こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

生活を微分したら 信仰のイメージがついて来る!?

 ひとの生活を微分したらどうなるか?
 それが 非思考の庭――信仰なる動態――のイメージとなるのではないか?




 《わたし》の生活を・思想を・存在を・人格を・人生をあたかも微分したら 信仰についてのイメージが得られるのではないか?

 次の図式における《自然本性のプラスα》が その信仰としての傾きであると。

  ○ 《わたし》なる存在

  [自然本性+α]:霊: 信じる:非思考の庭
  -------------------
  [自 然 本性]:心: 考える:思考の緑野
  [同     上]:身: 感じる:感性の原野





 すなわち 無神論なる信仰のばあいは 身と心から成る自然本性のほかには何も無いと信じる(無条件にそう受け容れる)のだと捉えるならその限りで――その無神論者の生活をあたかも微分すると――非思考の庭は フラットな横の一線になる。あるいはつまり おのれから等間隔に引いた線として 円になる。いや 球となる。球面になる。

 その円周 いや球面というのは 理念としての思想である。自分のえらんだ言わば《義》としての信念である。その義を 存在意義としての義としている。
 
 それに対して 有神論の信仰のばあいは――きよらかなおそれを抱くこととしてもイメージされると思うが―― けっきょくその生活や人格を微分しても結果は出て来ない。微分することは出来ない。カタムキが無い。頻繁にエポケーしている。その意味で不連続である。

 先ほどの言い方に倣うならば 《義無きをもって義としている》。だから 円も球もない。もしそれでもイメージを呼び起こそうと思えば この微分の結果というのは――変な恰好であるが―― 自然本性+αとしての霊つまりエーテルのようなものである。無神論者にとっての球面の代わりに エーテルのようなものとなる。

 神を受け容れているひとには 《信念》が無い。《義》が無い。囲いが無い(心の明け)。大道は無門である。





 なお いわゆる宗教のオシエを《信じている》場合というのは――けっきょく《非思考》にはならず―― 思想としての信念たる義を抱いている。無神論者のタイプになる。無神論者と宗教者およびその信者は その《わたし》が一個のボールのようなものである。

 神をいだく人は 囲いが無いから それらの《ボール》を目の前にしたら――野球のボールかバスケットボールかは知らないが――そのままを受け留め 往々にして受け容れてしまう。そのボールの積分たる心に寄り添ってやりその中の交通渋滞をも受け容れあたかも引き受けてやってしまう。こうして 現代の病いが起きる場合がある。

 たぶん現代ではない過去の時代と社会にあっては 互いにみんなでその交通渋滞の受け容れや引き受けをおこなっていたのかも知れない。



 ご見識をさらにたまわりたいと存じます。

投稿日時 - 2015-04-01 06:56:27

QNo.8946851

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

微分するとすべての行動がていねいになります。行動を丁寧にすると必ず謙虚な気持ちにあります。謙虚になるとそれは信仰に近くなる。

投稿日時 - 2015-04-01 11:39:08

お礼

 そういう筋道で考えられましたか。

 かいたら1さん こんにちは。ご回答をありがとうございます。

 わたしは 単純にカタムキとしての志向性のようなものとして捉えました。

 たぶん――その志向性といった意味合いでの見方になりますが―― 《謙虚な気持ち》というのは おっしゃるとおりだと思います。

 というのは へりくだって飾りやら肩書きやらあるいは世間のシガラミやらを振り落すと ほぼハダカの人間が現われ これは 何を欲し何を思いどこへ行こうとしているのかを内容とするであろうと考えられるからです。

 (ということは 志向性にも あまりよくない中身のものもあるかも知れないことになりますが)。


 でももしその大きく《わが志向性・おのが信仰》が 自覚されるようになれば人はそれぞれなお考えて行くことでしょうから よい方向に向かうことが期待されます。


 でしょうかねぇ。
 ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-04-01 11:58:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

よく解りません

其の結論の
論拠は?


また、有りようについて
神を認めず、尚神も何も信じぬもの

神を認め尚、信じぬもの

神を認めず尚
真理、摂理、等に対する信仰
其はあるもの

とある神は認めても
其の神は信仰せず
神ならざるもの
其に信仰を寄せるもの
etc.

信仰とか、
万人に普遍として、語る場合は
神として、一柱とは限らず
信仰対象として神のみと限らず
信仰するは単一宗教と限らず
etc.

故に、どう低く見積もっても
少なくとも最低三つ以上のファクター
此がある
かと、

其の理の是非のみ、間を見ない
と、しても
ならば、最低8様
其処は、ある筈


ので、
挙げられた以外にも
有りようの形態
其等は様々ある
と、思います


全てを検証せず、挙げず、
敢えて語るのは
都合の言い事例のみ、挙げている
隠している、
との、誤解
此を生みます

詭弁
と、疑われます
よ?

