こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

スペイン語のlとrの発音の違い

こんにちは。
スペイン語をアメリカで習っている高校生なのですが、英語を話す人はみんなrを英語のrで発音してしまっています。rrの巻き舌もできていないようです。

私は巻き舌はできるし、発音もいいと先生から褒められて、とても嬉しかったのですが、ふと考えたら、私はlとrの違いがわかりません。
スペイン語ビデオをいくつか見たのですが、どれもlに聞こえてしまいます。英語のlとrの違いははっきりわかるのですが……。
lとrの違いとは、いったいどこにあるのでしょうか。
メキシコ人の友達に聞いたら、それはスペイン語圏のひとたちがvとbの違いがわからないのと同じと言われ、ますますわからなくなりました。
ネイティブから聞いたらそんなにあからさまな違いなのでしょうか。

投稿日時 - 2015-01-27 15:59:50

QNo.8905677

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>lとrの違いとは、いったいどこにあるのでしょうか。
⇒以下のとおりお答えします。

l と r とは、確かに紛らわしいですね。どちらも流音の仲間なので、それだけ似ているということですね。流音とは、「空気(呼気)の流れを利用して音をつくる」という意味で、lとrの違いは、その「空気の流れを利用する」仕方がちょっと違うんですね。

l の発音:舌先を伸ばして歯茎に軽く触れ、空気(=呼気)が舌の両側面を通って流れて外へ出るように発音します。それで、この音のことを(流音の下位区分としての)「側音」とか「側面音」と言います。

r の発音:舌先を硬口蓋に近づけて巻き込み、舌面にできるかすかな凹面部分に呼気を強く当てて舌先を震わせます。1回振動するとrの音、3,4回振動するとrrの音になります。これらは、それぞれ「単振動音」「多振動音」と言われます。

caló-caro-carro や pelo-pero-perro などの、いわゆる minimal pair 「最少対立」(問題の部分の音だけが異なり、他の部分はすべて同じ音を持つ語の対)で区別を練習するといいかも知れませんね。この区別ができないと、「彼女の“しかし”がそよ風になびいている」とか、「あ、“髪の毛”が吠えている!」などと、トホホなこと言ってしまうことになりますね。

以上、ご回答まで。

投稿日時 - 2015-01-27 22:15:00

お礼

それは本当にトホホですね……。
rは弾くような感じで、lは英語のlのような感じで、ということでよろしいのでしょうか。
ただいまひとりで発音練習しています。

わかりやすい説明をありがとうございました。
発音練習、頑張ります!

投稿日時 - 2015-01-28 16:19:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

19人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

 #1です。捕足です。

 スペイン語を、ネイティブのように話すのが目的なら別ですが、意志を通じるのが目的なら r と l を間違えたぐらいで、訳が分からないメキシコの人って少ないですよ。

 分からなければ問い返せばいいだけで、実際問題にはならないと思います。

 「ネイティブから聞いたらそんなにあからさまな違いなのでしょうか」というご質問ですが

 「あからさま」に違いますが、そうだからと言って、僕は、そのために意図が分からない、と言うほど頭脳の回転の遅いネイティブに会ったことは一度もありません。

投稿日時 - 2015-01-28 02:58:29

お礼

なるほど……。
確かに私の言っていることは通じているのですが、どうしても発音のよさに固執したくなってしまうのですよね。
でも、意思疎通ができれば問題ないです、よね。完璧にならないと話したくないという典型的にダメな主義から脱却しなければいけませんね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-01-28 16:16:07

ANo.3

メキシコ原産地のスペイン語母語ですが、「RとL」「BとV」もまったく違った発音ですよ。こちらで20年くらい住んでいる日本人でも、「RとL」は「R」発音ですから、日本人の耳ではこの聴覚能力がないと思います。反対にわたしは、日本語の「夜」の発音ができなくて。どうしても「ヨル」と聞こえるようになっても「ジョル」と30年間くらいは発音していました。アルゼンチンの人は「ショル」ですが。

自分の耳で聞き取れないものを、頭の中で考えて発音しても無理ですよ。あっさり諦め~た精神になり2~30年もすると何となく分かってきます。メキシコ人が鶏の鳴き声が「キ・キッキリキー」と擬音化で発声するように、「コケ・コッコー」って聞こえなくなったら、NAITIVEみたいに発音ができるようになりますが、こんどは日本発音がおかしくなります。

アメリカ英語訛りのスペイン語って、日本人よりも、もっと滑稽的発音です。スペイン語メキシコ弁は、日本人にとって、聞き取りやすい言葉なので、マネがしやすい、上達もアメリカ人よりは遥かに早いので、メキシコ人でも理解できない文法など後回しで、まずは会話ができるようにからです。とにかく、まず相手の言うことを理解し、自分の意思をじぶんの口から言えるようになることです。

それから、余談ですが、メキシコ弁を理解できるようになると、英語が物凄く早く上達する副作用があります。

投稿日時 - 2015-01-27 23:54:04

お礼

bとvも違う発音なのですか。驚きです。
でもなぜか留学生のメキシコ人の女の子は発音できないのですよね……。
2~30年ですか、なかなか気の長い話ですが、その時までスペイン語とお付き合うする機会があることを願います

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-01-28 16:16:21

ANo.1

1. lとrの違いとは、いったいどこにあるのでしょうか。

ご参考までに
 http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktakuya/pronun01.htm
 http://matome.naver.jp/odai/2138197791046483901
 https://www.youtube.com/watch?v=MtapaW_uDfU

2。ネイティブから聞いたらそんなにあからさまな違いなのでしょうか。

 それはやはり「毛」とか「毛皮」を意味する pelo と、「でも」とか「しかし」を意味する pero、「犬」を意味する巻き舌の perro とは、違います。

メキシコ人のお友達に言ってもらって耳をならすといいと思います。

投稿日時 - 2015-01-27 16:18:24

お礼

ご回答ありがとうございました!
友達にtutoringを頼んで根気づよくやろうと思います。

投稿日時 - 2015-01-28 16:13:27

あなたにオススメの質問