こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

平和のための戦争?

こんにちは、
中3(受験は終わりました)です。

先日、公民の授業で現代社会の戦争・紛争について学びました。
その中で先生が「アメリカはイラク戦争の後、日本にGHQが来た時のように、米兵をおいてイラクを資本主義国にしようとしました」と言っていて、私はなんでわざわざ資本主義にしたがるのかが気になったので授業の後に聞きに行きました。
先生は「アメリカは資本主義がいい考え方と考えていて、世界中を資本主義にして平和な世界にしようとしてるんだ」と言っていたのですが、
それを聞くと、平和な世界にしたいなら、戦争なんて始めなきゃいいのにと思いました。すると先生は「矛盾しているようだけど、平和のために戦争をしてるんだよ」みたいなことを言っていました。
正直意味わからなかったです。
平和のためには多少の犠牲は必要ってことですかね?


先生の説明が間違って聞いているところがあるかもしれませんが、だいたいこんな感じでした。

●なんでアメリカは戦争の後に、資本主義国にしようとするんですか?

●世界が平和になるには戦争で解決しないといけないんですか?


気になってもやもやします…
回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-02-01 08:50:35

QNo.8908703

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

アメリカにとって、他国の自由とは自国が参入する機会が提供されていることです。
アメリカは現在世界最大の経済大国であるため、他国を自分の土俵である資本主義(正しくは自由経済)にするだけで利益が見込めるのです。
そのために親米派の政治家を置いたりする必要はなくて(もちろんその方が利益が上がるのでやろうとはしますが)、彼らの言う通りバイアスのない自由を実現するだけで一定の成果は得られます。

平和に戦争が必要というのは確かなことではありません。
そもそも人類は戦争を終わらせようと試みる段階にすら達していませんから。
やろうとすらしていないことをできないなんて言うのはおかしな話です。
有史以来、戦争という手段を選ぶ理由は、それが最も効果的で効率的な方法だから(あるいはそう勘違いしたから)です。
他に選択肢が無かったなんていうのは十中八九嘘です。

ですが、じゃあ戦争をせずに時間をかけて平和的に解決していれば良かったかと言うと、そうとも限らないと思います。
悪政が続き国民が飢え死にしているのにそんなのんびり平和的に解決していては逆に犠牲者は増えたかもしれません。
あるいは平和的な方法が戦争よりも極めて成功率が低い場合、失敗するリスクを負ってまで平和的な方法を選ぶのは難しいことです。
戦争を完全に無くすにはそんな状況でも平和的な方法を選ばなければならないので、『戦わなければいいじゃない』という生易しいことではないのです。

投稿日時 - 2015-02-01 11:19:26

お礼

回答ありがとうございました

私は今まで、「戦争なんかしないで、平和に話し合って解決すればいいじゃないか」と思っていました。でも、koakinoさんの回答を読んで、そんな簡単な事じゃないんだということに気づきました。
平和ボケしすぎですね、私。

アメリカが自由経済を広める訳も、わかりやすかったです。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-02-01 12:13:01

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

俺が言えるのは「堕落性本性を取り除けば解決する」と言う事までです

後は あなたや これを閲覧する人の自由・・・


取り除く方法を見つけ出し それを実行するのも 何もかも全て・・・

学校だって同じ・・生徒が出願して入試テストを受ける・・

先生が頼み込んで 生徒を募集するのでは無いのです・・

じゃ(^o^)/

投稿日時 - 2015-02-01 11:32:45

お礼

>後は あなたや これを閲覧する人の自由・・・

そうですね!
回答ありがとうございました

投稿日時 - 2015-02-01 12:15:57

ANo.6

●なんでアメリカは戦争の後に、資本主義国にしようとするんですか?

その先生は、資本主義国の意味をよく知らない
みたいですね。
米国は資本主義の国にしようとした訳では
ありません。
親米政権を造ろうとしただけです。
イラクが親米になれば、それは米国の利益に
なるからです。


●世界が平和になるには戦争で解決しないといけないんですか?
    ↑
米国は平和の為に戦争した訳ではありません。
石油の為です。
これは国際政治学者の間では通説です。

でも、石油が目的だ、なんてことは言えませんので
民主化だとか平和の為だ、ということをいって
誤魔化しているのです。

これは米国に限りません。
日本もです。
歴史を学びましょう。

徳川家康は鐘に刻まれた文字を口実にして豊臣家を
攻撃しました。
学校の歴史で習いませんでしたか?
平和の為という口実は、この鐘の文字と同じです。

これを大義名分といいます。
本当の目的と大義名分は異なります。

大義名分をいくら見つめていても、真実は見えて
きません。

投稿日時 - 2015-02-01 10:30:40

補足

回答ありがとうございました

なるほどです。
でも、
イラクは親米にしたら石油が手に 入りやすくなってメリットがありますが、日本は資源が少ないのに、なんで民主化(?)させる必要があったのでしょうか?

投稿日時 - 2015-02-01 10:56:57

ANo.5

>なんでアメリカは戦争の後に、資本主義国にしようとするんですか?

