こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

人間関係のストレスをなくす方法

・会話を一切禁止する(これを無視してネットや電話で会話をして万が一トラブルがあった場合は自己責任とする)
・マスク着用で顔が見えないようにする
・相手に本名を教えない
・極力一ヶ所に人を集めない。なるべく一人にする
・教師(職場の場合は上司)の指示は、その内容は他者によって推敲された上でメールで送られてくる。
アドラーは、人間の悩みは全て人間関係が原因であると述べています。それを極力排除した社会は(良い意味悪い意味両方で)どうなるか、気になります。まず、人間は機械のようになると思います。男女の性的な交わりもなくなって、人工受精システムが主流になってきます。そして生まれてきた子は幼い頃から一人の空間で、社会で作られた「試行錯誤とアップデートを重ねてできた現在進行形のマニュアル」を読まされるのだとおもいます。やがてそのマニュアルはこの世界の聖書になるでしょうね。妄想がはかどります(´・ω・`)(一般的に言われるユダヤ教の教育と似ているような似てないような)

もちろん上記は極端な例です。人間関係のトラブル、ストレスを減らすための、皆様の「現実的な」アイデアを教えてください。妄想がはかどりすぎました。長文失礼しました。

投稿日時 - 2015-01-25 23:30:14

QNo.8904133

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

>アドラーは、人間の悩みは全て人間関係が原因である
病気は?

居住空間を一人一人別々にする。学校の教室もトイレも個人用に設置。
そもそも学校や職場等という一ヶ所の空間に人間をいくつも押し込むから
人間同士の争いが起こるのであって、別々の空間にいれば
会話・マスク・名前等必要がなくなる。

人間関係がなくなるから、それを元に作られる
絵・音楽・小説・演劇・映画・漫画 芸術と娯楽の類が一切消える。
服飾・宝飾も消える。料理も消える。
最低限の繊維業・食品加工業・
ビジネスホテルの小部屋のようなものを作る建築技術・それを建てる場所を作る土木技術は残る。

メールも不和の原因になるから、人間は入力(勉強)・出力(仕事)のみして
まとめるのは機械がする。現実と逆のシステムにすると良い。

投稿日時 - 2015-01-26 22:07:36

ANo.5

シンプルなこってす。

「何に対しても執着しない」 これに尽きます。

今ひそかにブームなアドラーの「嫌われる勇気」では、
最終的に「他者貢献」を謳っていますよね。

いろんな人がいろんな主観で暮らしています。
なので、自分の主観でいちいち深くアレコレ考えても、
厄介な人間関係はなかなか解決しません。

色んな輩が居やがるので、ややこしい訳です。
なんでそんな奴に貢献せにゃならんの? と人は思います。

しかし、もしも自分に執着が全くなければ、
そんな奴や人とのアレコレはどうでも良くなります。

そんななかであえて、自分は自分の「善」をもって、その人に手を差し伸べる。
差しのべた手を取ってもらえるかどうかには、執着しない。

そこが「嫌われる勇気」ってことで、言い換えると「執着しない」になります。

もしも差しのべた手を受け取ってもらえた時、人は嬉しくなります。
「ここにいても良いんだ」と、生きる希望が湧いてきます。

自分の主観に基づいて、人ととの「和」を大切にしますが、
上手くいかなくても執着しないってとこに、
人間関係においてのストレスフリーな暮らしがあります。

その差し伸べる手が「他者貢献」だったりします。
その人の意見に異論を唱えない行為さえも、他者貢献になるときがあります。

・・ただし、執着しないってことが簡単じゃありません!
これが簡単じゃないんですよね。
みんな欲があるから。

でも、人生経験を積んだ挙句、執着から解き放たれる時があります。
すると、良い人間関係だけが見えて来るようになります。

そこにはストレスフリーな、良い人間関係が次々と見えてきます。

たぶん、貴殿の楽しい妄想♪のように、
人間関係をことごとく排除したところでストレスは溜まります。

お喋り相手や遊び友達、苦労を共にした同僚、
運命共同体的な家族などが無い人社会では、
自分を癒し勇気づけてくれるような心温まる良いものは、何も生まれてきません。

ダラけた文章になりましたが、私なりに手を差し伸べてみました(笑

投稿日時 - 2015-01-26 18:39:56

ANo.4

人間関係のトラブルと言いますけど
まったくの他人とはストレスもそれほどないので
固定された近い関係でしか感じないと思いますけど。
多くの人は
子供の頃から地域や学校でそんな関係つくりを練習し訓練してきているので
人間関係でストレスを感じる人が多ければ
もっと体系的に訓練する必要があるのではないですかね。
失敗の経験もさせて精神的に鍛えないと
行動も制限されたものになるでしょうし、失敗のダメージも大きいと思います。
昔、試験的にサテライトオフィスとか在宅勤務を試行した企業がありましたが
多くの従業員は出勤義務がなくても出勤していたと記憶しています。
駄目な上司の愚痴で一杯飲むのも、叱られて恐縮するのも
人生のひとつのイベントであって無ければ寂しいのではないですかね。
職が無かったり、仕事やすることがないっていうのも大きなストレスですし。
何の為に生きるの、何の為に働くのっていうことに行き着くのではないですか。
関係を排除し個で生きるのに人間としての尊厳はあるのでしょうか。

投稿日時 - 2015-01-26 08:53:28

ANo.3

人間関係のトラブル、ストレスを減らすには 問題が少ないうちにルールをきめることですかね
不満がでたら不満のある本人にルールを変えてもらう 変えるのが面倒ならルールに従ってもらう

投稿日時 - 2015-01-26 06:59:10

ANo.2

面白い話ですね。

ただ、・・・それだと
「寂しい」「人恋しい」というストレスを
自分は感じそうです。

じゃあ、どんな方法があるかといえば
一般的で 面白くもない意見ですが
まず、全ての人が 
「相手を傷つけない物の言い方」を身につけることです。

文句も 苦情も 断りも 要請も
物の言い方一つで
相手に与える印象が うんと変わってきますよね。


次に
「人間は 完璧ではない。」「人間は 誰でも 失敗をする。」
という認識を 皆が共通理解すること。そして
「仕事にも互いに完璧を求めない」
というスタイルを 世の中に浸透させることです。

失敗したときに
「ごめん。間違っちゃいました。」
「いいよ。私なんて しょっちゅう間違うんだから。」
と、言い合える世の中は ストレスが少ないと思います。

(もちろん 医学の世界とか 安全に携わる職業には
 完璧が求められますが それは ヒューマンエラーを想定し
 多くの目でチェックすれば 解決できる問題です。)

というわけで ストレスのない世の中のためには
(1) 相手を傷つけないものの言い方を小さいときから練習する
(2) 失敗を理解し 許しあえる世の中作りをする

です。
すみません。普通すぎて 面白くないですね!

投稿日時 - 2015-01-26 00:20:34

資本主義を一切排し、幼い頃からサバイバル術を伝授させる。
人に葉緑素を埋め込み、光合成できるようにする。

要は仕事しなければ食っていけないという発想がなくなる社会にすることです。
誰かの下で仕事しない、媚びない。
自分で食料を調達し、自由な場所へ行き、旅するのがあたりまえ。

これによって人間関係は完全に自由になります。

ぼくの妄想はもっと激しいですね。

投稿日時 - 2015-01-26 00:04:52

あなたにオススメの質問