こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ZUN氏の東方が音楽を聴かせたかったからについて

よくZUN氏は音楽を聴かせたかったからゲームという形で作曲したと聞きますよね。しかし、個人的にどうしても信じられません。東方の始まりは霊異伝だったと記憶していますが、当時DOSであれだけのシステムを、しかも9801で作成しているというのは、バグなど不完全な部分もあるものの、プログラマとしてかなり才能があると思えます。それに比べて、霊異伝のBGMはあまり長い時間流れるものではなく、それもブロック崩しのシステム自体音楽より玉に注目するものでした。また、その音楽が人を魅了したとも、渾身の音楽とも思えません。確かに紅魔郷などは音楽がかなり有名になっていますが、それはボーランドCからVCに変わり、MFCなどが使えるようになったため、スケールが上がっただけだと思います。国民機ユーザーに対して長く提供していたのも、システム中心の考えだったと思うのですが、実際のところ、音楽が目当てなんですか?
長文すみませんでした。

投稿日時 - 2015-04-03 21:07:48

QNo.8948601

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ん~。本当のところは本人しかわからないですが。

>ZUN氏は音楽を聴かせたかったからゲームという形で作曲した
一応、これはZUN氏本人がインタビューにそう応えたから、広まった情報です。

==以下はニコニコ大百科の「ZUN」記事抜粋===
ゲーム愛好家であり、大学時代に「ゲーム音楽を作りたかったのでゲームごと作った、それが一番楽」という謎の発想によりゲーム製作を開始。なお、パソコンに触れたのはこのときが初めてだという。製作するゲームにSTGを選んだのは「当時一番流行っていたから」だそうである。
===================

これを信じるなら、「音楽を聴いてもらいやすい手段としてゲーム作った」ということになりますね。
もっとも、……ZUN氏、酒飲んでないときでも割とノリと勢いでしゃべる人らしいので、どこまでホントかは本人のみぞ知る、といったところです。

<まとめ>
・本人談なんで、少なくとも作り始めた動機は「音楽を聴かせたかったから」なのは確か(と思うしかない)です

投稿日時 - 2015-04-05 18:37:47

補足

あ、あれは練習だったのですね。心よりお詫び申し上げます。

投稿日時 - 2015-04-05 21:50:16

お礼

ありがとうございます。すごく意外でした。それにしても
Wikipediaより
>当作品は固定画面のブロック崩しゲームである。
これをSTGって、ZUN氏大丈夫でしょうか。

投稿日時 - 2015-04-05 21:42:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問