こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

イエスのついた大嘘

 イエス・キリストの大嘘について どう思いますか?


 (あ) ナザレのひと・イエスは ヨセフという父親とマリアという母親とから――むろんその交渉をつうじて――生まれたふつうの一人の人間であったわけですが 自身はそうであると同時に(つまり 人間であると同時に) 神の子でありみづからも神であると言ったのです。――これが ひとつのウソです。

 (い) もっともこのウソのからくりについて 人びとが納得の行くように説明することも出来ます。
 つまりは 何のことはない 例のブッダター(仏性)というあれです。アートマン(霊我)でもよいわけです。この神の霊が 人間にはやどっているといった・人びとの常識にまで成った想定の話を少し拡大して イエスは 《わたしが その神の霊である。つまり ブッダターである。つまり アートマンである》と言ったわけです。

 (う) すなわち ふつうは人は 神の霊であるアートマンやブッダターなる霊を わが身と心とにやどす・つまりそれは 分有するということなのですが イエスの場合は 分有ではなく 自分がその神の霊そのものであると言ったのです。

 (え) すなわち イエスはふつうの人間であると同時に その身と心〔と非思考の庭〕とで百パーセントが神の霊であると言いました。――これが 第一のウソです。




 (お)第二のウソは 神は どんな名であろうと全体として ただひとつであると言いました。それには ひとつの手法として 十字架にハリツケになって そのまま去って行くというかたちを採った。これによって 神という神は すべてひとつであることが 確認された。

 (か) なぜなら 神である(=キリストである)イエスが その十字架上から もしおまえが神の子なら降りて来いとなじられても 降りて行かなかった。降りて行ったなら それは おまえが神であるから出来たことだ 神の奇蹟などは おれたちにはお呼びではないと人びとは思い言い合って おしまいになる。ゆえに 奇蹟を起こさなかった。

 (き) またもしただ人間としてハリツケに遭って死んだというだけなら それは せいぜいよくやったな がんばったぢゃないか おまえのことは覚えておいてやるから 往生しーやと言われておしまいである。そうではなく 神がハリツケにされたのである。と語ったわけである。これが 第二のウソだ。



 (く) このウソによれば 人びとは 笑おうが泣こうが とにもかくにも 元気が出る。ハリツケのイエス・キリストを見れば ひとは元気を取り戻す。ということになっちゃった。――これがウソの効用。

 (け) しかも やがては 名の違う神どうしのケンカは もう用無しとなるはずである。そのために 大嘘をついた。イエスという男。
  宗教のオシエは どうでもよい。のです。

投稿日時 - 2015-04-30 06:52:46

QNo.8966288

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(あ)
聖霊にて宿された子なので「普通」ではないです。
では彼が行った死人を蘇らせるとかの奇跡はどうやってできますか?

(い)
イエス・キリストは旧イスラムとかに対して
ちゃんと神と言う視点からで物事を考えていますか?
と言っているようなものです。
もちろん行動や言動もそこから(これ以外もあるが)
きているのですよ。

(う)
神の英知は普通の人間には理解は不可能の近いです
ですから、自分自身が神への近道だと言っただけです。
(正確にはキリスト・イエスは神に近い存在で
大いなる神とは別物です)

(え)
神の霊は神を信じればありますが
質問者は神からの掲示とか知らないかもしれませんが
今の時代でもある人あるので
それを「ウソ」だろ?と言うのは容易いかなと

(お)
質問者みずから
「神という神は すべてひとつであることが 確認された。」
と言っているでhありませんか?
確認が取れているのであれば説明はいりません。

(か)
旧約聖書に「人の子は一度死ななければならい」と書かれていることを
成就するためです。

(き)
それも旧約聖書にかかれているとおり

(く)
元気を取り戻すかどうかはわかりません
神事切れていいない自分でも何かしら支えられております。

(け)
質問者は「なんでこんなアホな宗教なんか広まるのだ?」
と言いたいのでしょう
でも質問者は
「自分の考えが正しい!その考えによれば
このようなことは理不尽だ!」と言っているにすぎません

自分は今でもよくはわかっていませんが
これだけははっきり言えるかな
人と人は神経は繋がってないから
相手のことはよくわからない部分も多いけど
「相手がハッキリわかるんだ!」と言う場合は
自分にも起こりうるかもしれないと思うことかな、、、。