先生の言われていることは正しいですが、アメリカがイラク解放後にしたかったことは、日本のような議会制民主主義の自由民主主義国です。資本主義国ではありません。(失敗しましたけどね)
でも先生が資本主義国と言い間違われたのには理由があります。自由民主主義の国は例外なく資本主義経済だからです。資本主義でない民主主義国はありません。だから資本主義国と言ってもさほどの間違いではありません。半分正しいです。日本も代表的な資本主義国ですから。

>世界が平和になるには戦争で解決しないといけないんですか?

論法が間違っています。戦争が平和にするのではなく、戦争があるから平和ではないのです。話が逆です。起きてしまった戦争は、戦争以外の方法では解決できません。戦争を仕掛ける相手に対し、戦争以外の方法で戦争をやめさせられません。そう言う意味で戦争は必要悪でもあるのです。先生はそう言う意味でおっしゃったのでしょう。地球上には必ずしも利害が一致しない国や民族が同居していますから、戦争がなくなることはありません。戦争が起きてしまったあとの対処は誰かがしなければなりません。それには多少の犠牲は要ります。平和平和と言っていれば、戦争がなくなるわけではありません。もう中学生なのですから、人に言われたことを真に受けるのではなく、そろそろ世の中や国際社会の現実に目を向けてください。世界は必ずしも理想社会ではないのです。平和を望むだけでは平和にならないのです。

投稿日時 - 2015-02-01 10:22:04

お礼

回答ありがとうございました

>地球上には必ずしも利害が一致しない国や民族が同居していますから、戦争がなくなることはありません。戦争が起きてしまったあとの対処は誰かがしなければなりません。

そうですね、
平和の尊さについてだけでなく
実際、なにをするべきなのかを考えていきたいと思います。

投稿日時 - 2015-02-01 10:44:27

平和になる為に戦争するのは 単なる言い訳です・・それで幸せ等 絶対に訪れません・・・




そして・・・

戦争を無くす事は 簡単なのです

 本来の人間の姿「良心だけの人間に戻れば良いだけ」なのですから

元々 悪の心は人間には無かった 

人間だけで無く 悪の心になる要素は後から付加されたのです

聖書には 「アダムとエバが善悪知る木の実を食べて堕落が始まった」と記されています

そして それの前に「狡猾なヘビが・・・」と記されています

この時にも 未だ悪心は無かったものと推測されます

単なる イタズラ半分で 天使長ルーシェルが 人間より 自分の方に 神の愛が沢山来る様にと・・・・

(まっ色々な部分は省いて)

そしてカインがアベルを殺した事に拠り その心は増大し 悪の心が人間に付加された

2000年前のイエス降臨の時には その悪の心を取り除く為には「隣人を愛し・・・等」だけで悪の心が取れる状況だったのでしょうね

時間がドンドン経ち 歴史が戦争までをも引き起こし 悪の心は 最初よりも増大になり そして 全ての人間に「堕落性本性」と言うものが付加されました


なので この「堕落性本性」の取り除き方や 本来の人間 そして 神は どの様な方法で人間の救いの為に 手を差し伸べて来たか等を知って 堕落性本性の無い状態の人間にまで 復帰する事が出来れば 戦争を起こす様な心も無くなるのです


「要は堕落性本性を取るだけで 全て解決するのです」・・・・・

投稿日時 - 2015-02-01 10:13:13

お礼

回答ありがとうございました

>戦争を無くす事は 簡単なのです

 本来の人間の姿「良心だけの人間に戻れば良いだけ」なのですから

そうですね、
でもその『戻り方』を見つけ出すのはすごく難しそうですね…
この考え方を広めるにも、
宗教の壁があるでしょうし…

投稿日時 - 2015-02-01 10:35:22

>資本主義国にしようとするんですか?
資本主義は、働いたら働いた分だけ給与が得られます。
がんばったらがんばった分だけ、ご褒美が貰えるんです。
テストでがんばれば、良い点数が貰えて、良い学校に行けて、良い教育を受けられれば、給与が良くて楽な仕事を得られて、一生困らない生活が出来ます。
みんなが同じようにがんばっていけば、向上心があって、新しい物を作り出していく社会になっていきます。
そうなっていったのが日本です。

共産主義・社会主義は、みんなが公務員で、国から職を与えられて、日々過ごせばお金が貰えます。
テストを受けて、名前を書けば合格と同じです。
勉強しますか??
仕事を一生懸命しても、適当に流しても給料は同じです。
国・社会が向上しようとするでしょうか?
正しく機能していれば、共産主義も悪いわけではありません。
すべての人が平等に生活出来るわけですから。
ただし、すべての人が農業をするわけでも、漁師が出来るわけでもありません。
技術の低い仕事もあれば、医師などの高度な仕事もあります。それでも給与は同じというのは良いことなんでしょうか?

