こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

住宅ローン審査とクレジットカード・カードローン

住宅の購入を計画していまして、住宅ローンを利用する予定です。
そこで、クレジットカードと住宅ローン審査について質問があります。

小遣い稼ぎでポイントサイト経由でクレジットカードやローンカードを契約しています。
すべて年会費無料で、キャッシング枠はまちまちです。
クレジットカードが約30枚程、ローンカードは約10枚程あります。
ポイント目当てですのでメインカード以外どれも利用したことはありません。

住宅ローンの審査ではカードの保有枚数など影響があるとの情報を目にし解約を考えているのですが、
一度に解約するのはそれはそれで良くないとの意見も拝見しました。
また、それらの情報は都市伝説だとの意見もあり混乱しております。

実際のところどうなんでしょうか?
自分のように多くのカードを保有したまま審査を受けた方、
また、こういった問題について知識のある方ご回答宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2015-03-30 09:48:05

QNo.8945593

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ネット上や専門家を装った人達の間でも意見がわかれているので、ここで聞いても当然両方の回答が出て来るのが普通だと思います。

実際は、住宅ローンの審査担当者でなければわかりませんね。
住宅ローンの審査はお金を貸す銀行と保証会社の二段階で行われるのが普通です。

クレジットカード等の与信枠の情報は信用情報機関から取得するわけですが、クレジットカード会社が加盟しているのはCICとJICCがほとんどです。
一方銀行が加盟しているのは、全銀協でありCICやJICCの情報は、CRINと言うネットワークを通じて得られる異動情報(いわゆるブラック)だけを参照でき、残高や与信枠の情報は参照できません。
従って、銀行の審査では与信枠が問題になる事はあり得ません。

保証会社は、銀行の関連会社や信販会社や消費者金融である事が多いです。こちらは、CICやJICCに加盟しています。
では、ここで与信枠が問題になるかと言うと、私はならないと思います。なぜなら、信販会社や消費者金融はクレジットカードやカードローンの審査も行っているわけで、クレジットカードを他にたくさん持っているからと言ってクレジットカードやカードローンの審査に落ちる事は、ほとんど無いですよね。
同じ機関が審査するのだから、住宅ローンにも影響が無いはずです。

また、個人的な経験からは、質問者様ほど多くは無いですが、私自身も沢山のクレジットカードやローンカードを持っていました(殆どは仕事の付き合いで入っていましたので、使っていないカードがほとんどですが、与信枠を合計し残高とみなされたら間違いなく審査に影響すると思える金額です)。この状態で、住宅ローンの審査には何の問題も無く通っていますし、おまけに借換の時には金利優遇のために新たにその銀行が発行するクレジットカードを作らされました。しかも、いきなり3桁の与信枠がついていました。

以上から、使っていないカードの与信枠は住宅ローンに影響無いと言うのが私の結論です。

では、与信枠が問題になると実しやかに何故言われているのでしょうか?
住宅ローンで審査に落ちた原因は、本人には通知されないはずです。延滞履歴もない人が、何故落ちたのか考えた時にたまたまクレジットカードを沢山持っていたために、クレジットカードの与信枠が原因ではと思ったのだと思います。
ただ、この人がクレジットカードを持っていなかった時に住宅ローンの審査に通っていたと言う検証は全くされていないはずです。
おそらく、年収等の属性に問題があり審査に落ちているだけなのだ思います。

もちろん、自ら解約するのも何の問題も有りませんので、心配なら解約されるのが良いでしょう。

投稿日時 - 2015-03-30 14:59:40

お礼

回答有難うございます。
専門的な内容で詳しく回答して下さり有り難うございます。
現状のまま、その時に直接融資担当者の方に確認してみます。

投稿日時 - 2015-03-31 08:32:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

>住宅の購入を計画していまして、住宅ローンを利用する予定です。

人生で「最高額の買物」ですよね。

>住宅ローンの審査ではカードの保有枚数など影響があるとの情報を目にし解約を考えているのですが

全く「無意味」なので、解約をする必要はありません。
有名な「都市伝説宣教師」がTV・雑誌で布教している根拠の無い教えに過ぎません。
この有名な都市伝説宣教師は、自称「カード評論家」らしいですがね。
そもそも、「カードの与信枠が、既存借金と看做される」事はありません。
「カードを多く持つと、与信枠が無くなる」事も、100%以上の確率でありません。
冷静に考えると、質問者さまも理解できるでしよう。
「借りてもいないのに、何故借金をしている事になるんだ?」

>実際のところどうなんでしょうか?