でもまあ、質問者がインチキだと言うわりには
キリストが生まれたのを西暦として用いられ
2015年も続いているのは紛れもない事実ですけどね。
(インチキだったら2015年も続きませんがね)

投稿日時 - 2015-04-30 10:50:32

お礼

 へいぼーいさん こんにちは。ご回答をありがとうございます。


 ★ (あ) / 聖霊にて宿された子なので「普通」ではないです。
 ☆ そうですね。一般には 

 ・ ナザレ人のイエスとしてふつうの人間であり 同時にキリストとしては神の子でありみづからも神である。

 と言われていると思います。言いかえると:

 ・ ヨセフとその許婚のマリアとの間に出来たふつうの人間であると同時に そのときマリアが聖霊によって身ごもって出来た神の子〔でありかつ神〕である。

 となると思います。

 
 ★ では彼が行った死人を蘇らせるとかの奇跡はどうやってできますか?
 ☆ 世界には 一たん葬った死人が息を吹き返したという出来事がいくつか報告されているようですが たとえばラザルスが完全に死んで数日経ったあとに 起ち上がりなさいとイエスに言われて生き返り起きて来たというのは 奇蹟だと見ます。

 つまり 分かりません。

 それと 聖書は タトエで記すという側面もあります。ラザルスの話は 事実だと言おうとしてるようですが。



 ★ (い) / ちゃんと神と言う視点からで物事を考えていますか?
 ☆ この《神の視点やそこから考えるということ》は じつは 人間には無理だと思っています。
 なぜなら わたしが《これこれは神の視点から考えたものだ》と言ってもそれは 《神の視点から考えたとおまえが思っているその人間の主観であるではないか?》と言われて答えるすべはないからです。


 

 ★ (う) / (正確にはキリスト・イエスは神に近い存在で大いなる神とは別物です)
 ☆ というへいぼーいさんの――神の視点から考えたとたぶんおっしゃるところの――主観であるわけなのです。

 回答No.1のお礼欄に書き込みましたが イエスは――聖書記事によるかぎりで――自分から自分が神の子であり 同時に父にひとしいと言っています。言っていることは 前提として問い求めが始まるものと考えます。

 いづれしましても 人間イエスが 神〔の子でありみづからも神〕であるという命題は 人間の思考能力を超えていますので 証明は成らないと考えます。

 その上で こんなことも考えてみたとか ああいう捉え方も出来るかも知れないといった話を出し合ってみるのだとも思います。




 ☆☆(趣旨説明欄) (お) [・・・]これによって 神という神は すべてひとつであることが 確認された。
 ☆ これは いまのこの《第二のウソ》を前提すればという意味です。






 ★ (か) / 旧約聖書に「人の子は一度死ななければならい」と書かれていることを成就するためです。
 ☆ 旧約のほうを知らないので
 ▲ (ヨハネ福音 12:24) 一粒の麦もし地に落ちて死なずば、ただ一つにてあらん、死なば多くの実を結ぶべし。
 ☆ でしょうか。イエス自身が言っているようです。要するに 神の子であっても 十字架じょうから《奇蹟》を起こして降りて行くことはしなかった。


 ☆☆ (く) ハリツケのイエス・キリストを見れば ひとは元気を取り戻す。ということになっちゃった。
 ★ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 元気を取り戻すかどうかはわかりません
 神事切れていいない(信じ切れていない)自分でも何かしら支えられております。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ そうですね。それは よかったです。
 



 ★ (け) / 質問者は「なんでこんなアホな宗教なんか広まるのだ?」と言いたいのでしょう
 ☆ そんなことはありません。つまり 精確に言うと オシエはどうでもよいと思いますし オシエは信じるものではなく考えるものだと言い続けています。そして 個人の《固有の時》としての信仰は 別である。イエスが指し示した神を受け容れています。つまり信じています。


 しかもその信仰によると 神はみな同じひとつであると成ると思っています。名が違うだけであると。それぞれ自由におのれの神をいだけばよいと思います。ただし 組織シュウキョウは ごめんこうむります。





