こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

借地法の質問で家の所有者が亡くなったら・・・

家の所有者がなくなったら借地契約が消滅するなどといい加減な嘘を書いている人が
いましたが、みなさん本当なんですか?
借地権は建物がある限り存続し、法定相続人が承継すると私は宅建の試験の勉強で
覚えましたけど間違ってますか?

投稿日時 - 2015-02-06 15:40:14

QNo.8912269

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

引用された質問のベストアンサーになった回答#1ですが、前後の文脈からして、第2文(「…自然消滅することになります」)は推敲ミスで削除し損なった文だと思います。第3文に書き直したのに第2文がなぜか残っているものと読みました。
当該質問の質問者も全回答者も、その部分を「流して」質疑を進めて「解決」となっているので後から知識を参考にしようと質問回答を頭から読むと??となりますね。

他人の回答に突っ込みを入れることは確かこのサイトの禁止事項なので、他の回答者も陽には指摘できなかったのでしょうね。

投稿日時 - 2015-02-06 19:07:45

補足

旧法借地権の相続の問題は、結構知らないで地主のいいなりに撤去して
契約終了なんて事態が頻発しているのかと心配になりました。
旧法借地法はいまは解説本もすくなく(三省堂の一冊くらいか)専門の
コンサルタントが必要なくらいですね。

投稿日時 - 2015-02-06 20:57:57

お礼

すみません。
借地契約は無条件で相続できます。地主の承認はいりません。
実務でも経験しているし身内の相続でも相談をうけています。
借地権は通常、登記されないので、建物登記をもって借地権の存在を示すのが
民法の通例なのです。

いろいろご説明ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-02-06 20:41:20

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

ok waveの回答は迷回答が多いので、真実を知りたければお金を支払ってキチンとした人から回答して貰うと良いのです

そもそも、タダで正答を得ようとする方が間違っています。虫が良過ぎます。

暇な人が暇に任せて回答する。但し、その回答を信じる信じないは、自己責任です

質問文にある、借地権は建物云々~

半分正答、半分誤答。

投稿日時 - 2015-02-06 19:29:36

お礼

借地権は債権ですから登記できません。やむをえず建物登記をもって借地権の存在を
第三者に対抗できつようにしています。


私が金をとれるくらいの借地権の勉強はしています。
宅建主任者も20年やってます。

今回は間違った知識がBAになることについてみなさんどの程度きがついていたかを
知りたかったのです

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-02-06 20:43:43

ANo.2

建物がある限り…っていう部分は間違いです。
借地借家法とかありますから、定期借地権とか。それと混同している可能性はありますね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%9F%E5%9C%B0%E6%A8%A9

投稿日時 - 2015-02-06 17:35:32

お礼

http://www.isansouzoku-mio.com/case48.html

家や土地の賃借権は、相続財産として相続の対象になります。世帯主である借り主が死亡した場合、法定相続人である妻や子がその権利を相続するので、賃借契約はそのまま有効とされます。

相続するにあたっては、貸し主の承諾を得る必要はありませんし、貸し主は、原則として法定相続人が賃借権を相続することを拒否できません。

ですから、もし契約者の死亡を理由に立ち退きを要求されても、応じる必要はありません。相続人が故人(被相続人)と同居していなかった場合にも、相続の権利があります。

相続に関して、賃し主の承諾は不要ですが、遺産分割で相続が決まった時点で、名義人が変わったことを文書で通知しておくといいでしょう。


もともと私は知識はあります。ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-02-06 20:35:32

間違っていません!

相続人に帰属します。
相続人がいない場合は、特別縁故者がその請求によって取得。

特別なんちゃらもいない・・・マジですか?
そんな場合は、国庫に帰属するのが原則。

その人は、いい加減なウソを言っているわけではなくて
説明が足りないのです。

たとえば
亡くなった人には、相続人がいなかったが 事実上の配偶者 がいた。
普通は、その配偶者は継承します。
でも、その配偶者が死亡を知った後1ヶ月以内に
賃貸人に対して反対の意思を表示したときは、承継しない。

また、特約。
賃貸人・賃借人・事実上の配偶者等の三者で 死んでも継承きない
という特約は有効ですから、継承しない。

と、実の奥の深いお話しです。
その人の説明不足・・・ただそれだけ、です。

投稿日時 - 2015-02-06 15:56:59

補足

http://okwave.jp/qa/q8908922.html
この質問です。たしかに質問者は借地権を承継してはいませんが・・・
この回答はひどすぎる

投稿日時 - 2015-02-06 17:33:50

お礼

早速のご回答ありがとうございます。その質問は、おっしゃるような特殊な
ケースではなく、ありふれた相続なんですよ。
最近、借地権の相続で借地契約は契約者の死亡で消滅する使用貸借と混同して
家取り壊す人がいたりして結構親の財産どぶに捨てる人がいるもんだなぁと
驚いたのですよ。
私自身も親が借地のうえに貸家を建てた不動産相続してますから知ってるのですけど

まぁ、その質問と回答を読んでいただければわかりますが、ひどいミスリード
だと思いましたね。とにかく半端でない資産額ですからねぇ

いや まともな答えを頂いて安心しました。ここは無知な人がBAもらう場かと
おもいましたよ。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-02-06 17:16:02

あなたにオススメの質問