はっきり言いますが、根拠の無い都市伝説に過ぎません。
評論家は、占い師と同じで「自分の発言に対して、何ら法的な責任を負わない」職業です。
質問者さまの連絡先が分かれば、先輩(都銀の本部長・支店長)を紹介しますよ。^^;
飲み会でも、「都市伝説ごっこ」で盛り上がっていますからね。
私自身、(今でも)数十枚のクレジットカードを仕事柄持っています。
以前、某都銀に住宅ローン融資を申し込んだ時の実話。
「クレジットカードを多くお持ちですが、うちのクレジットカードも申し込みませんか?」
※持っているカードの与信枠合計は、年収を大幅に超えていました。
住宅ローン審査後(融資決定後)、このクレジットカードが1枚増えました。
質問者さまも、わざわざ解約をする必要はありません。
住宅ローン審査は、カード所有の有無とかクレジットヒストリーは全く関係ありません。
あくまで「融資対象物件の担保価値と融資申込者が完済可能か否か次第」です。
クレジットカードを多く持っている事で審査に落ちるのは「クレジットカード使用での実際の債務が、年収に比べて異常に多い場合」です。
数十枚のクレジットカードを持っていても、債務が住宅ローン返済に影響を与えない限り問題ありませんよ。
今時、スポーツクラブの会員証にもクレジット機能が付いている時代です。

投稿日時 - 2015-03-30 22:31:04

お礼

回答有難うございます。
回答いただいた内容と反対の意見での「都市伝説」説もあり今回質問するに至りました。
実体験も踏まえご回答下さり感謝します。

投稿日時 - 2015-03-31 08:27:19

先日TVで放送されていましたが
クレジットカードを複数枚所有していると、お金を借りていなくても
キャッシング枠が借金と見なされる為、銀行の融資を断られると言った
ケースを放送していました
(その後、幾つかのクレジットカードを解約したら融資が受けられたとの事)

ですので、クレジットカードの複数枚所有が
ローンの融資に悪影響を与えると言うのは本当です

http://www.wigwamband.com/


>一度に解約するのはそれはそれで良くないとの意見も拝見しました

その放送では、その辺りに振れられていなかったので
正直なところ判らないのですが、クレジットの未払いと言った
悪影響がなければ、ブラックリストに載る事も無いでしょうし
正当な理由があるのであれば、解約しても問題無いと思います

投稿日時 - 2015-03-30 13:11:33

お礼

回答有難うございます。
まさにこんな内容に不安になりました。
リンクまで紹介して下さり有り難うございます。

投稿日時 - 2015-03-31 08:20:12

ANo.1

解約しなくても(解約しても大丈夫ですが…)、特に問題はないでしょう。それどころか借金があっても、その分借りられる金額が減るだけで、そのこと自体で審査に落ちることも基本的にありません。

ローン審査では通常三つの点が問題になります。
一つ目は収入と年齢から計算される借入可能金額以内かどうか(収入に占める返済率で判断)。
二つ目は担保価値が足りているかどうか(足りなければ頭金で補填)。
三つ目は個人信用情報に問題がないかどうか(延滞等の事故履歴があれば駄目)。

審査は概ねこの辺りですが、審査ギリギリの借入金額では無理なローンとなることも多いです。借りられる金額と無理なく返済出来る金額とは大きな隔たりがあり、後者の方が金額が少なくなります。
これらを踏まえると、収入の20~25%程度までの返済で定年までに完済出来ることが条件です。今賃貸なら、その家賃よりは数万円少ない返済額が目安です(固定資産税や修繕費用分)。頭金も物件価格の20~30%以上は用意して、ローン残高>家の価値にならないようにしておけばいつでも売却してローンを清算出来るのでリスクヘッジになります。
後半は質問とは関係ないですが、少しでも参考にして頂ければ幸いです。

投稿日時 - 2015-03-30 10:11:46

お礼

回答有難うございます。
ホッとしました。
リスクヘッジに関しましてもご教示頂きありがとうございました。

投稿日時 - 2015-03-31 08:26:29

あなたにオススメの質問