 ★ でもまあ、質問者がインチキだと言うわりには キリストが生まれたのを西暦として用いられ [うんぬん]
 ☆ ばかばかしいゆえに我れ信ずと言ったひともいます。

 そもそも神は 人間には分かりませんよ。分からないと決めつけることも出来ない。そういうナゾではないですかね。でも シュウキョウは嫌いです。

 ★ 「相手がハッキリわかるんだ!」と言う場合は 自分にも起こりうるかもしれないと思うことかな、、、。
 ☆ 起こるかも分かりません。神にかんしては 起こらないと決めつけることは それを証明できないからには そちらのほうがインチキとなります。

投稿日時 - 2015-04-30 12:02:41

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

>「★「アジアの大王」
 ☆ って誰ですか?」

アッシリア?だったか。の、数千年前の、中東に大きな影響を持った、「帝国」ですね。
(の、「王様」)

投稿日時 - 2015-05-03 10:47:19

お礼

 ううーん。かと言って 誰にも・どこでも 栄枯盛衰はありますね。




 ご回答をありがとうございます。

投稿日時 - 2015-05-03 12:37:20

ANo.6

>「名の違う神どうしのケンカは もう用無しとなるはずである。」

「一神教」については、その大元を「アジアの大王」に求めてみたい、そんな気もします。
(それは「宗教」じゃくて、「専制」だ)

投稿日時 - 2015-05-03 10:09:35

お礼

 ★「アジアの大王」
 ☆ って誰ですか?

 一神教または神と関係あるのですか?


 話が違うと考えます。


 ご回答をありがとうございます。

投稿日時 - 2015-05-03 10:16:31

ANo.5

Ano4です。


>「《処女懐胎》を文字どおりに受け留めたいということでしょうか?」

「妻が、(法律上の)旦那を拒絶しながら、妊娠」てことも、あるんですね。


>「それほど大きな問題だとも思えないのですが どうでしょう。」

ファンタスティックでアメイジングで、「相続」といった問題では、有り得ないようなお話です。

投稿日時 - 2015-05-03 09:40:55

お礼

 そのお話はおもしろそうですが この問いとはほとんど関係ないように思いますよ。



 ご回答をありがとうございます。

投稿日時 - 2015-05-03 09:49:25

ANo.4

おはようございます。


>「むろんその交渉をつうじて」

「精液の付着したパンティを着用したことから妊娠してしまった」事例など、あるようです。

投稿日時 - 2015-05-03 05:12:54

お礼

 《処女懐胎》を文字どおりに受け留めたいということでしょうか?


 それほど大きな問題だとも思えないのですが どうでしょう。



 ご回答をありがとうございます。

投稿日時 - 2015-05-03 06:52:18

ANo.3

あんたなりの神学は実に面白いよ。
一つ言っておけば、私が本気で遊ぶように、イエスは真剣そのものであっただろう。
なにせ殺されたんだからな。
信じぬ者にとっては、信じられない事だ。
まさか理解できる君は信じぬわけでもないだろうが、今回はどのような商売をしているんだい?
同業者として教えてくれ。

投稿日時 - 2015-05-01 22:54:44

お礼

 思わず笑っちゃったけれど まづはご回答をありがとう。


 ひとつの鍵は こうだ。:

 人間イエスとしては 大泣きに泣きながら――神よ どうかこの盃を飲まないでもよいようにして欲しいと願いながら けれども みこころのままにとも言いながら――
 神の子キリストとしては 父なる神の(そしてそれは 自分が神の子であると同時に同じ神であるその自分の)採ったひとつの方策として(つまり 人びとに神というものをほんとうに指し示すひとつの手段として) 無実の罪で十字架じょうにはりつけになるというかたちをえらんだ。

 つまり 神キリストとしては 自分からはりつけに成る道を歩んで行った。(むろん すすんでそうしたと言っても 出来る限りの抵抗をおこなった末にというかたちを採ったことは言うまでもないことである)。


 ユダヤ人のあいだにあっては 議会であり裁判所であり行政府であった高等法院の祭司たちからは 人間が神を名乗って冒涜をしたという罪を着せるように――神としては――させた。という高等戦術が必要であったからには まぁたしかに: 
 ★ イエスは真剣そのものであっただろう。

 ☆ 大嘘戦術は 成功した。・・・

投稿日時 - 2015-05-01 23:13:35

ANo.1

一体どこからイエスは神様であると言葉を引っ張りだしてきたのですか? 神の子とは確かに言ったことになっていますが、わたしも、あなたも、すべての神の子と言ってます。

この神と子と精霊の別個の3つが一つであると無理やり解釈したのは、歴史的に見るとそれほど昔のことでなく、3つを一つのものとする、不可解でも質問するな!となったわけです。

ところで、マリアがイエスを出産した時、何歳の時だったか、ご承知ですか?

