こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

雨漏りについて

12年ほど前に一戸建てを新築しました。
春に入居し、その年の夏の台風で東南の掃き出し上部からの雨漏りが発覚し、住宅メーカーに連絡をして修理をして頂きました。窓周りの目地埋めか何かだったと思います。
ところがその年の次の台風でも雨漏りは直っていず、もう一度連絡しましたところ、また修理をして頂きました。やはり同じような目地埋めで、周りの壁にもう少し広範囲にされたようでした。
それで改善されたのかどうかは、台風シーズンが終わったのでその年は分かりませんでした。

しかし翌年の台風ではやはり同じところからの雨漏り。

住宅メーカーに連絡し目地埋め。

また翌年雨漏り。また連絡し目地埋め・・・

毎年こういうやりとりが行われ、12年経った今も台風になると雨漏りがします。
ちなみに普通の雨では漏りません。

しかし、もともと対応の遅い住宅メーカーさんで、連絡も一回では来てくれず、何度も何度も連絡し、半年以上放置されたりもしました。
そして何度も言ってようやく重い腰を上げるという感じで、来て頂いても目地埋めばかりでそれ以上の修理がなく、一向に改善されません。そうこうするうちに12年経ってしまいました。

今回も去年の夏の台風時に1月には修理にかかると言われたのが2月になり、4月中には行きますと言われたのがまだみえません。雨水がつたって床がふやけたりもするので、一刻も早く何とかして欲しいのです。

12年も経っていますが、いわば初期不良のようなものだと思います。

どこか建築関係のトラブル相談の機関か、専門の業者さんに入ってもらうか、何かいい方法はありませんでしょうか。

投稿日時 - 2015-04-24 18:03:20

QNo.8962631

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

入居後雨漏れして直って居ない工事は継続している様に思いますが。雨漏れの原因が他に有りませんか。原因を調べて手直し工事が必要です。一度保険屋さんに、今までの経過を話して相談を。良い話しになるといいね。床も直して貰う事。

投稿日時 - 2015-04-25 15:37:22

お礼

#6様同様、#5の回答者さまにも書いて頂いているので、どうやら保証期間は大丈夫みたいで安心しました。

なんとか直してもらうように根気よく交渉したいと思います。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-04-26 11:33:50

ANo.5

まず法律的いうと、瑕疵保証期間は終了していません。
 築後12年ということですから、住宅の品質確保促進法(品確法)が適用されていますし、
 そもそも、引き渡し直後から雨漏りが続き現在に来ているということですから
 仮に瑕疵ということでも、修補が完了していないので瑕疵期間が停止されています。
 また、民法的にも、工事目的物(建物)の要求機能が満足していなかったわけですから
 未成工事のまま仮引き渡し受けた状態という考え方もできます。
 未成工事・・・工事が完成していないので瑕疵にあたらず、工事を完成させる要求ができる。

 実際の対応についてですが、
 住宅メーカーも全く対応してこなかったというわけではないので、修補の責任があることは
 認識しているはずです。
 電話で話しても埒が明かないようですから、面倒でも一度会社に訪ねって言って再度お話を
 することが必要かと思います。

 また、今までと同じ修補の仕方では、現実的に雨漏れが止まっていないわけですから

  1、雨漏れの原因の調査計画をつくってもらい、調査報告書を提出してもらう
    内容的には原因が特定されていること及び修補計画が明確になっていること。
  2、修補方法に納得してから、修補工事に着手してもらう

    
  因みに、雨漏りの直接原因は質問内容だけでは状況がわからないので何とも言えませんが
  通常の雨では漏水せず、台風OR強雨?時に漏水が発生とのことのようですので
  室内が負圧(外より室内の気圧が低くなる)になって、外壁部分のどこかに隙間があり
  そこから風圧と一緒に入り込んでくるのではないのでしょうか?