確かにアメリカは強引で傲慢です。

ただし、共産主義などの多くの国は、独裁者などによる、一部の指導者によって運営され、そういった一部の人が国の資金を潤沢に使える状態です。
学校の先生や生徒会の役員は、給食にフルコースを食べていて、君たちにはコッペパンだけを与えているのと同じです。
生徒会の役員も、正しく選挙で選んだわけでもありません。
おなの七光りや、賄賂で手にした役員の席です。
あなた方の意見を聞く耳は持っていません。

正しく運営出来るような状態にしようと、喧嘩をしてでも解放しようとしているのがアメリカです。

アメリカ政府にはアメリカ政府の大人の事情がありますが、アメリカの市民感情としては正義なんですよ。
俺たちと同じような自由を世界中の人は与えられるべきだと信じているから。

そして、アメリカが開放しようとする国の指導者は倒す相手ですが、指導者にそそのかされた国軍兵士はその喧嘩の矢面に立たされることになります。
いうことを聞かないと、家族が殺されますし、そういったことになっているという教育も受けてはいません。
そういった国の多くの人は、日本の小学校1~3年生ぐらいの教育しか受けていないんです。

独裁者は、自分の利益を守ることが最優先です。
アメリカのいうことを聞いて解放したら、自分が嘘をついていたことがばれるから、いうことを聞きません。

戦争をしないで、途上国が解放出来れば良いんですけどね。
そうはいかないのですよ。

投稿日時 - 2015-02-01 10:04:44

お礼

回答ありがとうございました

なるほど!
アメリカは世界中の人に自由を与えようとしてるけど、独裁者はそれを受け入れようとしないから、戦争をしてでも…!ってことですか!
(間違ってたらごめんなさい)

学校の仕組みに置き換えた説明、わかりやすかったです。
ありがとうございました

投稿日時 - 2015-02-01 10:25:44

ANo.2

>>なんでアメリカは戦争の後に、資本主義国にしようとするんですか?

資本主義は、自由の思想と結びついています。
いくら「あなたは自由だよ」といわれても、収入が無ければ、食事もできないし、住むところも得られません。
誰もが、お金が無くとも、住居が得られて、食事ももらえる社会であれば、いいわけですけど、そういう社会は、国家が経済を統制する共産主義社会になってしまいます。
空想では、そういう共産主義社会は素晴らしいですし、それを小規模なレベルで実践した人々もいたようですけど、うまくいきませんでした。
それを大規模に実践したソ連や中国、その他の国では、国民に対して大虐殺が行われることになりました。

>>世界が平和になるには戦争で解決しないといけないんですか?

「世界」とかで考えると、ちょっと解らなくなる面がありますけど、日本国内で考えれば、解りやすいと思います。
警察は地域の秩序・治安維持のためにピストルや警棒を持っています。いざとなれば、犯罪者を警棒で殴るとか、場合によっては射殺ってこともありえるでしょう。
犯罪者が反撃すれば、それは「ちいさな戦争」ともいえるかもしれません。

どうしても、普通の人たちとは違った価値観、考え方、行動をする人たちが存在します。他の方の生命・財産等に影響を与えないなら許容されるでしょうけど、そうじゃあない場合は、強制的な処置が必要になります。
それが国家間の問題となり、どうしても収まりがつかない場合は、「戦争」になりますね。

日本も、歴史をみれば、戦いに明け暮れた武士の時代、戦国時代がありました。もし、そういう「戦いを重視する武士の思想」が無かったら、日本は他のアジア・アフリカ・南米など世界の多くの地域が欧米の植民地になったように、江戸末期において、簡単に欧米の植民地にされていたことでしょう。

残念なことではありますけど、私たちの生命・自由と平和を守るためには、好んでする必要は無いけど、過去の大東亜戦争もそうですが、「避けられない戦争」というものがあり、軍隊・武力行使を拒否する場合、侵略国に支配・隷属されることになります。

投稿日時 - 2015-02-01 09:19:08

お礼

>どうしても、普通の人たちとは違った価値観、考え方、行動をする人たちが存在します。

>「避けられない戦争」というものがあり、軍隊・武力行使を拒否する場合、侵略国に支配・隷属されることになります。


やはり、この世界から戦争をなくすのはほぼ不可能なんですかね…

わかりやすく、丁寧な回答
ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-02-01 09:52:24

ANo.1

>なんでアメリカは戦争の後に、資本主義国にしようとするんですか?

アメリカは自由を国家理念とした国です。だから共産主義は受け入れられないのです。

>世界が平和になるには戦争で解決しないといけないんですか?

日本でも戦国時代を経て平穏な江戸時代~への繋がっていった経緯があります。
卑弥呼も戦乱の時代を終結させるために共立されたといわれています。

「平和にしましょう」という掛け声だけでは平和は実現できないのかもしれませんね。

投稿日時 - 2015-02-01 09:16:17

お礼

回答ありがとうございました

>「平和にしましょう」という掛け声だけでは平和は実現できないのかもしれませんね。

そうですね…
今私にできることはなにか、考えていけたらと思います。

投稿日時 - 2015-02-01 09:48:15

あなたにオススメの質問