こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

欧米人が憧れる生き方とは?

他のカテで質問しているのですが、回答がないのでここで質問させて頂きます。

NHKの朝ドラ「マッサン」が終りました。日本でウィスキーを創るという"夢"を追う主人公の物語でした。

ところで私は、日本のドラマを観ていてコレが鼻に付いて仕方ないのです。NHKの大河ドラマもそうです。天下を統一するという夢の実現に邁進するストーリーが多いです。マッサンの後に始まる「まれ」というドラマも、そもそも「まれ」が「夢」を意味するそうです。

夢を追う主人公の生き方に感動する日本人が多いからこうなるのでしょうが、私は、どのドラマを観ても金太郎飴のように、コレが前面に押し出されて来るのでウンザリしています。

少なくとも熱帯圏の人々にはこういう生き方に憧れるということはありませんね。
しかし、オリンピックなどを見ると、努力して頑張る民族には、日本人だけでなく、白人にも多いですね。中国人も頑張るみたいです。
白人も、日本人と同じく、夢の実現に血のにじむ努力をするという生き方を称賛し、憧れるのでしょうか?
欧米で一般大衆が感動するドラマや映画というのは、何がテーマになっていることが多いですか?
日本人と共通するところもあると思いますが、違う点もあると思います。

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2015-03-31 06:25:42

QNo.8946205

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

労働を罪悪とみるような見方は、旧約聖書の創世記の冒頭にその源があります。
最初の人間アダムとエバは、はじめは、エデンの園で暮らしていたのですが、
禁断の木の実を食べてしまったために、地上に追放されます。

それ以降は、人は自ら大地を耕して生きるようにと、創造主から命じられました。
人は生きるために、労働しなければならなくなったわけですが、
そのこと自体が、そもそも刑罰として与えられたもので
あるという発想です。

投稿日時 - 2015-03-31 17:45:19

補足

再度の回答ありがとうございます。
成る程々々。本来、労働は苦であると考え、感じているから、労働時間も短く々々と切り詰めて行くんですね。
日本では、本来「勤労は美徳」とされて来たようですね。江戸時代の儒教でしたかね?

しかし、フト思い出したのですが、清教徒というのは勤労を美徳としていたのではなかったですか?彼らは新教徒だから、旧教徒とは考えが違うということですか?

それから、ミレーの「晩鐘」という絵がありますが、アレは、一日の労働を神に感謝している絵だと理解しているのですが、私の理解が間違っているのでしょうか?
あの絵からは、労働に対する尊敬の念というものを感じるのですが、コレも「労働=罪悪」に反します。どう説明すればいいのでしょうか?

投稿日時 - 2015-04-01 05:34:56

ANo.5

>中国人には、「頑張る」という行為自体を美化し称賛する文化はないのですか?
それは人間の本質としてどこの民族でも持っていると思いますよ。でも中国人の場合は違うと思います。スポーツは小さいころに才能を見初められて選ばれた子供が徴兵のように指名されてなるものです。これに選ばれるということは国のお金で英才教育を受けるということですが、本人が望んでいるわけではないということだと思います。もし優秀であれば親や兄弟家族には恩赦があります。立派な家が与えられ生活は保障されます。自らが選べるブラジルとかとは違うと思いますよ。当然香港地区は違いますが。

投稿日時 - 2015-03-31 12:40:52

補足

再度の回答ありがとうございます。

とすると、中国でのやり方は、嘗ての東欧で取られていたような、国策としてオリンピック選手を育てるというのと同じやり方なんですね。

>それは人間の本質としてどこの民族でも持っていると思いますよ。
貴方が観察して来て、中国人もそれは持っているということですか?
私は熱帯圏との係わりが深く、熱帯圏の人間を日本人と同じくらいよく知っているのですが、熱帯圏の人間にはコレがないのです。自然に生きていて、力むという姿勢が無いのです。アイヌを研究し始めて、アイヌ人にもこの気持ちはどうも無いようです。
日本人の精神文化の基本は中国からもたらされたと思っているのですが、「夢を追い求めて努力する」行為を良しとする文化も、中国から来たものと推察しているのですが、本家本元の中国では衰退したということでしょうか?

投稿日時 - 2015-04-01 05:17:00

ANo.4

大河は偉人の話なので、朝ドラも朝のドラマだからです。ちなみに「まれ」は夢を持てない少女という設定のようです。いずれは持つのでしょうけどね。
つまり見ているドラマがたまたまということもあると思いますが、自分はすべてのドラマが夢を語ってるとは思いません。でもたしかにJPopの歌詞などにはうんざりします。というか大抵の人はそう思っているでしょうが、なぜああいう歌詞なのか、単純に語呂合わせしやすいからのようです。またそういうことさえ言ってりゃ批判は受けないっていう今どきの若い人の処世術です。つまり正しいことを言ってりゃ安全というTVの性でもあります。本音を言えば制作側が批判を受けます。
海外でもそういうドラマはあるけど、むしろドラマは娯楽のイメージが強いのでもっと下らないものが多いです。家族の絆とかが多いですよね。それもうんざりだけど。
ちなみに中国人が頑張るのは、それで自分の家族の生活が保障され楽になるから。逆に挫折すると周りから白い目で見られるからです。税金なんですから。

投稿日時 - 2015-03-31 08:14:07

お礼

回答ありがとうございます。

>「まれ」は夢を持てない少女
夢を持てない少女を肯定しているのではなく、本来人間は夢を持つべき、持つ事が幸せなんだという暗黙の前提があると思います。

家族愛にしても、夢の実現にしても、毎晩々々、こう安っぽく繰り返し押し付けられては、ウンザリしてしまいます。もうちょっと、他に言いたいことはないのか!と思ってしまいます。

>中国人が頑張るのは、それで自分の家族の生活が保障され楽になるから
中国人には、「頑張る」という行為自体を美化し称賛する文化はないのですか?

