こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

畳からフローリングでの根太の高さ

こんにちわ。DIY初心者です。

畳の部屋をDIYでフローリングにしようとしています。

築45年の在来工法住宅なのですが、リフォームのため畳をめくったところ、
厚さ15ミリ程度のベニヤ板(幅30センチ程度)が貼ってありました。

その上にフローリングをしようとしているのですが、そのベニヤ板から敷居の高さまで
43ミリしかないことがわかりました。

つまり、畳の厚さが43ミリしかなかったのです。(45年も前の畳だったからでしょうか)

さて、本題に入りますが この43ミリの高さにフローリングを貼る際、

(1)根太(30ミリ) → フローリング材(12ミリ)
(2)根太(19ミリ) → 合板(12ミリ) → フローリング材(12ミリ)

どちらの方が、いいでしょうか?

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2015-03-05 13:32:49

QNo.8929593

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

厚さ15ミリ程度のベニヤ板(幅30センチ程度)が貼ってありました

そのベニヤ板の下に根太はあるはずです、2重には要りません
(1) 角材30ミリ厚を30センチ四方の碁盤の目に組む
(2) その30センチ角の中にスタイロフォームを貼って断熱
(3) 角材の長い方にフローリング12ミリを打ち付ける
この方法でいかがでしょう

投稿日時 - 2015-03-05 20:54:20

お礼

回答ありがとうございます。
実は対象となる部屋は2階であり、ベニヤの下は大引になっていました。
したがって、ベニヤ自体が根太の役割をしていたと考えられます。
角材30ミリ厚を30センチ四方の碁盤の目に組むというのは、材料の切り出しなど工数がかかりそうで、うーんと考えてしまいます。
でも、今後の参考にさせていただきたいと思います。

投稿日時 - 2015-03-06 14:42:31

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

2のほうが、仕事がスムーズに進行しますし、丈夫に仕上がります。
根太と、合板は、ビスで留めてください。

フローリングは丁寧にはりますが、合板は、隅々まで丁寧にはる必用はありません。

投稿日時 - 2015-03-09 17:19:18

ANo.3

>つまり、畳の厚さが43ミリしかなかったのです。(45年も前の畳だったからでしょうか)

既設の根太に厚さ15ミリ程度のベニヤ板(幅30センチ程度)、その上に更に根太を入れるのですか?

根太を入れるより、合板をもっと厚いものにすべきだと思います。

私の所は、25ミリの合板を張りその上にフローリング材を乗せています。

投稿日時 - 2015-03-08 03:44:06

お礼

回答ありがとうございます。
25ミリ合板を直接貼る場合、6ミリ程度の段差が残ります。

投稿日時 - 2015-03-09 11:53:11

ANo.1

(2)のほうがいいと思います。
どのようなフローリング材か分かりませんが、よくあるMDFのものであれば、
ボンドなどで合板にくっつけて施工するので、そのほうがいいかなと
思います。ズレ、きしみなども(1)よりは軽減されるかと思います。

また、
遮音シートや、根太の間に断熱材があるとなおのこといいと思います。

投稿日時 - 2015-03-05 14:10:02

お礼

回答ありがとうございます。
根太の薄さが気になっていましたが、こちらの方法で検討を進めたいと思います。

投稿日時 - 2015-03-06 14:42:35

あなたにオススメの質問