こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

韓国の言う 強制労働はあったのですか

韓国が主張している「強制労働や強制徴用や 強制連行」は戦時中にあったのですか?
私は学者ではないので難しい文献では調査してませんが、戦中生まれの経験者として
韓国の友人は「父親はプザンから仕事を求めて日本へ来ました
その後昭和17年に実家(韓国)の近くに住んでる嫁(友人の母親)を貰いにいきました」との事。

彼らのゆう様に強制連行で無理やり連れてこられた怖い日本に、わざわざ韓国へ嫁を迎えに行ったとはとても考えられません。仕事を求めて日本に来たとの事。

別の韓国人のおばあさんは「父親が昭和15頃仕事を求めて日本に来ました。
当時は韓国は貧しかったからです」

どの知り合いも そこには強制連行とか強制労働5万7千人の話は出てきません。
当時の日本では過酷な労働はあったとは思います。
日本人でも学もなく、能力もない人はそうでした。
まして日本語の読み書きが出来ない韓国人では。

本当に5万7千人の「強制労働・強制徴用・強制連行」はあったのでしょうか?
朝日の二の舞にならないためにも正確な情報提供をお願いします。
当時戦争中でもあり特殊なわずかな事例で一般化する話は止めてください。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150506-00000055-jij-kr

投稿日時 - 2015-05-07 10:36:17

QNo.8970528

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

戦時中、若い男性が兵隊に行き、労働力が不足しました。国策として学生や徴兵にかからなかった男性や女性などの徴用が行われました。国の決まりですから強制と言えば強制です。よほどの理由(病気など)がなければ従う義務がありました。多くの国民が軍需工場などに徴用されました。その中には女学生もいました。私の祖母も女学生の頃徴用されて砲弾製造工場で働かされました。当時の朝鮮は日本に併合されていて、朝鮮の人たちは日本国民として扱われていました。国籍や教育や医療など日本人と同じ扱いを受けたのです。当然徴用に関しても日本人と同じに扱われました。日本は総動員体制を敷いていたので、何十万人もの日本人が徴用されました。そのうち朝鮮の人たちが万単位で含まれていたことは確かです。

当時の朝鮮はまだまだ日本本土と経済格差があり、徴用とは別に多くの朝鮮の人たちが、日本へ出稼ぎに来ました。今の東北などからの出稼ぎと同じです。決して強制されたものではなく、自分の意思で来たのです。敗戦後祖国に帰らなかったので今の在日になりました。徴用を除く彼らのほとんどは、自発的に日本に来たのです。強制連行ではありません。

徴兵と同じで、徴用に関して強制性があったかと言えば確かにありましたが、それは日本国民すべてに言えることです。日本人の方が遙かに多く徴用されたのです。朝鮮の人たちだけではありません。徴兵に関しては朝鮮の人たちは対象でありませんでしたが、多くの朝鮮人が志願して日本軍兵士として一緒に戦ったのです。今の朴大統領のお父さん朴正煕元大統領は、日本名が高木正雄で日本の陸軍士官学校を首席で卒業し、優秀な日本軍将校として戦いました。

そういう時代背景を無視して、徴用の強制性だけを言うのは大いに間違いです。日韓併合後、日本が朝鮮に学校教育制度を敷き、義務教育をはじめましたが、言ってみればそれも強制です。徴用と同じで教育も日本人としての義務だったのです。併合前は義務教育なんてありませんでしたから。

蛇足ですが、併合前の李氏朝鮮ではハングルは下級階級の言葉と蔑まれ、教えられていませんでした。両班と言われる貴族階級は漢字を使っていました。ハングルを学校教育に取り入れて普及させたのは併合後の日本です。朝鮮の人たちは決して認めようとしませんが、歴史的事実です。

