こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

中小企業の株価 上場って何?

日本には星の数ほど多く株式会社があります。だけど、上場している株式会社は極僅かで、数%と聞いたことがあります。殆どの株式会社は、上場していない、しかも、資本金の少ない中小企業だと聞きました。(記憶違いかもしれない)

んで、株価ってあるじゃん。これは上場した株式会社だけの概念ですか?

トヨタとかドコモには株価があって、毎日変動しているんでしょう。トヨタの株は野村證券に売っていて、1株千円で百株買うのであれば、十万円を差し出して、昔は紙の株券を百枚受け取るのでしょう。(今は完全に電子化されてるみたいですが)

でも、上場してない株式会社は星の数くらい多くあって、株式会社なんだから株式を発行してますよね?その株式を誰かが買っていて、ソイツを株主と言いますよね?上場してないのに、どうやって株買うの?

株で儲ける方法は、株価の安い時に株買って、株価の高い時に株を売れば良いと思います。中小企業の株の売買も、こうやれば株主は儲かるの?中小企業にも株価はあるの?

株式会社を経営するには多額の資金を要しますが、銀行から借りるのでは?上場してれば株主を募って株を売っても良いのでしょうが、中小企業からすると上場は高いハードルみたいで、株よりも銀行ですよね?株式を全く発行してない株式会社も多いのでは?それを株式会社と呼ぶのはイマイチですけど。

上場とは、株式市場(例えば野村證券)に株式が売り出される事である。株価とは、上場した株式の時価。正しい?

投稿日時 - 2015-04-08 20:43:59

QNo.8951940

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

それでは順に。
「株価」についてですが、これは、確かに株式を「株式市場」に上場している株式会社の株を「取引単元」単位で購入する際に指標となる価格です。市場価格であり、上場していないと価格はつけられません。
一例を上げますと、貴殿のおっしゃっている「トヨタ」(企業コード:7203)の場合、本日4/8の「引け値」は8372円で、単位株数は100ですので、837200円に取引手数料がかかって、株式を購入することができます。
では上場していない株式はどうやって売買されているのか?簡単なことです。市場を介さずに売買されているのです。
非上場会社の場合、株主=創業者orその一族or社員全体 であることが往々にしてあり、また、その会社に出資してくれる人に株券を発行して手渡すことで一種の「証書」としていることもあります。仮に「買収」とかになった時に、実際の出資額より高く買ってくれる場合もあるため、これについては、個別取引になるため一概には言えません。
上場している中小企業の株で儲けるためには、自らがパトロンとなって株価を釣り上げるとか、将来性のある会社を買収するなど、少なくとも数千万円の現ナマは必要になります。もちろん、非上場の会社を買収し、あるいは設立して、他者に高くで買ってもらうことでも儲けられます。

最後の質問 
>上場とは、株式市場(例えば野村證券)に株式が売り出される事である。株価とは、上場した株式の時価。正しい?
証券会社は、市場で売り出されている会社の株式の売買を取り次ぎしているにすぎず、証券会社に上場しているわけではありません。証券会社も株式市場に参加しているプレイヤーであるのです。株価については、思っておられる通りです。

投稿日時 - 2015-04-08 23:07:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問