こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

定年して再雇用

定年後に再雇用で働く予定です。しかし、老人とばかにされ、何時でも切っても良い仕事しか、依頼されません。仲間とグループで仕事することはありません。会社辞めて、他の仕事を探している時間がありません。家計のために、我慢しかない。皆さん、こんな境遇なら、諦めるしかないと思いますか?お知恵を拝借させてください。

投稿日時 - 2015-03-21 18:25:02

QNo.8940236

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

諦めず、知恵を絞れば道は見つかる筈です。
自分は定年後も再雇用で働きましたが、辛く、その間知り合いの会社を周り、なんとか転職をすることができました。
この歳で初めての鞍替え、不安もありましたが、なんとか充実した仕事を手にすることができました。
しかし、重要なのは謙虚さと、自分の力を多く見積もらないで、真摯に、一から仕事を覚える気持ちで頑張ること。
頑張ってくださいね。
ちなみに、給料はすこし下がりましたが、時間も増え、今ではこういうので旅行に行き、退職後の人間関係作りもしています。
http://yuyu-tabi.com/

投稿日時 - 2015-03-23 22:45:14

ANo.5

現在そのような境遇となってしまった理由に心当たりはありませんか?
経験と実績以外にプラスアルファがあれば周囲からは快く受け入れられるのがふつうだと思います。

現在は法律でも企業は本人が希望すれば65歳までは継続して職場の提示が必要です。
今与えられた職場、仕事で周囲に受け入れていただくという意味でベストを尽くす方法をよく
考えて、それを実行する努力をやってみませんか?

一線を退いた社員は、どこかで我慢が必要です。給与以外の境遇の大きな部分は人間関係であり、
それは本人によって変化が可能であると思います。

冷静な自己評価とそれに対応する最善策で頑張っていただきたいと思います。

投稿日時 - 2015-03-22 00:08:26

ANo.4

私はもう完全にリタイアしていますが
定年で会社を辞め、失業保険をもらい
同じ業種の会社に再就職しました。

考え次第と思いますが、同じような仕事で
給料が減っても就職する自信があれば
やめるのも一つの考えです。
家計のため我慢するのも、あなた次第です。

私自身は技術系なので、同じ業種で
再就職して正解と考えています。

投稿日時 - 2015-03-21 20:34:41

ANo.3

すでに定年を過ぎたものです。
それはあなたが決めるしかありません。
家計のために、我慢する必要があるのか、こんな境遇なら諦める意外のがしかないのかも個人ごとの事情が違います。
人によっては収入は減っても少ない収入で好きなことをした方が良いという人もいます。
一方でお金がなければ何もできないと思う人もいます。
あなたはどの立場でしょうか。

でも収入は必要でほかに適当な転職先もないのであれば、それは与えられた仕事を喜んでやるしかないでしょう。
ものは考えようで、馬鹿にされているととるか、年配者が気を遣ってもらっていると取るかは感じ方多一つです。どうせ同じ仕事をすならば、喜んでそれをする方が幸せではないでしょうか。
いやならば辞めればよいのですから。

私はあなたの場合は再雇用ができることが幸せと思うべきと思います。
私の知っている大手企業ではそんな条件はなくて定年で機械的に解雇されています。定年延長はその一部は努力目標ですから、したくなければしなくてもすむのです。それに比べれば運がよい方ですよ。

ちなみに私の場合は定年後は別会社に移り、現在60代後半ですがまだ勤務しています。どんなことでもいやがらず嫌われないようにして働いています。
でも定年の2年以上前からその準備はしていました。定年になってからの仕事探しはかなり難しいと思いますよ。

投稿日時 - 2015-03-21 18:55:06

ANo.2

そうせざるを得ないのが現実です。

若者の正社員就職ですら難しく、派遣で年収200万です。退職後の仕事ならフルタイムで雇うところも少なく年収150万程度が多いでしょう。

余程の特殊スキルを持っていて、なおかつその需要がないと、納得できるだけの報酬を得ることは困難です。

投稿日時 - 2015-03-21 18:40:28

ANo.1

家計のために、我慢しかない。

再雇用に応じるしかなさそうですね。
賃金は減り、仕事内容は同じ、うっかりすると売上ノルマも負わされる。
若い昔の部下に指示される、、、、、、。

ここで貴方の生き様をどう示せるかが鍵になりますね。

息子が大学生だった知人が
同様な悲哀のなかで見事に実績を残しましたよ。

お身体にはくれぐれも気を付けて乗り切りましょう。

投稿日時 - 2015-03-21 18:31:50

お礼

ありがとうございます。しっかり考えます。

投稿日時 - 2015-03-21 22:12:55

あなたにオススメの質問