  いずれにしましても、交渉(打ち合わせ)は身内か知り合いの方で専門家(建築士等の有資格者)
  に一緒に行ってもらったほうがよいかと思います。
  但し、こういった交渉を直接することは法律的にできませんので(当事者または弁護士等のみ)
  技術的な見解を述べてもらって、交渉そのものはご本人がやるということになります。

  打ち合わせがこじれるようでしたら、お住まいの県の建築紛争審査会に相談されることを
  お勧めします。

   *参照URLは国交省のホームページで建築紛争審査会の連絡先が書いてあります

  ここまでくると、最悪のケースでは弁護士を立てて訴訟ということになるかと思いますが
  状況から見て住宅メーカーに100%の過失があるわけですから、変な妥協はせず納得できる
  方法で修補をしてもらうように要求すべきですね。
  
  住宅メーカーも修補とは別に損害賠償請求、慰謝料等も含めた訴訟になると思うので裁判沙汰
  にはしないと思います。
   

参考URL:http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/totikensangyo_const_tk1_000084.html

投稿日時 - 2015-04-25 14:50:25

お礼

丁寧に教えて頂き感謝です。
全くどうしていいか分からず、どこへ相談したらいいかも分からない状態でした。

もう一度電話連絡し、教えて頂いた手順で交渉してみます。

それでもこじれるようなら一体どこへ?とも思っていましたが、建築紛争審査会というものもあるのですね。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-04-26 11:30:20

ANo.4

あまりにもひどい住宅メーカーですね!
名前を出せばと思いますよ。

何度も雨漏りをしているのなら、私なら建て替えをしろと言います。
住宅メーカーと喧嘩になります。
10万や20万で買った物ではありません。
消費者サンター等から言ってもらえばと思います。そしてちゃんと証拠を保存していますか。
それか住宅に詳しい弁護士を雇って、裁判でもと思いますけど。建て直しをさせればと思います。
早い方がいいのですが。

投稿日時 - 2015-04-25 07:16:09

お礼

証拠をと思い、今になって(遅いのでしょうが)過去に通達した事項を思い返して書き出しているだけで、信憑性が疑われるかもしれません。落ち度でした・・・。

去年の雨漏りのとき、画像を送ってくれと言われたので、前の携帯で撮影したものがありますが、その携帯は今使ってないです。(自宅保管はしていますが)
確かデータはショップでバックアップを取ってもらってCDで持っているような・・・。


一度消費者センターへ言ってみようと思います。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-04-26 11:25:48

ANo.3

そのような雨漏りは1階部分に軒先がない総2階の建物で起ります。掃き出しサッシの上にシャッターが付いている場合に起こりやすいのです。サッシとシャツターの間の防水テープの施工が上手く出来ていないのです。
外壁を剥がして再度施工するのが良いのですが、大変な工事です。施工の欠陥が露見するので住宅メーカーは本格的な工事をやりたがりません。
12年が経過してしまっているので住宅瑕疵担保責任保険の期限が過ぎてしまっています。10年以内に手立てをしていたら確実に大掛かりな工事が無償でできたのです。そのハウスメーカーでは頼りになりません。その保険の証書を見て瑕疵が起きた時の連絡先に相談することです。過去に遡って対応するかも知れません。

投稿日時 - 2015-04-24 22:23:28

お礼

やはり10年で保証は終わっているようです。もっときちんと保証のことを勉強しておくべきでした。
教えていただいたように瑕疵が起きたときの連絡先に電話してみます。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-04-24 22:59:20

ANo.2

文章から推察すれば・・・・・

  屋根で雨漏りを引き起こしてる可能性が高いです。

 軒の出寸法が少ないのでは・・・・?

実地に観察しないと分かりませんが・・・
  お近くの信頼のおける 瓦屋さん に見てもらって下さい。

投稿日時 - 2015-04-24 19:44:28

お礼

屋根ですか・・
なるほど、屋根までは見てもらったことがありませんでした。
ありがとうございます。一度聞いてみます。

投稿日時 - 2015-04-24 22:19:05

ANo.1

瑕疵担保保険に加入して居ませんか。

投稿日時 - 2015-04-24 18:38:07

補足

契約書を調べてみたところ、長期保証で10年間となっていました。すでに12年経っているので無理なのでしょうか?
(初年度より毎年通達しているのですが・・・)

投稿日時 - 2015-04-24 22:55:42

お礼

画面がどこにあるか分からず、お礼遅くなりすみませんでした。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-06-16 20:34:29

あなたにオススメの質問