こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

中・韓との歴史問題は日本の共産・社民党が広めた。

  靖国神社参拝・従軍慰安婦問題を我が政党が追及しているので、中・韓にわざわざ問題に
するようにお願いしたと聞いています。今では中・韓に外交カードにされ政治利用されています。特に従軍慰安婦の強制連行は捏造だと朝日新聞が発表したにも関わらず、両党は中・韓を
応援しています。本当に嘆かわしいことです。世界の中で母国の悪口を言うのは左翼日本人だ
けである。卑劣な韓国人は論外として日本のガンは左翼と呼ばれる日本人だと思いますが,
皆様のご意見をお願いします。

投稿日時 - 2015-04-22 03:18:19

QNo.8961127

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

文面だけを見ていると物凄い極論にも思えてくるのですが、過去の経過は強ち間違ってはいません。

質問者さんが仰っている事例は、恐らく1960年代の事かな思うのですが、確かにその頃の日本社会党は兎に角必死で、後先考えずに動いていた節があります。

今の民主党や社民党の母体であった日本社会党は、戦後初の選挙に勝利し政権を握ったものの、社会主義国家を目指す左派と穏健派の右派との対立により分裂し、結局次の選挙で吉田茂率いる自由党に破れて政権を手放してしまいます。その後、左派社会党と右派社会党に分かれて活動するも、吉田茂の巧み政権運営で戦後処理を進める自由党に勝てず、1955年自由党と当時の民主党が合体して自由民主党が出来たのを機に社会党も左右両派が合体し日本社会党として纏まった訳です。で、これが俗に言う55年体制な訳なのですが、当時としては未だイデオロギー対決があった為、社会党としても労働組合を中心とした階級闘争を目論んでいました。

しかし時代は既に高度経済成長に差し掛かった頃で、実質的な自由主義経済の恩恵を受けた国民には社会党の掲げる綺麗事の理想論など届く筈もありません。だから当初の目論見所か選挙毎に議席を減らすジリ貧状態。そこで当時の社会党が行ったのが今で言う所のネガティブキャンペーンで、当時の自民党が構築した体制に付いていけなかった貧民層に光を当て、こうした社会的弱者が現れたのは自民党の弱者切捨ての政権運営によるモノだと追及し始めた訳です。

で、ここで始めて質問者さんが指摘された事例に関係してくるのですが、実際的には日本社会党も日本共産党も外国に何かのお願いをしたと言う訳ではありません。しかし最近の朴クネ大統領の告げ口外交宜しく、我が党の考えが海外に理解されたとする外交ポイントを得たいが為に、外国の要人を訪ねては当時の最大野党が自民党や日本の体制の悪口を言いまくった訳です。当然そうなると、それをもって対日カードにしようとする輩も現れるし、社会党や共産党も自ら発した言葉なので否定も出来ない。それに何よりは、端から自民党の足を引っ張るのが目的なもんだから、仮にその趣旨に沿っているならば、多少日本の誇りが傷付こうともそこは目を瞑って一揆果敢に政権を攻め立てる。

因みに質問文の中に出ていた朝日新聞なんですが、かの新聞は戦時中は大本営の尻を持つ御用新聞でした。しかしその反動からか戦後は他の新聞社同様反体制に転じ、ある時期から日本社会党と共鳴し、弱者救済の立場から極端な綺麗事を記事にしては部数を伸ばした新聞社です。

私は、日本が民主主義国家である以上、上記の事もあって良いとは思っています。しかしそれも程度モノで、ここまで極端にやられると如何にも醜く、それこそ手入れの行き届いていない公衆トイレの様な臭いを感じてしまいます。しかしかく言う日本社会党は民社党に姿を変え、後は滅びるのを待つだけの状態です。またその流れを汲む民主党も馬脚を現し、これも衰退の道しか残されていません。だから質問者さんが危惧されている左翼が最後の賭けで何をしでかすのか分からない面もありますが、最早余り力も残っていないと言うのが実際かと思います。

投稿日時 - 2015-04-22 05:23:27

お礼

  抽象的な表現を詳しく説明していただき、ありがとうごさいました。
 左翼が日本国内で活動するのは良しとしても、わざわざ国連・韓国まで行って市民団体と
 名乗る活動家とグルになつて、日本を誹謗・中傷している姿は同じ日本人として非常に 
 嘆かわしいと思います。          
 