投稿日時 - 2015-04-30 08:12:07

お礼

 きあ1あんど2さん こんにちは。ご回答をありがとうございます。


 そうですね。
 ★ 一体どこからイエスは神様であると言葉を引っ張りだしてきたのですか? 
 ☆ まづ ヨハネ福音の冒頭は イエスの発言ではありませんが その聖書記者ヨハネによれば イエスを《神の子》として しかもみづからも《神》である存在として受け留めており そのとおりにしるしていることが知られます。
 
 ▲ (ヨハネによる福音書 1章) ~~~~~~~~~~
 1: 1 初めにことばがあった。
   ことばは神と共にあった。
   ことばは神であった。
 
 1:14 ことばは肉となって、わたしたちの間に宿られた。
   わたしたちはその栄光を見た。
   それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ☆ 次に 《イエスなる人間は 自分が神だと言った》については 次の聖書のくだりを参照してください。

 ▼ (マタイによる福音 16:20) ~~~~~~~~
 それから、イエスは、ご自分がメシアであることをだれにも話さないように、と弟子たちに命じられた。
 
   * 16:16に ペトロの言葉として《生ける神の子》があり 
    イエスは それを《わたしの天の父が表わした》と答えてい
    る。
     《メシア(マッシーアハ)》は ギリシャ語で《クリスト
    ス(キリスト)》と訳されて使われています。次の引用文を
    参照。

 ▼ (ヨハネによる福音4:25-26) ~~~~~~~~~
 〔* サマリアの〕女が言った。

  「わたしは、キリストと呼ばれるメシアが来られることは知って
  います。
   その方が来られるとき、わたしたちに一切のことを知らせてく
  ださいます。」

 イエスは言われた。
 
  「それは、あなたと話をしているこのわたしである。」

 ▼ (ヨハネによる福音書 14:6-14) ~~~~~~~~~~
 イエスは言われた。

  「わたしは道であり、真理であり、命である。
   わたしを通らなければ、
   だれも父のもとに行くことができない。

   あなたがたがわたしを知っているなら、
   わたしの父をも知ることになる。
   今から、あなたがたは父を知る。
   いや、既に父を見ている。」

 ピリポが

  「主よ、わたしたちに御父をお示しください。
   そうすれば満足できます」

 と言うと、イエスは言われた。

  「ピリポ、こんなに長い間一緒にいるのに、
   わたしが分かっていないのか。
   わたしを見た者は、父を見たのだ。
   なぜ、『わたしたちに御父をお示しください』と言うのか。

   わたしが父の内におり、父がわたしの内におられることを、
   信じないのか。
   わたしがあなたがたに言う言葉は、
   自分から話しているのではない。
   わたしの内におられる父が、その業を行っておられるのである。
   わたしが父の内におり、父がわたしの内におられると、
   わたしが言うのを信じなさい。
   もしそれを信じないなら、業そのものによって信じなさい。

