こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

家のインターネット環境。ネットワークについて。

「ネットワーク超入門講座」という本に図(添付している図)があったのですが、

知識が浅く理解できません。

まず、自宅のインターネットって「モデム」(NTTからレンタルするもの)があって

それから、無線LAN(ルータ。BUFFALOのものとか)で通信を飛ばして

ノートパソコンなどからインターネットをしますよね?

本の図では直接「ルータ」に接続して「L2スイッチ」というよく分からないものが

書いてありますが、これはどういうことでしょうか?

ネットワークに詳しい方がいたら教えて下さい。よろしくお願いします。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2015-03-25 12:46:13

QNo.8942575

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

基本的にはその図解の通りなんです

ネットに接続する為には、プロバイダーの回線に接続する必要があります(図のISPとかかれた部分です)

図解ではISPとルータとを結ぶ回線をADSL、光回線などと書かれています

このISPとルータを接続する機器が必要なのです

これがADSL回線ならADSLモデム
光回線なら光回線終端装置(ONU)です

これらの装置があれば、パソコンに設定を行えばパソコンはISPとの接続が出来るようになりネットが使えるようになります(ルータやL2スイッチは不要)

でも、自宅内からは複数の端末でネット使いたいですよね?
そこで、ルータをADSLモデムやONUとの間に挟む事で、複数の端末が同時にネット利用が可能になります

また、ルータはISP側のネットワークと自宅内のネットワークを分けて管理してくれるので、外部からの進入を遮断してくれる効果も出来ます

ルータはそういった複数の端末を接続させる為の機器なんですが、昔はLAN内の端末を接続させるポートが1つしか用意されていませんでした

そこでルータのLAN内のポートを増やす為に、ルータにHUBを接続させてポートを増やす事で、複数の機器がルータに接続出来るようにしていました

このHUBの種類の中にL2スイッチという物があるのです

現在発売されている通信機器は、それらの機能を包括してもっているので、1つの機器だけで済むようになってきました

abcabc119 さんが言っている無線LANの親機は、ルーター+L2スイッチ+無線親機の機能を包括して持っている機器になります

図解では、ADSLモデムやONUが抜けてしまっていますが、そういった機能を持っている機器が経路になければネット利用は出来ません

ルータやL2スイッチなどは、状況により必要、現在は複数の機能を持った機器が発売されているので、機器の数は少なくて済みますが必ず、必要な機能は回線上に持っています

投稿日時 - 2015-03-25 14:22:20

お礼

回答ありがとうございます。大変分りやすかったです。もう少しネットワークことを勉強し直します。

投稿日時 - 2015-04-05 15:36:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

機器の位置づけからすれば、「スイッチングハブ」の事を指しているのでしょう。
しかし、なんと不親切なマニュアルか。一般人がL2スイッチなんて知る必要が全くないw

スイッチングハブは、元来、有線LAN接続の分岐で使われる機器と認識してくれれば
いいですね。ただ、昨今ではルータに既に4つのLANポートがあり、ハブ自体が不要で
ある場合が殆どです。

投稿日時 - 2015-03-27 20:43:36

お礼

スイッチングハブのことなのですね。回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-04-05 15:33:29

ANo.7

まず、自宅のインターネットって「モデム」(NTTからレンタルするもの)があって
それから、無線LAN(ルータ。BUFFALOのものとか)で通信を飛ばして
ノートパソコンなどからインターネットをしますよね?
>>今の機器は 全てNTTの一体型機器で十分使えます
商売ルール上別々の機器に成ってますよね

本の図では直接「ルータ」に接続して「L2スイッチ」というよく分からないものが
書いてありますが、これはどういうことでしょうか
>>普段気にせず使ってる機器を 説明文として書くと
上記に成ると言うだけの事ですね
小難しく 成るので 

投稿日時 - 2015-03-26 08:24:51

お礼

なるほど。回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-04-05 15:30:01

ANo.6

L2スイッチは、先の方が書かれているようなもので、最近はあまり家庭では
使わなくなった機器です。
ただ、ネットワークの基礎、という観点では、ルータがあって、L2スイッチが
あって、という構成は、昔から変わっておらず、
単にルータとスイッチが一体化した製品が主流になっているため、
ご存知でないのかな?と思います。

無線ルータの中に、ルータとスイッチの両方が入っていると考えれば、
本の絵の通りになりますよ。

投稿日時 - 2015-03-25 22:11:51

お礼

そうなんですね。大変参考になりました。

投稿日時 - 2015-04-05 15:30:55

ANo.4

かなり古い本ではないかと。いまどきルータと独立したL2スイッチを
使う場面なんぞないですよ。今ならこっちの方が正解ではないかと。
こちらは企業サイトなので、常時アップデートされてますから。
http://www.airstation.com/

ネットワークの世界は日進月歩。5年前の本だとすると、もう全く役に
立たないと考えて差し支えないです。Webで検索する場合も、記事の
掛かれた年度をチェックして、2年以上前だとあまり信用しない方が
良い・・・というレベルですよ。

ちなみにL2スイッチは「スイッチングハブ」。今では普通「ルータ」に
内蔵されているので、家庭内で大量に接続する機器があるというなら
話は別ですが、普通は別にそろえる必要はありませんよ。

投稿日時 - 2015-03-25 13:41:23

お礼

なるほど。大変参考になりました。ちょっと古い本だったのですね・・・。回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-04-05 15:38:07

ANo.3

その図ではモデムが省略されているか、モデムとルータが一体になったモノを想定しているのだと思います。

L2スイッチと言うのは、一般的にHUB(ハブ)とかスイッチングHUBと呼ばれているモノの事です。
有線LANでネットワークに接続するときは、ルータと各PCの接続を中継・分配するために使用します。
ブロードバンドルータの場合4ポートのスイッチングHUBを内蔵しているモノが多いのですね。

無線LANで使用する場合は、L2スイッチに該当するような機能を無線LANアクセスポイントが担っています。

投稿日時 - 2015-03-25 13:06:26

お礼

難しいですね。勉強し直します。回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-04-05 15:32:12

ANo.2

スイッチですが手で切り替えるものではなく「スイッチングハブ」と
云われるもので電気的に切り替えています。
有線で分岐して使いたいときに利用します。
メーカによっていろいろありますから調べるとヒットしますよ。
無線ルータに対しLANコードによる有線版と思えばよろしいかと!。

投稿日時 - 2015-03-25 13:01:47

お礼

なるほど。回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-04-05 15:25:53

L2、レイヤ2スイッチですね。

ただ、ここでは特に意識しないで構いません。1が物理的に繋がること2が通信できる状態で、という意味です。普通に売ってるハブで構いません。
ハブ(HUB)も、LANの口を増やすくらいで必ず必要なものではありません。ルーターに付いてる口が1つとか2つなので、それを増やす目的で「L2スイッチに対応したHUB」を繋いでいるだけです。

投稿日時 - 2015-03-25 13:00:42

お礼

なるほど。大変参考になりました。

投稿日時 - 2015-04-05 15:27:47

あなたにオススメの質問