こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ビールの温度

ビールって日本では冷えているのが当たり前ですけど。西部劇や最近の映画でもなんか冷えている様子が見受けられませんが、ドイツに旅行した方に聞いた話によるとドイツもビールは常温だったそうです。ビールってホントは常温で飲むのが常識なんですか?宜しくお願いします。

投稿日時 - 2015-03-02 18:37:24

QNo.8927900

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

pikanijpnさん、こんにちは。
ビール発明は、古代エジプトですので、常温で飲んでいたと思われます。
まあ、それはさておき。

まず、回答を書くと、ビールには、さまざまなスタイル(金色や黒色)があり、それに合った飲み頃の温度がある、です。

ドイツやイギリスでは、あまり冷やさずにビールを飲みますが、これは飲まれるビール・スタイルが黒系統が多いからだと思います。
黒系の麦芽が強いビール・スタイルは、冷やしすぎると、甘味や香りが感じられにくくなります。
(モルティーなビールといいます)

日本でよく飲まれる金色系は、ホップが強いので、苦味や香りが冷やしても感じやすいです。
(感じるように設計されていて、ホッピーなビールといいます)

ベルギービールは、瓶に呑んでほしい温度が書かれていますが、結構幅広いので、意外と困ります。
(ボディーの強いビールが多いので、かなり冷やしてゆっくり飲むと、温度変化を楽しめます)

ビール醸造者が想定している温度は、色が薄い(金色系)と冷やして、黒系や白系は、あまり冷やさずに飲む、と覚えておくと、便利です。

ちなみに、アジア圏では、常温のビールに氷を入れて飲んだりもします。

なお、ビールのテイスティングは、醸造者が要求した温度で呑み、その温度での状態。
さらに手で温めて、香りや味を確認します。

ご参考になれば、嬉しいのですが。

投稿日時 - 2015-03-03 10:44:14

お礼

なるほど、1年中ビールを楽しめるヒントをいただきました。ありがとうございます。北海道にアイスビールがある訳が分かりました。

投稿日時 - 2015-03-03 20:46:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

ドイツに住んでいました。
ドイツのビールはほとんどがピルゼンビールですが、この適温は8~10℃といわれています。
季節によっては気温もこれくらいになりますから、その旅行者は「常温」と言ったたのかもしれませんね。
ただ日本のように暑い夏にきんきんに冷えたビールを飲むという感じでは飲みません。少し気温よりも低いかなというくらいです。

ビールは種類によって適温が異なります。
「ビール、適温」で検索すれば分かりますが、0℃から16℃くらいの幅があります。
冷やしすぎると分からなくなると言われています。
まあビアグラスに水滴がついて美味しそうに見えるから冷やすのでしょう。

アメリカ人は味音痴だからなんでもいいのです。

ビールの美味しさに重要なのは湿度で、日本の夏は湿度が高く、あまりビールは美味しく感じません。はじめて北海道でビールを飲んだとき、ビールってこんなに美味しかったのかと思いました。気温も低いですが、乾燥しているからなんですね。北海道は本当にドイツと季候がよく似ています。

投稿日時 - 2015-03-02 21:26:15

ANo.1

ビールって、冷蔵庫・冷蔵技術のない頃からあります。
日本も昔はビールは冷蔵庫がないので常温でした。
冷蔵庫ができ、冷えたビールを提供する事で、売り上げが数倍になったそうです。
冷えたビールかどうかは、国々でも違うでしょうね。
ましてドイツは、冬は相当寒いそうですし。

常温が常識かどうかは、その国の文化・慣習での違いなのでは?

投稿日時 - 2015-03-02 21:25:20

あなたにオススメの質問