 

投稿日時 - 2015-04-23 01:48:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

従軍慰安婦は福島前党首がでっち上げたのではありません。自民党や自民党びいき、ネトウヨの言葉をそのまま信じて、何も研究していません。従軍慰安婦は戦争中に今の中曽根前総理大臣が施設を作ったのは俺だと。証言し、文書も残っています。事実をみてください。嫌中、嫌韓でいると、日本は世界から取り残されます。世界メディアの方がよほど事実を見ています。従軍慰安婦は韓国人だけではありませんから、良く調べてみたら、どうですか。

投稿日時 - 2015-04-23 20:07:10

お礼

70年前の戦争当事国には従軍慰安婦がいたことは事実であり、大勢の兵隊を統率するため
または男の生理学上からも必要だったことも想像できます。その当時は女性に対する人権
侵害と批判する人もいなかつたと思います。あなたの言っている世界メディアは自国の恥部
には触れないし報道もしません。あまり無責任な世界メディアを信用しない方が良いと思い
ます。
   

投稿日時 - 2015-04-24 02:07:21

ANo.7

>中・韓との歴史問題は日本の共産・社民党が広めた。

そこまで日本の左翼勢力を過大には評価できません。中国の文化大革命以降中国共産党と日本共産党との不仲は決定的となり、中国共産党に対する日本共産党の影響力は皆無となりました。その30年余りのちに両党の関係は修復しましたが、中国共産党に対して日本共産党の影響力がさほどあるようには見えません。韓国に対する社共両党の影響力などはさらに小さく、ほとんどなきに等しいでしょう。

政治家が行ったことで、この問題の拡大に貢献したものがあるとすれば、むしろ日・中・韓のどの国にもいる、排外的な国民感情に便乗した政治家たちの、他国の国民感情への配慮を欠いた言動です。この点では皮肉なことに各国のこの種の大衆迎合主義的な政治家の利害は一致しています。例えば歴史問題に関して日本で極端に排外的な極右の政治的発言をする政治家がいれば、中国や韓国のこの種の政治家にとっては「それ見たことか」と好都合ですし、逆もまた真です。

歴史問題以前に、「日本の軍国主義」を周辺の国で警戒する傾向は、別に太平洋戦争後になって初めて中国や韓国が開始したわけではありません。東洋史学者で京大教授だった内藤湖南は今から百年近く昔にすでに以下のように指摘しています。

「最近には日清戦爭があり色々なことがありまして、今日では支那人は、日本は軍國主義だと云うて非常に気に掛けて居りますが、これは日本の勢力が支那に及ばんとして居る関係から来てゐるのだと思ひます」(大正10年の講演)

その後の「歴史問題」は、本質的には湖南の言う「日本の勢力が支那(や朝鮮)に及んだ」ことに由来するもので、その逆ではないことは忘れてはならないと考えます。日本がそこで行った何に対して、どう批判されているのかを感情的にならずに冷静に検討することが重要です。

また、単純に日本を批判しているように見えますが、日本に悪役を務めさせることによって、国民のナショナリズムを刺激し、現在の統治にうまく利用している面も一方ではあります。その意味ではこれは国際問題のように見えて、実は各国の内政問題でもあります。

そもそも、歴史的事実は一つだったとしても、それを記録した史料は互いに食い違うものが複数あることが通例ですし、その解釈はさらに多様でさまざまな見方が可能です。

いわゆる歴史問題が不毛な議論に陥りがちなのは、このことを無視し、史料を多角的に読み解くこともせずに「歴史認識はかくあるべし」という、ただひとつの偏狭な考え方を「正しい歴史観」だとして他者に押し付けようとしてしまうからです。

人それぞれの歴史認識が異なることを前提とし、多様な価値観を互いに認め合ったうえで、共通の議論のベースを構築する必要があると考えます。それは「正しい歴史観」を持つことではなく、史実の細部を確実な史料から多角的に詰めてゆくことから始めなければならないでしょう。もちろんそれは容易なことではありませんが…。

投稿日時 - 2015-04-23 00:57:25

お礼

 韓国政府は従軍慰安婦が強制連行でないことを分かつており、また日本が強制連行を認めることはないと踏んでいます。彼らには正しい歴史認識は必要ではなく、慰安婦象の設置に
見られる様に、日本、日本人を悪者に仕立て上げて経済的、国際的に日本より優位に立ちたいのが目的になっています。日本は謝罪を繰り返すことではなく、理不尽な要求はきっぱり
と拒否することだと思います。