投稿日時 - 2015-05-07 11:26:17

補足

ありがとうございました
当時は戦時中でしたから今から考えると異常性も多々あったともいます
一方では韓国も併合によるメリットも多々あったようです

投稿日時 - 2015-05-07 17:05:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.10

強制労働はあったようです。

当時の大日本国憲法では、国民(日本人と朝鮮人)は兵役の義務と納税の義務を負うことになっていました。

ところが朝鮮人は兵役に適さないという判断があり、日本人ばかりが兵役に就きました(いわゆる徴兵です)。

日本の労働を支える日本人男子が徴兵されてしまうので、生産現場では、女子、子供、朝鮮人の力を動員して国力を維持しようとしたわけです。

これらの戦争中、あるいは戦争開始前の日韓併合時に、苦痛や不利益を与えたことを認め、日本政府が朝鮮半島に所有するすべての建築物やインフラ設備の権利を放棄し、加えて多額の金銭的補償をすることで、1965年に日韓基本条約を締結し、両国間の問題は「完全かつ最終的に解決」されたわけです。

したがって、現在、徴用された朝鮮人への補償問題は、日韓基本条約によって日本政府から大韓民国政府に移管されているわけですから、不満のある韓国人は韓国政府に補償をもとめることになります。

投稿日時 - 2015-05-07 16:58:50

お礼

8億ドルの国家賠償がなされたのですね

投稿日時 - 2015-05-07 19:49:28

その当時は朝鮮人のみならず、日本人だって自由はなかったんですが。
日本人だって多くが徴用されてたんだから、朝鮮人と条件や環境は同じ。

なのになぜ「朝鮮人だけ」がギャーギャー騒いでるのかね?

投稿日時 - 2015-05-07 16:57:33

お礼

相手がにっくき日本だからです

投稿日時 - 2015-05-07 17:19:27

ANo.8

まず基本的な言葉についてですが正しい言葉は「徴用」です。徴用には強制性があり、従わなければ逮捕されます。強制制の無い徴用というのは存在しません。ですので「強制徴用」とわざわざ「強制」という言葉を重ねるのは間違っています。また連行されるというのも事実と違います。ただ、「本人の意思と関係なく働きに行かなければならないと言う」大まかな意味合いとしては間違ってはいませんが。

「朝鮮人に対する徴用があったかなかったか」ということであれば当然ありましたよ。厳然たる事実であり、常識です。世界遺産登録に関する韓国の主張に対する日本の意見は「今回の世界遺産対象は1910年までの時代を対象としており時代が違うので問題は無い」としています。「朝鮮人の徴用はもちろん存在したけど、それは関係ない」という態度なのです。

で、朝鮮人に対する徴用はいつあったのかというと、1944年9月から1945年3月までの7ヶ月です。これを韓国人に言うと、そんなに短かったのかとびっくりされたり、そんなわけはないと信じない人までいるのですが、厳然たる事実です。

純粋な日本人には1939年から徴用が課せられていました。当時は朝鮮人も日本国籍を与えられ日本人であったのですが、朝鮮人は日本人になりたてだから特別に免除されていたのです。しかし戦局が悪化しそれまで徴用されていた日本人がどんどん徴兵されていって国内での労働力が足りなくなったために最後に朝鮮人を徴用することにしたのです。


また、あなたの言うように朝鮮半島では仕事が無く(日本)本土に渡りたいという人も多くいたでしょうし、密航したという話もよく聞きます。ですがそれは金儲けのための出稼ぎであり、徴用とは違います。そして徴用は低賃金だったし、支払いは軍票払いだったので戦後すぐに紙くずになりました。国としては賃金を支払って雇っていたという形にはなっていますが、実際に働いていた人から見ればただ働きさせられたようなものです。

