こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

三環系うつ薬が効くと思える場合

よろしくお願いします。
現在、20年に渡り抗うつ薬を飲んでいます。

最初の15年は三環系のプロチアデンを飲んで来ました。神経症や燃え尽き症候群的な事態からうつになり、デパスと共に処方されて来ましたが、プロチアデンは非常に効いていた実感がありました。

その後、引っ越しがきっかけで病院が変わり、同時にプロチアデンから、パキシルに変わって8年が経ちました。
この頃を振り返ると気のせいかも知れませんか、パキシルがプロチアデンの頃より(又はそれと同様に)しっかり効いている実感が持てません。
今もパキシルと、また他の抗うつ薬を試している最中です。

うつ病はよく、セロトニンやノルアドレナリンの不足などが原因と解説にありますし、実際にそうなのでしょう。


そこで、体験的な疑問なのですが、

私が最初に飲んでいたプロチアデンは、セロトニンなどの選択性が低く、その後から飲み始めたパキシルなどは選択性が高いと言われます。
しかし、うつ病のはずの私自身、選択性の低いプロチアデンの方がよく効いていた実感があります。

この事から思うに、セロトニン選択性か高いパキシルの方が効果が低いイメージがあるという事は、今の私のうつの程度が薄いと推測する事は出来るでしょうか?

または、ただの相性なのでしようか?

ちなみに、併用している抗不安剤のデパスは20年飲んでおり、完全に依存になってしまっているとも思います。
だとしても、抗不安剤の服用=うつ状態とも言い切れないように感じます。


デパスの件は余談ですが、パキシルよりプロチアデンの方が合っていたと思える場合、どのような事が考えられるでしょうか?

どうぞアドバイスをお願いします。

投稿日時 - 2015-05-02 13:13:49

QNo.8967613

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(Q)うつ病はよく、セロトニンやノルアドレナリンの不足などが原因と解説にありますし、実際にそうなのでしょう。
(A)薬の効果を説明するためなどに、よく用いられるモデルですが、
残念ながら、仮説の域を出ていません。
つまり、セロトニン、ノルアドレナリンの不足では
説明できない事例が多数あります。

(Q)今の私のうつの程度が薄いと推測する事は出来るでしょうか?
(A)できません。
それが正しいとすれば、薬の効果が薄い患者は、
うつ病が軽い、極端に言えば、薬が効かない患者は、
うつ病ではないと言うことになってしまう。

(Q)ただの相性なのでしようか?
(A)わかりません。
それを証明するには、両方の薬を飲み比べるしかありませんが、
同じ患者でも、病気の状態が同じとは限らないので、
「相性」だと言い切ることはできない。
しかし、相性だろうが、他の理由だろうが、
効く薬を服用するのが原則。

うつ病の治療は簡単ではありません。
薬は、症状を和らげる効果があるだけで、原因を治療するわけでは
ありません。
つまり、薬だけで、治療しようすることには限界がある、
無理がある、ということです。

うつ病の治療には、認知行動療法などの治療を組み合わせる、
環境を変える、周囲の理解など様々なことが必要です。
薬は、そのような「様々な事」の一つに過ぎません。

薬の選択については、医師と相談してください。

投稿日時 - 2015-05-02 13:50:50

補足

今日(受診日)、一番新しく飲み始めたリフレックスの眠気の強さや寝起きの憂鬱感に耐えかねて、主治医に相談しました。その際に直近まで8年飲んでいたパキシルではなく、昔に飲んでいたプロチアデンを試してみたいと相談し、処方してもらえました。
思い込みであっても良いので、やっぱり効果があったと思えるといいなぁと思います。

投稿日時 - 2015-05-02 15:32:29

お礼

とても解りやすいご説明・アドバイスを有難う御座います。

>うつ病の治療には、認知行動療法などの治療を組み合わせる、
>環境を変える、周囲の理解など様々なことが必要です。

確かにそうですね。うつになるには、うつになり得る精神的(?)な土台というか、性格がまずあるのでしょうし、何かのキッカケでその性格が実生活上で作用して最後にうつ病として現れるのでしょうから。

薬については、様々な要因で、それが合う合わないが違って来るだけなんだなと、改めて思えました。

数週間ほど前から、医師のアドバイスで認知行動療法に入るか解りませんが、似た事を取り入れて生活しています。すごく不安が予測される時、その前日などに「明日のあの場所で◯◯さんと会ったら何か悪く言われそうで不安」というような事があればそれを記録し、実際にどうだったか?をまた記録しています。
これまで5回ほど大きな不安事について、各々の不安を記録し続けていますが、その5回とも不安感で予想したような出来事には、1回もなっていません。このような記録を続けていると、自分が本当に不安し過ぎ(取り越し苦労な性分)なんだと心から理解できるようになるように思います。今後も続けて行こうと思っています。

