こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

神がみづからを揚棄しちゃった:エレミヤ書31:31

 聖書の伝えるヤハヱーなる神は
 みづからによるみづからの揚棄をおこなった。
 つまり おこなうと預言させて 
 子なる神キリスト・イエスにそのことの成就を果たさせた。


 旧約聖書のエレミヤ書(31:31以降)に
 その内容を明らかにして予告し
 それがパウロをつうじて
 かれの著わしたと伝えられるヘブル書で

 けっきょくイエスによって
 〔そのイエスが神の子キリストとして世に
 現われたという想定のもとに〕
 成就した

 と語った。

 すなわち:
 ▼ (伝パウロ・ヘブル書8:7-13) ~~~~~~~
 もし、あの最初の契約が欠けたところのないものであったなら、第二の契約の余地はなかったでしょう。
 事実、神はイスラエルの人々を非難して次のように言われています。

   ▲ (旧約聖書・エレミヤ書 31:31-34)~~~~~~~~~
    見よ、わたしがイスラエルの家、またユダの家と、
    新しい契約を結ぶ時が来る」と、主は言われる。

    それは、わたしが彼らの先祖の手を取って、
    エジプトの地から導き出した日に、
    彼らと結んだ契約のようなものではない。
    彼らはわたしの契約に忠実でなかったので、
    わたしも彼らを顧みなかった」と、主は言われる。

    それらの日の後、わたしが
    イスラエルの家と結ぶ契約はこれである
    ――と、主は言われる。

    すなわち、わたしの律法を彼らの思いに置き、
    彼らの心にそれを書きつけよう。
    わたしは彼らの神となり、
    彼らはわたしの民となる。
    彼らはそれぞれ自分の同胞に、
    それぞれ自分の兄弟に、
    『主を知れ』と言って教える必要はなくなる。
    小さな者から大きな者に至るまで
    彼らはすべて、わたしを知るようになり、
    わたしは、彼らの不義を赦し、
    もはや彼らの罪を思い出しはしないからである。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 神は「新しいもの」と言われることによって、最初の契約は古びてしまったと宣言されたのです。年を経て古びたものは、間もなく消えうせます。
 ~~~~~~~~~~~~

 ☆ すなわち その神の神によるみづからの揚棄は  次の内容であると捉えます。これを問います。

 (α) あたらしい契約の時代にあっては モーセの律法によるのではなく あたかもその昔にもどってアブラハムの信仰によるということ。

 ▲(エレミヤ書・同上) わたしの律法を彼らの思いに置き、彼らの心にそれを書きつけよう。
 ☆ というのであれば これが 律法なるオシエ〔を守ること〕を第一義とするのではないことを示している。

 (α‐1)
 ▼(パウロ:コリント後書 3:6) 文字はころし 霊は生かす。
 ☆ 石の板に書きつけられた十戒なる律法(なるオシエ)ではなく そうではなく 人びとそれぞれの心の胸の板に書きつけられた思いとしての律法すなわち霊をめぐる信仰によることを示していると考えられる。


 (β) イエスの登場を契機として 次のような内容として あたらしい時代と社会が開けるということ。

  すなわち
 (β-1) 《原罪》は 贖われ終わったということ。
  ▲ 彼らの不義を赦し、もはや彼らの罪を思い出しはしない。

 (β‐2) オシエは要らなくなったということ。
  ▲ 『主を知れ』と言って教える必要はなくなる。


 (γ) まとめて: イエスの去ったあと パウロの言うように《宣教というおろかな手段》を用いて 人びとにイエスをキリストとして伝えるつとめはあって これがおこなわれたが あとは 宗教としてのオシエは不要であり 組織も教会も要らない。――というあたらしい天と地の時代へ入るということ。

 (γ‐1) 神は どんな名で呼ばれようと じんるいの全体としてひとつである。無い神も同じひとつの神である。とキリスト・イエスが そのアウフヘーベンの内容と結果とを指し示したはずだということ。キリストにもヤハヱーにも こだわる必要はなくなっていること。

 (γ-2) つまり エレミヤ書のこのくだりで 神は神みづからをユダヤ民族の神としての位置からさらに高いところに揚げて その世界全体としてひとつなる普遍の神のもとに含まれることとなって〔みづからを〕棄てた。

 (γ‐3)
 そうして もしその《信仰》のあり方が人間にとって普遍なことであるなら 世界中の神の名前の違いにかかわらずに すべての民族において そう成るということだ。
 ハタラキを及ぼす《神 と人との関係》がととのったということは――逆説的ではあるが―― 神が何もしない・つまりすべてを人間にまかせるということでありうると考えられる。



 ご教授・ご批判を俟ちます。賛成票をもどうぞ。

投稿日時 - 2015-04-21 23:35:46

QNo.8961079

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

B様、こんばんは。


>「おこなうと預言させて 
 子なる神キリスト・イエスにそのことの成就を果たさせた。」

、・・・神、ですからねえ。

投稿日時 - 2015-04-24 01:43:51

お礼

 神ですから。


 ご回答をありがとうございます。

投稿日時 - 2015-04-24 03:52:57

≧(´▽`)≦アハハハ・・・・・・・・・・・

神が 何もしないのでは無く「間接主管圏」と「直接主管圏」があるだけ・・

投稿日時 - 2015-04-22 01:29:11

お礼

 ご回答をありがとうございます。



 ★ 「間接主管圏」も「直接主管圏」も
 ☆ ないという解釈です。

 つまりあるいは 《神による〈主管〉》という考え方が要らない。

 すなわちその意味は 神が人間を主管しているかどうかは 人間には分からない。分かるか分からないかが 分からない。


 話はつづきますが ということは 人間にも 神との関係が分かる場合がある・・・かも知れない。主管されているのか 友だちであるのか。・・・ 
 (イエスが弟子たちに もうこれからは 友だちだと言っている場面があります)。


 つまりは けっきょく・とどのつまり考えられることは 《神とわれとの関係》は おのおの主観においてその主観真実のかぎりで自由にさまざまに解釈されうる。となります。《神は無い すなわち 無い神がわれと関係している》といった見方も現われます。

 
 ところが その神についてひとつの結論を出した主観は ほかの人間の主観とまったく同じではない。同じであるかどうかは 分からない。ついぞ誰にも分からない。まったく同感だと言ったとしても ほんとうにそうであるかのかは 人間に最終的なかたちとしては判断できない。

 (ふたりの人間が 互いに神論として同じ主観であると言ったとしても 第三者から見て そのことは おお それはただしいとか まちがっているとかの最終的な判断をくだすことは できっこない。そもそも神というコトが 証明できないのだから)。



 だから
 ★ 神が 何もしないのでは無く「間接主管圏」と「直接主管圏」があるだけ・・
 ☆ なる見解に対しては こうなります。:
 ★ ≧(´▽`)≦アハハハ・・・・・・・・・・・

投稿日時 - 2015-04-22 08:32:51

あなたにオススメの質問