あなたの言う「韓国人」が何を指しているのか不明ですが、在日のことを言っているのではないでしょうか?韓国人と在日は区別しなければなりませんよ。一般的に徴用は朝鮮半島に家族がいる人が単身で日本に来て、働いている間日本が用意した宿舎に寝泊りする状況なので、戦争が終わったあとはほとんどが朝鮮半島に帰ったはずです。一方で、徴用ではなく来た人は、日本に移住するために覚悟を決めて朝鮮半島の住居や家財を売り払って家族そろって来ているので、戦後も日本にとどまった人が多いのです。もう言わずとも分かると思いますが、以上のような理由で在日は徴用できた人ではなく自分の意思で来た人が多いのです。

だから在日に話を聞くと仕事を求めて日本に渡ってきたと言う人が多いのですが、だからといって徴用が少ないというわけではないのです。

投稿日時 - 2015-05-07 15:52:50

お礼

韓国との付き合いが長いだけに
いろんな要因が絡んでいるんですね
もうこれ以上韓国と付き合うとさらなる泥沼の要因を新たに創るだけです
ありがとうございました

投稿日時 - 2015-05-07 17:10:08

ANo.7

国家総動員法の国民徴用令による労働を強制労働だとするなら強制労働はあったということになりますし、応じないものには連行もありました。ただ、給与が支払われていたのに強制労働といえるのかどうかについては議論される余地があります。
また、朝鮮人だけが徴用されたのではなく当初徴用されたのは日本人のみで朝鮮人は免除されていました。
朝鮮人も徴用されたのは戦争終盤の昭和19年からの7か月間のみだということも考慮に入れるべきでしょう。

投稿日時 - 2015-05-07 13:36:32

お礼

強制労働とはシベリアの強制労働をイメージしますが
仕事もない人に賃金を払って労働させることは強制労働とは・・・・?

投稿日時 - 2015-05-07 17:18:10

国家総動員法により日本人でさえも国がどう使おうが自由自在だったんじゃね。(´・ω・`)

投稿日時 - 2015-05-07 12:20:26

お礼

日本にもどこにも光と影があったということ

投稿日時 - 2015-05-07 17:13:04

ANo.5

大東亜戦争も中盤戦を過ぎると日本の労働力が不足して来ました。

それに伴い、数々の国民に対する労働徴用の為の法律が作られて施行されていきます。その背景で「女子挺身隊」なる物も男性労働力に代わって工場で労働する女性たちを讚美する為の呼称で呼ばれました。

勿論、戦時中ですから「個人の意思に反して労働」させられた方も居ただろうし、「お国の為に力を尽くそう」と積極的に奉仕した方も居た筈です。

今の平和な時代での各種法律に照らし合わせれば「違法そのもの」だったでしょうね。っか「重大な憲法違反」ってな訳です。

しかし、あの時代では合憲であり、合法なのです。勿論、「慰安婦」と呼ばれる「戦時売春婦」も合法です。

世界的に「頭が狂ってる」としか思えないのは「その時代背景」で行われた事を「平和な現代の感覚」で遡及的に捉えて論じている事です。

当時のほぼ全世界で女性の人権が重視された国など存在しません。

アメリカ等は女性はおろか黒人に対しては「公民権」さえ与えて居なかったではないか?少なくともとも日本は「合邦化した朝鮮人」に対して「公民権」を与えていて議会の議員にもなれたし、投票も出来た

アメリカ等は開拓時代に遡れば「原住民族の大虐殺」も行っているし南北戦争で「黒人奴隷を必要」と主張して内戦を起こした「南部同盟」の最高指揮官の「リー将軍」をもワシントンのメモリアルに合祀している。そしてそこに歴代大統領は訪問してるし、オバマだって最低3回は行ってる筈だ。

何故、黒人奴隷を讚美した戦いを起こして死んだリー将軍が祀られてる場所に何度も黒人のオバマが行くんだよ。
安倍総理の「靖国参拝を批判するな」アメリカ。

それに日本が朝鮮を合邦した事を他のヨーロッパ諸国が行った植民地政策と同様に論じているが「甚だしい間違い」です。

何処の植民地において日本が朝鮮に行った規模のインフラ、教育整備を行った国が有ったのか?ましてや植民地とされた諸国は「何かしらの生産品、特産品」が採集出来る場所であったが朝鮮は米すらもまともに栽培出来ない痩せた土地………、つまり「植民地」には不適切な土地だった。

当時の安全保障上の問題と「朝鮮民族を救う」と言う日本人の優しさが無ければ出来ない事だ。勿論、三等民族として本国の日本人とは区別したが「取り敢えず人間として扱ってやったではないか?