投稿日時 - 2015-05-02 15:14:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

(Q)うつになるには、うつになり得る精神的(?)な土台というか、性格がまずあるのでしょうし、何かのキッカケでその性格が実生活上で作用して最後にうつ病として現れるのでしょうから。
(A)うつ病の原因がストレスにあることは、
ご存知の通りですが、ストレスとは何か?
ということを知っている方は、とても少ない。

ストレスとは、次に起きることに対処するための心と体の準備です。

太古の昔を考えると分かりやすい。
質問者様が、食事のために狩りに出かけたとします。
ところが、運悪く猛獣と遭遇してしまった。
気付かれないように身をひそめる、
気付かれたらすぐに逃げ出せるようにする、
襲われたらどうしよう……
誰が考えてもわかる強烈なストレスです。
でも、これは「負(マイナス)のストレス」なのです。

逆に、滅多にない獲物に遭遇した。
同じように気づかれないように身をひそめて近づく
獲物が逃げ出したら、すぐに追えるように準備する
これが、「正(プラス)のストレス」です。

嫌な上司や客の対応をしなければならない
大好きな人とデートをする
これらもストレスです。

つまり、人は、常にストレスを抱えて生活していると思って
間違いないです。

人によって、ストレスに強い、弱いはありますが、
強いストレスをかけ続けられると、人間は、
次第に無反応になります。
要するに、外部の刺激にいちいち反応する、
つまり、ストレスを感じる ということを繰り返していると、
体を壊してしまいます。
なので、そうなる前に、外部からの刺激を遮断することで、
生命を維持しようとします。
これが、「うつ」です。
うつ病でも、重症と言えます。

では、その前段階はというと、ストレスを強く感じることで、
ストレスから逃げようとします。
質問者様はこの段階ではないかと思われます。
このような状態になったら、会社や学校を休んで、
ストレスから逃げるのが一番なのですが、
それが出来ないとなると、悪循環に入り込みます。
ストレスを感じる → ストレスから逃げない →
さらに強いストレスを感じる → それでも逃げない →
さらに、さらに強いストレスを感じる
そして、慢性化して、悪循環のスパイラスに落ち込む。

真面目な人ほどうつになりやすいというのは、
この逃げるべき時に、他人に迷惑をかけるからなどと思って、
逃げないからです。

抗うつ剤とは、このストレスの感じ方を弱くするための薬であり、
悪循環から抜け出すための手助けをする薬ですが、
悪循環そのものがなくなるわけではないので、
薬だけで、うつを治すのは、困難なのです。

さらに、話をややこしくするのが、ストレスには、
プラスのストレスがある、ということです。
ストレスの悪循環に入り込んだら、プラスのストレスさえも、
病状悪化の原因になってしまうのです。

投稿日時 - 2015-05-02 16:04:34

お礼

とても心を打つアドバイスに、感謝申し上げます。

うつのシステムというか、太古からのそれらの話しをどこかで私も知った覚えがあります。ストレスの本来の意味や、うつになる人間としての機能(?)・・のような。

>真面目な人ほどうつになりやすいというのは、
>この逃げるべき時に、他人に迷惑をかけるからなどと思って、
>逃げないからです。

20年前にうつになった時、私はすでに職場のリーダーをしていまして、ある日、会社で昇進(しかも好きな他部門への異動もアリ)できるチャンスがありました。しかし同時期に、若い同僚や部下が多忙を極めている職場に後ろめたさも思い、自分だけその職場を抜ける事に強い抵抗がありました。結果、昇進の話しを一旦断った事があります。
後から知った事ですが、同僚や部下の間でも少し「◯◯さん(私)が忙しい職場を抜けられるそうだよ、羨ましいな」など言っていた事も知りました。それくらい当時は良い意味で、私も含めて結束が固かった職場の雰囲気がありました。
それゆえに、昇進(上司からの勧めだったので指示とも言えそうですが)と、職場の人情との間で板挟みになっていました。

多くの人はそんな環境でも、いち社員の昇進は本人にも良いことですし、会社組織の利益やある種の自然な出来事だ・・などと受け止めることが出来て、素直に流れのまま昇進して行くものだと今は思えます。
それが当時できなかった私はうつまで行きましたし、きっと今でも薬のお世話になっている事からも、うつになりうる気質なのでしょうね。

なんだか本来の質問から外れそうなお礼の内容になってしまいますが、思考として、かなり考え過ぎな性格なんだなと捉えると、今回のような質問をアップした私の性格が浮き彫りに感じます。

投稿日時 - 2015-05-02 16:46:08

あなたにオススメの質問