投稿日時 - 2015-04-24 03:39:20

旧日本社会党、および社民党、民主党の一味が、日本国民から政党助成金をもらいながら反日活動をするのは問題です。

日本共産党は、共産主義者の集まりであって、日本の現体制を破壊するのが目的ですし、日本国民から政党助成金を貰っていないので、一貫性があります。
日本国民の敵として、敵ながら天晴(あっぱれ)と思います。

また、日本社会党や日本共産党よりも国際的な影響力のある朝日新聞が、真実報道をしないで、誤謬・捏造にもとづき、利敵行為をするのが一番問題です。

報道の自由をみとめる(意見は表明して良い)けれども、事実以外を事実のように捏造することは、法をもって禁止するのが良い(=罪刑法定主義に基づき、刑罰をさだめるのが良い)と思います。
もし、それが困難ならば、日本国民が売国新聞を購読しないこと、そして資金源である広告企業に対して抗議行動を起こすことが必要と思います。

投稿日時 - 2015-04-22 12:27:24

お礼

 私の抽象的な表現を詳しく説明していただき、ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-04-23 02:07:57

ANo.5

過激なご質問ですが、おっしゃるように中韓の反日に火をつけて、煽ったのは朝日、毎日と旧社会党だったことは事実です。靖国については戦後歴代総理が参拝していましたが、中韓からはなんの抗議もありませんでした。抗議を始めたのは1985年の中曽根総理の参拝以降です。突如として朝日新聞が反靖国キャンペーンを始め、当時の社会党書記長田辺誠が中国へ行き、共産党政府に「中曽根内閣が軍事大国を目指す危険な動きを強めている」と告げ口したのが始まりです。以来中国政府はこれを日本牽制の外交手段に使うようになりました。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/yougo/yasukuni_sanpai_mondai.html

従軍慰安婦もほとんど構図が同じです。1992年に朝日が記事にするまで、なんの問題も起きなかったのです。従軍慰安婦という言葉さえありませんでした。この朝日の記事をネタに社会党書記長だった福島瑞穂が韓国に渡り、反日運動を煽りました。そのことは朝日が白状したので、今ではほとんどの国民が知っています。

共産党については日本共産党は歴史的に中国共産党と仲が悪いので、国外工作は社会党ほどではありませんが、国内での反日活動は社会党(社民党)より遙かに強力です。彼らは基本的に日本が嫌いなのです。日本に愛情がないのです。なくなればいいと思っているのです。沖縄でやっていることを見ていると、そうとしか思えません。いずれ本土も中国に渡すつもりでしょう。

投稿日時 - 2015-04-22 10:33:19

お礼

 私の抽象的な表現を詳しく説明していただきありがとうございました。

投稿日時 - 2015-04-24 02:15:02

ANo.4

中・韓との歴史問題は日本の共産・社民党が広めた。
→まさしくその通りです。

本来国内の歴史問題であるはずを国際問題に
したのは彼らが中・韓へ伝播したためです。

特に社民党の福島瑞穂は韓国・済州島で
慰安婦が存在したという話をでっち上げたことに
より新聞など各種メディアで取り上げられてしまいました。
取り上げられたことにより韓国政府からの非難も食らう…

そのため、時の日本政府もその事件を元に河野談話を
発表せざるを得なくなった、という経緯です。
しかしながら、その後、済州島の事件はなかったことが
立証されたにもかかわらず、河野談話にて
「軍や官憲の関与があった」と盛り込んでしまったため
韓国からの非難は続いていく、という負のスパイラルを
もたらしてしまいました。

おっしゃる通り、彼らは日本のガンといわざるを得ません。

投稿日時 - 2015-04-22 07:36:04

お礼

 私の抽象的な表現を詳しく説明していただき、ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-04-23 02:32:45

アメリカに行って人身売買を認めようとしている左翼の安倍が問題じゃね。(´・ω・`)

投稿日時 - 2015-04-22 04:34:56

ANo.1

 日本が中•韓と仲良くなって経済共同体を作れば、それで一番打撃を蒙るのは誰か、と世界を見回せば、自然に答えは出てくると思います。

投稿日時 - 2015-04-22 04:09:01

あなたにオススメの質問