補足
私は貴方に
其を願えますか?

投稿日時 - 2015-04-01 20:35:24

お礼

 そうですね。まづは ご回答をありがとうございます。



 ☆☆ (趣旨説明欄)  [自然本性+α]:霊: 信じる:非思考の庭
 ☆ に言うところの《霊》は 《信じる》の対象ですが つまりは《神》ということです。

 ところが この神は 広い意味でのものであって 狭義の神とは 《無い神》と――便宜上――区別される《有る神》のことです。

 言いかえると 有神論と無神論とは 大きく広くひとつの神のもとでの・具体的なふたつの信仰の形態である。となります。

 つまり この《[自然本性+α]:霊》というのは そこに神の霊とともに 同じものとしての《無い神の霊》も入るわけです。
 そしてその霊としての《有る神》と《無い神》それぞれに対して・人によって 人間としての《わたし》の霊――ブッダター(仏性)とも呼ぶ――が一体であるとなります。

 次のようです。


 ○ (信仰は 《有る神》または《無い神》のいづれかと《わたしの霊》との一体である)~~~~~

  A. ブラフマニズム:梵我一如
   梵:ブラフマン・・・・・マクロコスモス。神
   我:アートマン・・・・・ミクロコスモス。霊我

  B. ゴータマ・ブッダ:無梵無我一如(=無神論)
   無梵:空・シューニャター・ゼロ
   無我:アン‐アートマン;ニルワーナ

  C. ブディズム:仏仏一如(=有神論)
   仏:アミターバ・ブッダ(阿弥陀如来)
      / マハーワイローチャナ(大日如来)
   仏:如来蔵・ブッダター(仏性)

  D. クリスチアニズム:霊霊一如
   霊:神・聖霊
   霊:《神の宮なるわれ》

  E. (プラトン?):霊霊一如
   霊:宇宙霊魂(プシュケー・コスムー) / 世界霊魂(アニマ・ムンディ)
   霊:《われ》

  F. 《もののあはれを知る》
   霊:かみ(自然および超自然)
   霊:われ(自然本性)

  G. ユダヤイズム:霊霊一如
   霊:ヤハヱ―;(エローホ=神)
   霊:われ

  H. イスラーム:霊霊一如
   霊:アッラーフ(イラーハ=神)
   霊:われ






 ☆ 中で 次のFの場合は 八百万の神々だと言われますが それらはひとつの神にまとまっていると見るわけです。

  F. 《もののあはれを知る》
   霊:かみ(自然の八百万の神々をまとめたただ一柱の神としての超自然)
   霊:われ(自然本性)



 どうでしょう。

投稿日時 - 2015-04-01 21:21:10

もっと真剣に日本と言う国を作って欲しかった。

世界各国を見て、複数の宗教があるのは、日本と韓国とナイジェリア(アフリカ各国)だと思う。

投稿日時 - 2015-04-01 08:47:37

補足

 ok_kamokamo さん お礼欄でたいへん失礼をいたしました。

 お名前を間違えてしまいました。申し訳ございません。すでにご回答をいただいたこともありますところ たいへんごめんなさい。失礼しました。

投稿日時 - 2015-04-01 15:10:57

お礼

 ★ もっと真剣に日本と言う国を作って欲しかった。
 ☆ 国づくり の問題として見るということでしょうか。


 おうけい_おかもとさん お早うございます。ご回答をありがとうございます。



 一人ひとりの――あるいは家族を単位体としての――思想つまり生活態度の形成 これが国づくりに及ぶという考え方もありますね。ふるいかも分かりませんが 修身斉家治国平天下。



 ★ 世界各国を見て、複数の宗教があるのは、日本と韓国とナイジェリア(アフリカ各国)だと思う。
 ☆ ただひとつだけに凝り固まると いやですね。怖いですね。

 でも いくつかのシュウキョウがあると言っても 宗教はそれぞれひとつですからね。
 つまり それとして 《ひとつの道》に凝り固まってしまうものと わたしには思われます。風通しがよくありません。のではないでしょうか? いくつかあると まだましなのでしょうか。


 でも あれですよ。韓国は 間違いなく《ただひとつのカタムキ》に片向いていると思いますよ。
 つまり 少数意見――異見のことですね――がないはずは無いでしょうが それが 社会に出て来ない。《抹殺》されているのではありませんか? わたしは 集団として気が違っていると見なしています。

 ナイジェリアは よく知りません。さらにおもしろい情報などありましたら おしえてください。みなさんに向けてもだと思います。

 
 さらにこの日本という国のあり方を さぐって行きたいと思います。

投稿日時 - 2015-04-01 09:16:58

あなたにオススメの質問