こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

個人事業主。仮払所得税の決算処理を教えて下さい。

毎年、手探りで青色申告している個人事業主(フリーライター)です。

原稿料から差し引かれる源泉徴収税は、事業主貸ではなく、仮払所得税の科目を設けて売掛帳にて記帳しています。そのうえで、確定申告では、貸借対照表の資産の部に、仮払所得税の科目を設けて、記載しています。
このやり方は6年前に開業した際、青色申告会の税理士さんから、教えてもらったのですが、毎年、貸借対照表の仮払所得税の額が増えていくのが、気になっています。

税務署から指摘を受けたことはありませんが、このまま、毎年、仮払所得税が増えていくので、問題ないのでしょうか???
間違っている場合、正しい処理方法を教えてください。

個人事業主の源泉徴収分は、勘定科目を事業主貸で処理した方がわかりやすいという書き込みを見ますが、変更したくないと思っています(というか、今さら、どう変更していいかわかりません)。
また、仮払所得税という科目を設けた場合、「決算では、残高を事業主貸に振替してください」という書き込みもよく見ますが(例えば下記)、恥ずかしながら「振替」とは、会計ソフト上どういうことをするのかがわかりません。

参考:http://okwave.jp/qa/q4768153.html

仮に、事業主貸に振り替えたとして、毎年、加算していくのは同じでしょうか?

基本的がなっていないため、わかりにくい質問で申し訳ありません。
ちなみに会計ソフトは弥生を使っています。

投稿日時 - 2015-03-13 12:15:08

QNo.8934818

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

「仮払所得税」は間違いで正しくは「事業主貸」です
「事業主貸」なら毎年繰越時に事業主借や所得額とともに「元入金」に集約され、ゼロにリセットされるので累積することはありません

そのいい加減な「税理士」から間違ったやり方を教わったばかりにつまらぬことで悩んであられるのです

対策としては26年の末日付けで振替伝票の入力画面から次の仕訳を入力すればすべて解決です
事業主貸 ××× / 仮払所得税 ×××
なお仕訳金額は期末現在の「仮払所得税」の残高です

投稿日時 - 2015-03-13 14:23:05

お礼

早速ありがとうございます。
教えていただいた通りしましたら、残高が0になって、毎年の気持ち悪さがすっきりしました。

簿記は素人なので、理屈もわからず、最初に手ほどきしてくれた税理士さんに言われるがまま、踏襲してきましたが、税理士さんでも間違うこともあるのですね。

ともかく有難うございました。

投稿日時 - 2015-03-13 15:03:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問