

投稿日時 - 2015-01-23 15:37:20

ANo.4

Windows7からWindows8の時は、期間限定で1000円(だったかな?)でアップグレードできました。
今回もそれと同じなのかもしれません。

その時は、Windows7のプロダクトキーを入力すると、そのIDに紐付けされた、
Winodws8のプロダクトキーが発行されます。

アップデート方法は、インターネットでアップデートする方法と、
ISOファイルをダウンロードしてDVDに焼いてアップデートする方法がありました。

DISKの場合、新規インストールができるかどうかは、やってみないとわかりません。

ただしWindows8から8.1のアップグレード用のISOファイルはなかったと思います。

投稿日時 - 2015-01-23 11:44:46

補足

ありがとうございます。

なるほど、そのやり方が一番可能性が高いでしょうね。
だから、Win10でもそのようになるはずですよね。

投稿日時 - 2015-01-23 15:35:13

ANo.3

ZX4

http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1501/22/news043.html

windows10の発売後、1年の期間限定でwindows7、8.1環境で使っている人は無償でアップデートできる、との事です。(つまりダウンロードでの対応)

windows10はwin7以降の場合、環境などを引き継いでアップデートが可能、となっていますので、煩雑な初期設定などをする必要はありませんが、インストスールすればwindows7/8環境は当然消える事となります。

出たばかりのOSには開発中には解らなかった問題点などが出てくるのが常ですし、インストールするにしてもある程度問題点が出尽くしたのを自分で判断する必要はあると思います。
それとメーカー製PCなどをお使いの場合、win10用のパッチプログラムなどが必要な場合があります。

発売後すぐに、と言うわけには行かないでしょうが、その場合メーカーに問い合わせる、パッチが公開されるのを待つなどの手間が必要です。

投稿日時 - 2015-01-23 11:39:24

補足

ありがとうございます。

確かに、出たばかりのOSをインストールするのはそれなりにリスクもありますよね。

実際のところはやってみなければわからない。
地デジチューナーとかも、ドライバーがなければ当然使えないわけですから。

投稿日時 - 2015-01-23 15:33:43

常識的に考えて、アップグレード可能ということでしょう。
Windows7 8 8.1からインターネット経由でWindows10へ、バージョンアップです。

今回マイクロソフト社がWindows10を無償配布することは、Androidなどにタブレットや携帯端末のOSを一気に奪われないよう囲い込んでしまいたいという目論見ですね。
企業に売るOEM版Windowsと較べて個人がアップグレードするWIndowsなんて数もコストも知れていますが、わざわざDVDメディア配布など金がかかることはせずネットで配信という形になると思われます。

投稿日時 - 2015-01-23 10:55:31

補足

ありがとうございます。

そうでしょうね。

ネットからダウンロードでしょうね。ただ、そのパソコンでドライバーとかが問題なく使えるかどうかですね。

しかし、セコイことを言うようですが、仮に現在使用中のWin7からアップロードして、何年かしてそのハードディスクが壊れでもしたらもう終わりということでしょうか。

投稿日時 - 2015-01-23 15:25:22

あなたにオススメの質問