ブラジルのサッカー少年が将来の一流選手を夢見て頑張るのは、お金と生活のためだと思います。ケニアのマラソン選手も同じだと思います。
中国人も同じだということですか?
よかったらコメント下さい。

投稿日時 - 2015-03-31 09:14:16

ANo.3

"白人も、日本人と同じく、夢の実現に血のにじむ努力をするという生き方を称賛し、
憧れるのでしょうか?"
  ↑
米国などは、アメリカンドリーム、という言葉が示すように
成功に対する憧れた強いようです。

日本人と異なるのは、成功できなかった場合です。
日本人は、努力が足りなかったのだ、と己を責めますが
米国人は運が悪かった、と考える傾向が強いようです。

それから、欧米はどういう仕事を選ぶかではなく、
どういう人生を送るか、仕事は二次的、という考えが
強いことも指摘できます。
人生のシャッターが降りるとき、俺は才能の総てを出し切って
生き抜いた、そういう人生に対する憧れが強いと聞きます。
だから成功して富を手に入れると、さっさと引退したりします。

これなどは、キリスト教の影響があるのかな、という感じがします。
仕事は、原罪に対する罪だ、という。

日本は、仕事=人生 て感じが強いと思います。

ちなみに、ワタシには中国人の知人が多いのですが、
彼らは「鶏口となるも牛後となるなかれ」を実践して
いますね。
だから、あそこは年中ゴタゴタと治まりが悪いのです。



”欧米で一般大衆が感動するドラマや映画というのは、何がテーマに
 なっていることが多いですか?”
    ↑
米国はサクセスストーリーが多いと思います。
しかし欧州は違います。
人生の皮肉や悲哀を扱った作品が多いと思います。
歴史の長短、成熟度の違いですかね。

投稿日時 - 2015-03-31 07:13:35

補足

回答ありがとうございます。
アメリカ人とヨーロッパ人の違い、非常に参考になりました。

ところで、>仕事は、原罪に対する罪だ、というのはどういう意味でしょうか?
働くことを労苦として、罪の償いをさせられているということですか?

日本に(欧米に比べて)中小企業が多いのは日本人が「鶏口となるも牛後となるなかれ」と考えている人が多いからだと思っています。中国にも中小企業が多いのでしょうか?

投稿日時 - 2015-03-31 09:02:35

ANo.2

午後8時から10時ごろまでがTV連続ドラマ時間帯ですが、いつも大金持ちと貧乏人がお決まり。大金持ちが贅沢三昧でさらに金の亡者になって、家族の誰かの裏切りで破産。その家に貧乏人が住みだすってシナリオで、ツマランそのものです。ドラマ見るのいやなら、ほかはクイズものとか、サバイバルもの。つまらんから、自分で100チャンネル以上ある放送局から探すです。

ですから、TVの連続ドラマなど、会話に上がることなど、ほとんどなしです。各寝室にはTVは置いてあっても、家族が集まる場所にはTVは置かないので、見たい番組があれば各自が自室で見るです。

投稿日時 - 2015-03-31 06:53:42

補足

どこの国の話ですか?

投稿日時 - 2015-03-31 08:40:10

ANo.1

なにか目標があって、それに向かって長い間の努力が実るってことが普通ですよね?
「社長になりたい!!」とも思わず、何の努力もしてないのに、社長になれるのは、創業者の息子・娘くらいのものだと思います。

日本や海外の偉人をとりあげた、マンガ偉人伝を読んでいても、やはりなにかの目標に向かって努力していますね。

>>欧米で一般大衆が感動するドラマや映画というのは、何がテーマになっていることが多いですか?

最近では、映画「アメリカン・スナイパー」が米国では大きなヒットとなっていましたね。
「国を守る、仲間を守る、愛する家族を守る」ためにスナイパーという役割を果たす。

米国のTVドラマでは、犯罪捜査ものが大きなヒットをしていると思います。
捜査官の人生ドラマと事件捜査の2つがテーマですね。
「犯罪捜査に集中することで、家庭生活が崩壊するとか、犯人が復讐のため、主人公の愛する人が殺される」なんてストーリもありましたね。

やはり、欧米は「愛国心」「家族愛」「正義」ってのがテーマになることが多いように思えます。

投稿日時 - 2015-03-31 06:50:12

お礼

回答ありがとうございます。

なるほど、欧米は「愛国心」「家族愛」「正義」ってのがテーマになってる。
日本人と共通する部分がありますね。山田洋二監督の映画は家族愛ですね。
今の日本では「愛国心」や「正義」というのは喝采されないですね。
犯罪捜査ものは、日本人にも人気があります。

投稿日時 - 2015-03-31 08:55:27

あなたにオススメの質問