アフリカもアジア諸国も欧米に植民地とされた国民は「人として扱われなかったんだがなぁ」

長々と書いたが言いたかった事は一つ、「当時の時代背景で起きた事を現代の感覚で論ずるなっ」って事です。

そんな事をしたら現代の先進各国で正々堂々と胸を張れる国など皆無で、欧米人は恥を掻くことになる。

ただ、慎ましやかで忍耐強い日本人は黙っているだけなのです、「日本人が酷い事をしただとっ‼お前らどの口でそんな事言える立場やねん‼あほんだらっ」と言いたいのをね。

とにかく不法在コの諸君……日本から消えてくれ。

answer

当時の日本国民の青年男子に対する「徴兵制度」は強制。

そして法律を施行させて「合法化」したとは言え、各種徴用を「強制では無かった」とは言い難い。ただし、その対象となったのは決して朝鮮人だけでは無く、台湾人、日本人の全てに於いて為された事なのです。

投稿日時 - 2015-05-07 12:18:09

お礼

そのとうりですね
どこの国の過去にも光と影があります

投稿日時 - 2015-05-07 17:11:43

ANo.4

 この問題について、正確な情報をつかむ時期は永久に去り、現在では宗教の時期に入ったと思います。あったと言う人はあった、無かったと言う人は無かったと信じる宗教です。

 表で言う時はX、裏ではYと言う人も少なくありません。僕の場合、当時戦争中でもあり自分の目で見た特殊なわずかな事例しか知りませんので一般化する話は止めます。

投稿日時 - 2015-05-07 11:55:58

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2015-05-07 19:50:05

ANo.3

>本当に5万7千人の「強制労働・強制徴用・強制連行」はあったのでしょうか?

それを確かめる方法は存在しません。

それを確かめるには「強制をした本人」に直接聞くしかありません。

当然ですが「強制された人」の証言はアテにはなりません。賠償金欲しさに「された」と嘘をついている可能性があるからです。

で、もう「強制をした本人」は、殆ど生き残ってないし、もし生き残っていても「しました」とは言わないで隠し通している筈です。

歴史ってのは「勝者が自分の都合が良いように捏造するモノ」です。そして、後世の人間は「その歴史が捏造されたモノなのかどうか確かめる術はない」のです。

歴史に関してだけ言えば「あったかどうかって質問は無意味」です。

「あった事にした方が都合が良い者にとっては、あった事になっている方が良いし、無かった事にした方が都合が良い者にとっては、無かった事になっている方が良い」ってのが「歴史」です。

そして「あった方が都合が良い派」と「無かった方が都合が良い派」のどっちの歴史が後世に残るかというと「戦争に勝った方」や「権力を勝ち取った方」など、勝者の主張する歴史だけが後世に残ります。

なので、先の大戦での敗戦国である日本が何も反論しないでいると「戦争に勝った訳でもないのに、戦勝国の尻馬に乗って、好き放題言い張っている某国の身勝手な主張」が「本当にあった歴史である」かのように扱われてしまいます。

>朝日の二の舞にならないためにも正確な情報提供をお願いします。

それは不可能な要求です。「正確な情報」ってのは、もう、地球上に存在しません。

「地球上に存在しないモノ」を求めても、絶対に手に入りません。諦めましょう。

貴方の要求は、死んだ人間に「生き返れ」と要求するのと同じで、絶対に不可能な要求です。

投稿日時 - 2015-05-07 11:41:14

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2015-05-07 17:06:34

あなたにオススメの質問