   はっきり言っておく。
   わたしを信じる者は、わたしが行う業を行い、
   また、もっと大きな業を行うようになる。
   わたしが父のもとへ行くからである。

   わたしの名によって願うことは、何でもかなえてあげよう。
   こうして、父は子によって栄光をお受けになる。
   わたしの名によってわたしに何かを願うならば、
   わたしがかなえてあげよう。」
 ~~~~~~~~~~~~~~~






 ★ この神と子と精霊の別個の3つが一つであると無理やり解釈したのは、[・・・]
 ☆ 精霊ではなく聖霊ですが 三位一体については 次のように一つの説明として理解してみてください。


 まづ
 ▲ (創世記1:27) 神はご自分にかたどって人を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された。
 ☆ という一つの聖書記事から伸びて 次の図式が得られると理解します。(基礎としては アウグスティヌスに拠っています)。 

 ○ (ひとは カミの似像である。) ~~~~~~~~~~
   ――ひとと社会の成り立ちについての図式―― 

 光のたとえ・・・・・・・・・光(光源・・・・・・発耀・・・・・明るさ・暖かさ)
 三位一体なる神・・・・・神(父なる神・・・子なる神・・・聖霊なる神)
               ↓  ↓        ↓      ↓
 ____________________________
  スサノヲ市民( S )・・・アマテラス公民( A )
 ____________________________

              ↓      ↓      ↓     ↓
 身体〔の運動〕・・・・・精神・概念(記憶・・・・・知解・・・・・意志)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・↓・・・・・・・ (↓・・・・・・・↓・・・・・・・↓)
 [S者/S圏]
 個体・・・・・・・・・・・・家  族 ( 秩序・・・・・労働・・・・・・愛)
 社会主体・・・・・・・・自治態勢(自治組織・・〔生産〕・・共同自治)
 経済主体・・・・・・・・生産態勢(組織・・・・・・生産・・・・・・・経営 )
 政治主体・・・・・・・・・↓ ・・・・・・・↓・・・・・・・・↓・・・・・・・・↓ 
 [A者/A圏] ・・・・・・・↓・・・・・・ ・↓・・・・・・・・↓・・・・・・・・↓
 社会科学主体・・・・・社会形態(社会組織・・経済活動・・・政治 )
  〃・・・・・・・・・・・・・(国 家 : 司法・・・・・立法・・・・・・・行政 )
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ☆ 説明します。

 1. 神を・つまりすでに普遍なる神を 光にたとえるなら こうです。

   子の父は 光源であり 
   父の子は その発耀であり 
   父と子とのまじわりから発出する聖霊は その明るさ・あたたかさである。

 2. ただし 光はただのタトエですから 本体の三位一体には時間的なへだたりはなく 三つの位格は つねに一体である。

 3. 神はこの三つの位格(ペルソナ)に分かれるとは言え 無限を二で割っても三で割っても 商はやはり無限であるように 父と子と聖霊とは 互いにひとしく それぞれの個は全体とひとしく 全体はそれぞれの個とひとしい。というものです。

 4. そこで 《ひとは 神の似像である》という命題については こうです。:

  父なる神は 人間の自然本性にあっては 精神の秩序作用としての《記憶》に 
  子なる神は 精神が精神するというかのようなハタラキとしての《知解》に 
  聖霊なる神は 記憶と知解にもとづき生きることの中軸としての《意志》に

 それぞれ当てはまるというタトエです。

 5. 神にあって三つの位格が一体であるかのように 社会にあっても三権分立が 互いに――ただしこの場合は時間的なズレをともなって―― 分業=すなわち協業している。そのようにして 一体ではある。これが 共生のひとつのかたちであるというタトエです。

 6. 真理(神)にあっては 時間の間を置くことなく 正解が得られているけれども 人間の経験世界では 時間的なズレをともなって ときに 正解が得られそれが実現されることもあるかも知れない。

 7. すなわち 人間にあっては 記憶があいまいであり得 そこから得た情報とそれを加工(思考)する知解も あやふやであり 記憶と知解とをにらみながら行為する意志も その心(記憶や知解の内容)にさからうことすらあり得る。

 8. 人間と社会における小さなミクロコスモスとしての三位一体(三一性)は 時間的な制約を受ける。すなわち 記憶・知解・意志のそれぞれのハタラキが分立し得るような自由度を〔すなわち自由意志によって〕持っている。それによってそれらのあいだの協業が 時間的なズレと人間の能力の有限さとによって マ(間)の違いを生じやすい。

 9. 自由意志は 記憶やそもそもの世界認識としての源泉である知覚(感性)の内容を無視してでも 自分勝手にその自由を発揮しようとすることがある。(食べるなと言われた木から採って食べることがある)。そして勝手な知解を部分的に打ち建てて他の部分の無視を正当化しようとすら企てるようである。こういう自由の成り立ちをしている。

 10. それでも 《真理はきみたちを自由にする》と言われた。

 11. なお この三位一体論もしくはそれの人間観や社会理論への応用は イエス・キリストがそれを後世に託したと言ってよいものと思います。


 



 ★ ところで、マリアがイエスを出産した時、何歳の時だったか、ご承知ですか?
 ☆ これは 知りません。関係ありますか?

投稿日時 - 2015-04-30 10:21:10

あなたにオススメの質問