こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

車のエンジンの実吸気量

最近の車のエンジン、たとえばスバルの水平対抗やマツダのSKYACTIV、ホンダのFIT3などのNAの1300ccとか2000ccとかのエンジンは最大トルク回転数付近でフルスロットルのとき、常温常圧で体積換算するとどのくらいの空気を吸い込むのでしょうか?

もちろん4気筒がそれぞれ1回吸気すればエンジンの排気量どおりでしょうが、実際には空気には慣性(=勢い)がついていてたくさん吸い込むでしょうし、そうは言ってもエンジンのシリンダ周りは高温なので温められて膨張して意外に吸えなかったりするかもしれません。さらにミラーサイクルなんかもあってややこしい事とは思います。
ターボはさらにややこしいので除外します。

投稿日時 - 2015-05-08 21:49:52

QNo.8971503

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

エンジンの排気量に充填効率を乗じたものが実際の吸気量ですが、
http://www.honda.co.jp/factbook/auto/CITY/19820920/ci82-009.html
古い情報ですがNAエンジンで「ほとんど85%~95%の範囲にとどまってしまいます。」だそうです。

投稿日時 - 2015-05-09 07:16:29

お礼

ご回答ありがとうございます。面白い記事ですね。ホンダのターボ車って何だっけと思って読んでいくとシティターボとは、私の子供の頃の話。運転した経験はありませんがかなりのどっかんターボでおもちゃみたいな車だと大人が言っていたのを覚えています。

考えてみれば吸気量は最大トルク見れば大体分かりそうなものですが、シティターボで1231ccに1.75気圧で押し込んで15kgだったわけですね。トルク/排気量レシオは1.2kg/100cくらい。
それにシティターボの頃ってエンジンの出力はグロス表示でエンジン単体だったような、その後出力はネット表示になり、数値的には下がったのを覚えています。
最近のエンジンはフィットの1500ccのNAで最大トルクが15.8kgもありますので、グロスとネットとの差も考えると当時の大径ターボの実吸気量にNAで迫っていることになります。かなり実吸気量はあがっているものと思います。

もちろんエンジン内部の摩擦やその他の抵抗を抑えた効果もあるので最大トルクが完全に実吸気量に比例するとも思っていませんが。

投稿日時 - 2015-05-09 11:12:06

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

素人の者です。
個別のエンジンによって、配管の取り回しや抵抗が設計によって違うので、
開発の人達が個別のデータを持っていたとしても、
一般人が計算するような定番の計算式はないと思います。
車のコンピューターは、エアフロメーターという部品で吸入空気量を検出して、
それに必要な量の燃料噴射していますので、
エンジンの回転数やシリンダの体積の理論値で燃料噴射はしていません。

投稿日時 - 2015-05-08 23:46:54

お礼

ご回答ありがとうございます。補足しますと私の興味は例えば排ガス浄化のために空燃比を正確に制御する事ではなく、そもそもNAでどれだけの出力が得られるのかと言う事です。空気量が分かれば最大出力が予想できます。

投稿日時 - 2015-05-09 10:38:23

あなたにオススメの質問