こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

和訳教えてください。

Newspapers can't be first with the news as television and radio are, so they must offer their reader something different. Events must be explained so that results are understandable to the reader. The story of what caused the news must be told.
Many newspapers are already preparing to meet this need. Today's front pages explain the news as they report it. During the weekends newspapers are filled with stories of such things as politics and would problems. Reporting the news is not enough in today's fast-moving world. It is not enough for newspapers readers to know what happened. They must also know why it happened and what it will do to their country, their city and themselves.
For many years newspapers were only expected to report facts. Readers had to do their own explaining. But most readers did not know enough of what was happening behind the news to be able to explain or understand it. That is why news magazines such as Vision, in Latin America, and others around the world were started. They did the job which most newspapers were not then doing―going behind the news to explain why it happened.
Explaining the news is not giving an opinion. It is telling as much as possible about an event to let readers know what caused it. For example, they should know about the downfall of agovernment in Latin America, but should also understand what caused that downfall. Saying only that a government of a South America country has fallen is not enough. It would be better to make readers understand the real problms which caused the collapse.

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-01-28 22:12:29

QNo.8906626

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

以下のとおりお答えします。(最終段落のagovernment, South America, problmsは、それぞれa government, South American, problemsの誤植とみなして訳しました。)

ニュースに関しては、テレビやラジオに伍して新聞が1番手であるはずはないのだから、それは何か違うものを読者に提供しなければならない。出来事などについては、読者にとって結果が理解しやすいように説明されなければならない。ニュースの原因となった、元々の話が語られなければならない。

すでに多くの新聞がこの必要を満たすべく準備を進めている。今日の第一面は、ニュースを報道しつつ、説明を加えている。週末あたりの新聞は、政治関連の物語が満載で、時折問題にもなった。今日のような動きの速い世界では、(新聞での)ニュース報道は十分な用をなさない。新聞購読者にとって、何が起こったかを知るだけでは十分ではないのだ。それだけでなく、それがなぜ起こり、自分の国や町や自分自身にどう関わってくるか、というようなことも知りたいに違いないのである。

長年の間、新聞は事実を報告することだけが期待されてきた。読者自身が、自分に説明しなければならなかった。しかしほとんどの読者が、ニュースを説明したり理解したりするためにその背後で起きていることを十分知っていたわけではない。このことが、ラテンアメリカの「ビジョン」その他世界中でニュース雑誌が始まった理由なのである。それは、その頃ほとんどの新聞がしていなかった仕事 ― なぜそれが起こったかを説明するためにニュースの背後をえぐること ― をしたのである。

ニュースを説明することは、意見を述べることではない。ある出来事が何によって引き起こされたかを読者に知らせるべく、可能な限り多く語るべきなのである。例えば、彼らはラテンアメリカの政府の転落を知っているだろうけれども、その転落を起こした事柄も理解すべきなのである。南米の某国政府が倒れた、と言うだけでは十分ではない。崩壊を起こした本当の問題点を読者に理解させることこそ、より望まれることに違いない。

投稿日時 - 2015-01-29 09:57:51